オークス 2019 過去10年のデータと傾向

やっはろー!!KAUZ(@kauzw0o0w)です(*゚▽゚*)

2019年5月19日に東京競馬場で開催される第80回優駿牝馬(オークス)の過去10年のデータと傾向を掲載しておきます。

注目はどの競走馬でしょうか。桜花賞1着のグランアレグリアは、NHKマイルカップに回り不在。ここまで好走を続けてきたメンバーこそいますが、全勝でというようなメンバーはいません。

C.ルメール騎手が騎乗停止となったコントラチェックには、先週のヴィクトリアマイルを制したダミアン・レーン騎手が騎乗することが決まりました。話題の人がという感じで、非常に頼もしい交代とも言えそうです。

ダノンファンタジーの巻き返しやそのほかの伏兵馬の活躍など、楽しみな競走馬が集まりました。やはりオークスですね。

今回はデータを分析して、好走できそうなメンバーをピックアップして、週末の予想につなげていきたいと思います。

スポンサードリンク

オークスの過去10年のデータと傾向分析

それではいつものようにダーッと記載しておきますので、必要だと思うデータや使ってみたい傾向がございましたら、各自ご自由にお持ちかえりくださいませ。なお、対象のデータは、2009年から2018年までの10年間分です。

なお、2010年はアパパネとサンテミリオンが同着1位のため、1着馬が11頭、2着馬が9頭となっていますのでお気を付けください。

所属別では、騎手は栗東騎手、競走馬に関しては西高東低は今は昔

【騎手】栗東所属騎手の方が好成績を残してる

騎手分類 着別度数 勝率 連対率 複勝率
美浦 3- 5- 5-84 3.1% 8.2% 13.4%
栗東 8- 4- 5-55 11.1% 16.7% 23.6%
地方 0- 0- 0- 1 0.0% 0.0% 0.0%
外国 0- 0- 0- 7 0.0% 0.0% 0.0%

美浦所属騎手と栗東所属騎手とでは、勝率では3倍強、連対率では2倍もの差が開いています。

気になるのは外国人騎手。この外国人騎手にはC.ルメール騎手とM.デムーロ騎手は含まれていません(栗東所属でカウント)が、外国人騎手が跨った競走馬の平均人気は6.3人気に対して平均着順は12.0着と、結構負け越してるというか、人気以上に負けている感じです。
短期免許で来日中で、オークスにも名前があるのは、D.レーン騎手と、B.アヴドゥラ騎手のお二人となっていますので、どう買うかですね。

【調教師】基本的に東西の差は感じない

調教師分類 着別度数 勝率 連対率 複勝率
美浦 5- 4- 4- 69 6.1% 11.0% 15.9%
栗東 6- 5- 6- 78 6.3% 11.6% 17.9%

ご覧の通り、美浦所属馬も栗東所属馬も勝率も連対率もさほど変わりありません。

若干ですけど、栗東所属馬が複勝圏内率で上回っていますけど、誤差の範囲ともいえるので、競走馬(調教師)の所属は気にしなくていいでしょう。

【馬体重】当日次第だけど、480kgの馬体重だと未勝利

馬体重 着別度数 勝率 連対率 複勝率
~399kg 0- 0- 0- 1 0.0% 0.0% 0.0%
400~419kg 0- 0- 1- 12 0.0% 0.0% 7.7%
420~439kg 2- 2- 1- 26 6.5% 12.9% 16.1%
440~459kg 3- 1- 3- 62 4.3% 5.8% 10.1%
460~479kg 6- 4- 3- 24 16.2% 27.0% 35.1%
480~499kg 0- 2- 1- 18 0.0% 9.5% 14.3%
500~519kg 0- 0- 1- 4 0.0% 0.0% 20.0%

当日の馬体重の発表を待たなければなりませんが、当日の馬体重が480kg以上ある競走馬はこの10年で未勝利となっています。

20年に対象を広げると、480kg~499kg【 1- 4- 2- 31】と1勝止まりとなかなか冴えません。500kg以上と未連対となっていますので、当日の馬体重で480kg以上となると、少し軽視しても良さそうにも感じます。

