中山金杯2015の予想

やっはろー!!KAUZです(*゚▽゚*)

今年もJRAのレースが始まりますね。JRAの予想第1弾は第64回中山金杯です。距離は2000m、出走頭数は17頭、発走時刻は15:25となっています。伝統のハンデ戦ですね。

中山金杯の過去10年のデータと傾向を更新しているのですが、1枠と8枠がやや不利なのかなという傾向が出ているんですよね。1枠にはマイネルミラノとラブリーデイ、8枠にはバッドボーイとアンコイルド、パッションダンスが入りました。8枠は人気しそうにない競走馬なのかなと思うのですが、1枠の2頭は人気しそうだなと思っていただけに、この枠順では買いづらくなったなと思います。

対して、連対率の高い2枠にナカヤマナイトとロゴタイプが入りました。6枠も連対率が高いですが、ペルーサとクランモンタナの2頭が入りました。この辺りはちょっと気になる枠順となりましたね。

それではいつものように展開を組み立てつつ、印を回していきたいと思います。

スポンサードリンク

展開と印はこう組み立てました

ハナを主張するのはメイショウナルトでしょう。ただ、同型のマイネルミラノ、ハナに立ちたいだろうバッドボーイと顔を合わせたところ。更に大外にはパッションダンス、他にもヒュウマやケイアイエレガントと逃げ馬に絡みながらの競馬をしてくる競走馬も多数揃いましたので、基本的にややハイペースに傾くんじゃないかなと見ています。前を走る競走馬より、後方から脚を伸ばしてくる競走馬にチャンスがあるんじゃないかと思います。

過去の傾向からも、逃げ馬の連対率が低く、先行馬と差し馬に多くのチャンスが巡ってきている傾向が出ているので、今年もその傾向で組み立てていいのではないかなと思っています。

予想の印はコチラ

第64回中山金杯(GⅢ)
馬番 競走馬名
本命 デウスウルト
対抗 ロゴタイプ
単穴 ナカヤマナイト
連下 マイネルミラノ
ラブイズブーシェ

印を付け終えて

という形となりました。本命にはデウスウルトを推奨します。前走チャレンジカップ2着の活躍。オープンで即通用したのは大きい収穫だと思います。条件戦でも相手なりに走るタイプでしたし、前走を見た感じだとここでも通用すると思います。思い切って本命に置いて勝負したいと思います。

対抗にはロゴタイプ。12月31日に行われた追い切りで、美浦南W(良)【 5F65.4- 50.9- 36.7- 1F11.2】の好内容。コースの内側を通過したのたのでこのタイムとなっているとも言えますが、具合は本当に良さそうだなと感じました。迫力が増していい雰囲気だなと感じますよ。

単穴にはなる狙いのナカヤマナイト。前走の福島記念では短い直線だけで13位から5位まで脚を伸ばしました。間隔が空いたのはやや不安ではありますが、追い切りも前走の状態は維持していると見て良さそう。展開も含め、ここでは要注目だと感じます。

連下には最内ですがマイネルミラノラブイズブーシェを選びたいと思います。

というところで中山金杯の予想を終わりたいと思います。最後までご覧くださいまして、誠にありがとうございました(*’ω’*)

京都金杯の予想は20時頃に更新できるかと思います。ちと箱根駅伝を見すぎて、まだ追い切り内容とか確認していないので、やや時間が空いちゃいます。

タイトルとURLをコピーしました