ニューイヤーカップ2020の予想【浦和1600m発走15:45】

やっはろー!!KAUZ(@kauzw0o0w)です(*゚▽゚*)

2020年1月15日に浦和競馬場で開催される第63回ニューイヤーカップの展開から導く競馬予想です。ニューイヤーカップは、距離1600m、出走頭数は11頭、発走時刻は15:45となっています。

浦和競馬場の1600mでのレースですので、内枠先行馬優勢なので、とりあえずそのあたりを狙うのがベターではないかなと思います。

ただし、今年は人気馬が内枠に入っているので、その辺で堅い決着となりそうな気配もありそうといえばありそうですかね。

前日オッズをチェックすると、1番人気はグリーンロードで2.3倍。2番人気はファルコンウィングで3.2倍、3番人気はチョウライリンで5.7倍となっていて、ここまでの3頭が単勝オッズ10倍を切るメンバーとなっています。

グリーンロードの1番人気は堅いのかなと思うんですけどどうでしょうか。前走の川崎ジュニアオープンでは後続に7馬身差を付ける圧勝と勢いを感じさせてくれます。前走のパフォーマンスを考慮すると、ここは堅いのではないかと思うのですが…。

前書きが長くなってもあれなので、予想を書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

展開予想とか考察とか

ハナを主張していくのはファルコンウィングではないかと思います。主導権を譲らない構えを見せて、スッと出していくものと思います。2番手にグリーンロードと、人気の2頭がレースを引っ張る形になるのではないかと読んでいます。

モリデンスターやマナーザマジックの2頭も前でレースを進めるタイプなので、その2頭がハナ争いに加わってくるのであればペースは上がりそうな予感もしますが、スタート直後の隊列で無理せずにいくのかなと思います。無理して出しても、外枠からのスタートになるので、自ら潰れるようなものですよね。

ペースは落ち着くと思いますので、そのまま先行勢優勢で見ていっていいのではないかと思います。

予想の印はコチラ

馬番 競走馬名
本命 グリーンロード
対抗 ファルコンウィング
単穴 モリデンスター
連下 チョウライリン

印を付け終えて

ということで、本命にはなんの迷いが必要だろうかということで、グリーンロードを選択しました。まぁ堅いと思うし、本命軸というか、もう1着固定で勝負しても良さそうな1頭ではないかなと思うんですけど…。足りないとしたら、浦和実績だと思うんですけど、それを言い出すともう他の競走馬も買えなくなるので。

対抗にはファルコンウィングを選択。まぁ近走のパフォーマンスを見れば対抗として組み込んでいいはず。

単穴にはモリデンスターを。穴っぽいならということで、それでも上位人気馬扱いとなりそうですけど。

連下にはチョウライリンを。上位4頭いずれも人気馬ですけど、ちょっと差がありそうだし、内枠に上位勢が固まったので、それでは逆転は難しいのかなというところで。

タイトルとURLをコピーしました