習志野きらっとスプリント2017の予想

やっはろー!!@KAUZです(*゚▽゚*)

2017年7月25日に船橋競馬場で開催される第7回習志野きらっとスプリントの展開から…展開とかわからんけど予想です。習志野きらっとスプリントは、距離1000m、出走頭数は14頭、発走時刻は20:15となっています。

今週のJRAではアイビスサマーダッシュが新潟競馬場で開催されますが、こちらはダートのスプリント戦ですね。全国交流競走で、スーパースプリントシリーズ(SSS)のファイナル。各地のトライアル競走を勝ち抜いたスピード自慢の競走馬が一堂に会し、凌ぎを削る、そんなレースになっとります。

しっかし、レース名の習志野きらっとスプリントの『きらっと』とはどういう意味なんですかね。個人的には、ランカ・リーのキラッ!がどうしても過ってしまうんですけどね。流れ星を連想して、きらっとというレース名にしたんですかね。

流れ星のような一瞬のスピード、そんな感じなのかな。

とまぁ、どうでもいいような前書きからスタートしましたが、今年の習志野きらっとスプリントは面白くもあり、難しくもある。そんなレースになりそうな気がします。

前日オッズではありますが、1番人気は2.5倍のスアデラ。2番人気は3.1倍のブルドッグボス。3番人気は4.3倍のフラットライナーズ、昨年の勝ち馬です。4番人気は8.3倍のホッカイドウ所属のタイセイバンデットとなっています。

ただ、このレースが難しいなと思うのが、転厩馬の存在ですね。

内枠から、ワディとブルドッグボス、シゲルカガ、ホスト、ランドマーキュリーの5頭が転厩初戦。地方、特にスパイラルカーブのきつい船橋競馬場でどこまで走れるのかという不安はつきまといます。

あとは、他地区の地方馬ですけど、ホッカイドウ所属のタイセイバンデットは人気していますけど、地味に笠松所属のハイジャも、前走800mの条件で行われた名古屋でら馬スプリントで2馬身差をつける完勝でしたからね。まぁ落馬などもありましたので、なんとも言えないレースにもなりましたけど、スピード自体は持っているのではないでしょうか。

だけど、でら馬スプリントのハイジャの勝ち時計が48.2秒でしたが、ラブミーチャンが作ったレコードが46.4秒ですからね。何馬身前にラブミーチャンがいることになっているんですかね。そう考えると、ラブミーチャンはこの習志野きらっとスプリントの第1回から3回までを3連覇していますが、なんとなく凄さが分かるって感じですね。

個人的にはスアデラが1番人気でレース本番を迎えるということはないんじゃないかなーと思っているんですけど、大井競馬場で前日オッズは参考程度ですからね。船橋なのでガラリと変わることは想定しておかなければなりませんね。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

展開と印はこう組み立てました

展開という展開でもないですけど、結局は、スタートから出鞭を用いてガンガン出て行って、3角4角で息を整えられなかったら、差しが優勢。その逆も然り。という感じで見るべきレースなのかなと思うんですけど、とにかく今年のメンバーは先行勢が大多数で、展開らしい展開を考えるのは困難を極めるという感じですね。

これがマイル戦であれば、これは持久力一辺倒で、最後時計が掛かるところを伸びてきた競走馬を買うのがベターと書いているんでしょうけど、今回は1000mでのレース。

ダート戦とは言え、スピードだけでなんとかできてしまいそうなだけに、先行勢でも持久力を持っているメンバーには注目しておきたい1戦とも言えそうです。

まぁあとは、どこのブロガーさん、競馬新聞なんかでも書かれていると思いますけど、船橋1000mってとにかくリピーターレースになりやすい特徴があるので、その辺は気にしてもいいのかなぁと思います。特にフラットライナーズは、習志野きらっとスプリントを勝利して、今年1月の船橋記念も勝利していますからね。現役の中では、船橋1000mの巧者という感じがしてしまいますよね。

ということは、つまり…。

予想の印はコチラ

第7回 習志野きらっとスプリント(SⅢ)
馬番 競走馬名
本命 フラットライナーズ
対抗 ニシノラピート
単穴 タイセイバンデット
連下 ディーズプリモ
ワディ

印を付け終えて

ということで、本命には何の迷いもなくフラットライナーズとしました。

大崩れは考えにくく、1着をハズしたとしても、2着3着の可能性は大きいのかなと思いますね。

対抗には、ニシノラピートを。

船橋1000mを経験しているのは大きいのかなと思いますね。その時の時計が60.8秒で、逃げて逃げての2着でした。その点では、この時計がマックスの可能性は高いとは思いますけど、重馬場での成績でしたので、また難しく感じさせますが、良馬場ならばまた違うのかなと。短距離適性は非常に高い1頭ですので、フラットライナーズの対抗に指名していい舞台でしょう。

単穴には、タイセイバンデットを。

本命に推奨してもいいのではないかと思っていたんですけど、迷いに迷って単穴としました。恐らくハナを主張しての競馬になると思うんですけど、これまでの時計も優秀ですし、ここは期待が持てるのではないかと思っています。

連下には、妥当かなと思うメンバーを選択したつもりです。ディーズプリモは、個人的には狙いすぎているような気もします。8枠という時点で洋ナシの可能性が高いんですけど、中団で脚を溜めて、ということを考えれば、無きにしも非ずやろってことで選択しました。

ってなところで、習志野きらっとスプリントの予想を終わりたいと思います。最後までご覧いただきまして、まことにありがとうございました(●´ω`●)

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