枠の内外の優劣をチェック

【枠番】2枠が突出して好成績

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 1- 2- 2-15 5.0% 15.0% 25.0%
2枠 3- 1- 1-13 16.7% 22.2% 27.8%
3枠 0- 0- 2-18 0.0% 0.0% 10.0%
4枠 1- 0- 0-19 5.0% 5.0% 5.0%
5枠 2- 2- 0-16 10.0% 20.0% 20.0%
6枠 0- 0- 1-19 0.0% 0.0% 5.0%
7枠 2- 3- 2-23 6.7% 16.7% 23.3%
8枠 2- 1- 2-24 6.9% 10.3% 17.2%

こうしてみると、1枠や5枠も成績がいいように見えてしまうんですけど、単勝回収値がプラスなのは2枠で376円。複勝回収値がプラスなのは128円で同じく2枠と、どちらもプラス域なのは2枠のみ。それ以外の枠はマイナス域なので、2枠なのかなという感じです。

内枠、外枠いずれも好成績という感じですけど、中枠が案外さっぱりかも。5枠が頑張ってるから中枠が厳しいとも言いづらいのだけれど、内枠と外枠の活躍に比べるとちょっとなぁ…という感じです。

【馬番】最内は未勝利

馬番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番 0- 2- 0- 8 0.0% 20.0% 20.0%
2番 1- 0- 2- 7 10.0% 10.0% 30.0%
3番 2- 1- 1- 5 22.2% 33.3% 44.4%
4番 1- 0- 0- 8 11.1% 11.1% 11.1%
5番 0- 0- 2- 8 0.0% 0.0% 20.0%
6番 0- 0- 0-10 0.0% 0.0% 0.0%
7番 1- 0- 0- 9 10.0% 10.0% 10.0%
8番 0- 0- 0-10 0.0% 0.0% 0.0%
9番 1- 1- 0- 8 10.0% 20.0% 20.0%
10番 1- 1- 0- 8 10.0% 20.0% 20.0%
11番 0- 0- 0-10 0.0% 0.0% 0.0%
12番 0- 0- 1- 9 0.0% 0.0% 10.0%
13番 1- 2- 0- 7 10.0% 30.0% 30.0%
14番 1- 1- 2- 6 10.0% 20.0% 40.0%
15番 0- 0- 0-10 0.0% 0.0% 0.0%
16番 0- 0- 1- 8 0.0% 0.0% 11.1%
17番 1- 0- 1- 8 10.0% 10.0% 20.0%
18番 1- 1- 0- 8 10.0% 20.0% 20.0%
馬番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
偶数 5- 3- 6-74 5.7% 9.1% 15.9%
奇数 6- 6- 4-73 6.7% 13.5% 18.0%
大外 1- 1- 0- 8 10.0% 20.0% 20.0%

ご覧の通りという感じではあるものの、どうでしょうか。日本ダービーでよく言われているのは1枠が強いということ。しかし、オークスでは1枠はそうでもない感じになっていて、特に1枠1番は未勝利となっていて、あまり優勢に働いているという感じではないですね。

馬番3番は単勝回収値338円、複勝回収値168円と優秀。お隣馬番4番は、単勝回収値こそ413円でプラスですが、複勝回収値はマイナスです。案外、馬番18番の複勝回収値が105円とプラスなので、大外はあまり劣勢というわけではないと言えるかと思います。

【脚質】先行勢がやや苦戦してしまう距離

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
逃げ 0- 1- 0- 9 0.0% 10.0% 10.0%
先行 1- 2- 1- 32 2.8% 8.3% 11.1%
差し 7- 4- 9- 64 8.3% 13.1% 23.8%
追い込み 3- 2- 0- 42 6.4% 10.6% 10.6%

ザっと見た感じだと、差し馬が優勢というレースで、これまで7勝を挙げています。ただ、分母の数が多いので、差し馬を買い続けるのも難しいですし、実際問題、当日走ってみなければ差し戦法かどうかがわかりませんよね。

ただ、イメージ的には中団で脚を溜めて、最後に伸びてくる競走馬が勝ちやすいと覚えておくといいかもしれません。

ちなみに、差し馬のみ、単勝回収値がプラス域の107円となっています。

【単勝オッズ】人気馬が同馬券に絡んでいるのかをチェック!

