マイルCSの予想は、時間の都合で無理だす(;´・ω・)ジャパンC頑張ります!

九州ダービー栄城賞2015の予想

やっはろー!!KAUZです(*゚▽゚*)

2015年5月31日に佐賀競馬場で開催される九州ダービー栄城賞の展開から導く競馬予想です。九州ダービー栄城賞は距離2000m、出走頭数は12頭、発走時刻は18:10となっています。

今年もダービーウィークの幕開けは佐賀競馬場からスタート。今日から6日間に渡り、各地方競馬場でダービーが開催されます。6月2日の門別競馬場と6月3日の大井競馬場ではナイター開催の為、仕事が終わった後にゆっくりと参戦できるのも魅力の1つですよね。スケジュールなど詳しくはダービーウィーク特設サイトをご覧ください。

勿論、JRAとは違って物凄く地味なレースですし、そもそも賞金も地味で優勝賞金は500万円とかばかり(東京ダービーは地方競馬では破格の4200万)。メンバーも名前を聞いたことがない競走馬ばかりかもしれませんが、JRAのPATや楽天競馬などから参加することが可能ですので、是非ご参加されてみてください。

これまでは、地方競馬の予想ブログの方でやっていたんですが、今年4月に閉鎖してしまいましたので、今年はこちらのブログを使って更新をしていきたいと思います。ということで、今日は開幕レースの栄城賞の予想を行っていきたいと思います。

が、しかしだね、地方予想のブログを閉鎖して、というところでお分かりかもしれませんが、最近は多忙につき南関競馬の予想も重賞競走のみという体たらく故、その他地区の競馬場となると更にさっぱりなんですよね。一応、昨日から空いた時間を見つけては過去のレースを観たりしていたんですが、さっぱりチンプイカンプイ。

まぁだけど、なんとか予想を組み立ててみたので、最後までお付き合いいただければなと思います。

スポンサードリンク

展開と印はこう組み立てました

ハナを主張していくのはキングプライドでしょうか。マイネルジャストも先手を奪ってのレースをしてくる1頭ですが、こちらは番手でのレースに徹しそう。

その他、フォアグリームやイッセイイチダイ、ソウルケンシ辺りが先行勢といったところでしょうか。その後ろをリワードヘヴンやゴルデンドラマが追走していくものと思います。

展開としては、平均ペース辺りで組み立てたいところ。ハイペースにはならないと思うんですが、思いのほか先行勢は揃ったかなという感じも。ただ、佐賀競馬場で差し・追い込みが決まるところをあまり見ないもので、やや苦しくても先行していないとどうにもならないというレースが多いのかなと思います。

過去のレースを振り返って、やはり気になるのは山口勲(いさお)騎手。2012年にはJRAのワールドスーパージョッキーズシリーズ(WSJS)にも出場したことがあると思うので、知っている人は知っている騎手かなと思います。その山口騎手は今年287戦して連対数151。連対率は驚異の52.6%というトンデモな成績を叩き出しています。この栄城賞の成績も結構馬券に絡んでいるんですよね。なので注意したい騎手なんですよね。ただ、イッセイイチダイは前走まさかの大敗。9頭立て5位の成績も、勝ち馬とは3.0秒差もついてしまいました。

ちなみに、前日最終オッズはキングプライドが2.0倍で1番人気、続いて山口騎手が騎乗するイッセイイチダイが2.4倍で2番人気、続いてワットプラケオが3.6倍でここまでが10倍を切るオッズ。続いてタイムオブウォータが14.4倍で4番人気となっていますが、それ以外の競走馬への票数はなし。どういうことかというと、前日発売で全く売れていない、ということになりますね。

そして、地方競馬場の中でも、南関競馬と門別競馬以外は、締め切り直前までオッズがどう転ぶかが読みにくいくらい、ちょっとした金額でオッズがかなり変動します。お!人気がないやんけ!って思って買っても、締切5分前でいきなり1番人気になるってことも少なからず。そして、やはり注意したいのは、馬券をJRAを念頭に組み立てると、あまりの安さにビックリします。いとも簡単にガミります。その点、沢山の的中があるということなので当たりやすいとも言えますが、裏を返せば、3連単で3桁配当がそこまで珍しくもない中で、馬券の買い方を考えて買わないと当てたとしても全く旨味なしということになりますので、その点だけはご注意ください。自分はいつも3連複で勝負するのですが、昨日の佐賀競馬場の3連複の配当が最高で4280円、最低は240円。ちなみに3連単の配当は最高で56,880円で、最低は760円でした。3連単の配当が760円ですからね。

間違っているかもしれませんが、地方競馬場と向き合う際は、荒れる方に張るか、堅いと思えば少点数で全力って買い方がいいのかなと思います。そういう意味では地方は地方の楽しみ方があるってもんですよ。

予想の印はコチラ

第57回 九州ダービー栄城賞
馬番 競走馬名
本命 キングプライド
対抗 マイネルジャスト
単穴 イッセイイチダイ

印を付け終えて

なかなか難しいなぁと思いましたが、上記3頭で決まるんじゃないかなと思います。

本命にはキングプライドを。前走はC1クラス1組でのレースでしたが、1.7秒差つける圧勝劇。あ、ちなみに、佐賀競馬場は既に3歳馬が古馬に混じってレースをしています。3歳オープンとか3歳1組とか、年齢が書かれていないクラスの場合は、基本的には古馬混合だと思っていただいて問題ないと思います。

そうか、クラス分けを説明しないと、地方初めての人には全くわからないですよね。簡単に説明すると、各地方競馬場によって違うものの、賞金の獲得金額によってクラスが編成されていきます。まずはAクラスからCクラスまでがあって、Aクラスが賞金を沢山稼いだ競走馬と思っていいと思います。Cクラスは賞金を稼げなかった競走馬ということになります。JRAは勝ち上がり方式といえばいいのかな、勝たないと上のクラスに進めませんが、地方競馬場は勝たなくても出走したレースで全て2着だとしたらそれなりの上のクラスへ行くことが出来ます。そのAクラスの中でも4つくらいに分かれていて、それがA1クラスとかA2クラスとかに分けられ、更にその中で細かく分かれているのが1組2組と言われています。詳しくはコチラをご覧いただきたいのですが、簡単に言えばAに行くほどクラスは上で、数字は小さい数字が組数的には上になります。上から順に並べるとA1・A2・A3・B1・B2・B3……という風になります。

話を栄城賞に戻すと、イッセイイチダイは前走スイートピー特別B-2組とキングプライドが前走走ったメイ特選C1-1組だと、イッセイイチダイが走ったレースの方がクラスは上になります。

まぁただ、イッセイイチダイは、それにしても負け過ぎたのかなと言える内容で、ちょっと買う気が起きないのですが、これまでのレースを見るに、上記の印を回した3頭で決まるような気がするんですけどね。キングプライドから馬単2通りと3連複1本勝負の計3通りで勝負しようかなと思います。これならギリギリ大丈夫やろ。

ってなところで、九州ダービー栄城賞の予想を終わりたいと思います。最後までご覧いただきまして誠にありがとうございました(●´ω`●)

タイトルとURLをコピーしました