【単勝人気】1番人気は連対率70.0%と好成績を残すもそれ以外はどんぐり

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 5- 2- 1- 2 50.0% 70.0% 80.0%
2番人気 1- 3- 3- 3 10.0% 40.0% 70.0%
3番人気 2- 0- 1- 7 20.0% 20.0% 30.0%
4番人気 0- 1- 1- 8 0.0% 10.0% 20.0%
5番人気 1- 1- 1- 7 10.0% 20.0% 30.0%
6番人気 0- 1- 1- 8 0.0% 10.0% 20.0%
7番人気 1- 0- 0- 9 10.0% 10.0% 10.0%
8番人気 0- 1- 1- 8 0.0% 10.0% 20.0%
9番人気 1- 0- 1- 8 10.0% 10.0% 20.0%
10番人気 0- 0- 0- 10 0.0% 0.0% 0.0%
11番人気 0- 0- 0- 10 0.0% 0.0% 0.0%
12番人気 0- 0- 0- 10 0.0% 0.0% 0.0%
13番人気 0- 0- 0- 10 0.0% 0.0% 0.0%
14番人気 0- 0- 0- 10 0.0% 0.0% 0.0%
15番人気 0- 0- 0- 10 0.0% 0.0% 0.0%
16番人気 0- 0- 0- 10 0.0% 0.0% 0.0%
17番人気 0- 0- 0- 10 0.0% 0.0% 0.0%
18番人気 0- 0- 0- 7 0.0% 0.0% 0.0%

1番人気はそれなりの成績を残していますので、人気馬は簡単には切れないかもしれません。

1番人気で敗れているのは、マルセリーナとミッドサマーフェアの2頭。あまり共通点が見当たりませんが、桜花賞を勝ったマルセリーナも敗れているので、桜花賞1着だったからというのは理由にはならないでしょう。

2桁人気馬は馬券に絡んでいないので、大穴を狙うのは無謀なのかもしれませんね。

【オッズ分布】オッズ1桁なら好勝負できる

単勝オッズ 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1.0~ 1.4 1- 1- 0- 0 50.0% 100.0% 100.0%
1.5~ 1.9 1- 0- 0- 0 100.0% 100.0% 100.0%
2.0~ 2.9 2- 1- 0- 1 50.0% 75.0% 75.0%
3.0~ 3.9 1- 1- 2- 1 20.0% 40.0% 80.0%
4.0~ 4.9 0- 1- 2- 0 0.0% 33.3% 100.0%
5.0~ 6.9 2- 1- 0- 8 18.2% 27.3% 27.3%
7.0~ 9.9 2- 1- 0- 4 28.6% 42.9% 42.9%
10.0~14.9 0- 1- 1- 10 0.0% 8.3% 16.7%
15.0~19.9 0- 1- 3- 9 0.0% 7.7% 30.8%
20.0~29.9 1- 0- 2- 15 5.6% 5.6% 16.7%
30.0~49.9 1- 1- 0- 25 3.7% 7.4% 7.4%
50.0~99.9 0- 0- 0- 33 0.0% 0.0% 0.0%
100.0~ 0- 0- 0- 41 0.0% 0.0% 0.0%

単勝オッズ1桁台はそれなりに信頼できそうですが、それ以降となるとまたまたどんぐり。

単勝オッズ50倍以上は馬券に絡んでいませんので、その辺りはヒントになるか。

前走などのローテーションから傾向をチェック!

【クラス】前走GⅠ組が優勢

前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率
未勝利 0- 0- 0- 1 0.0% 0.0% 0.0%
500万下 0- 0- 0- 15 0.0% 0.0% 0.0%
オープン 2- 0- 0- 30 6.3% 6.3% 6.3%
GⅢ 0- 0- 0- 6 0.0% 0.0% 0.0%
GⅡ 1- 4- 4- 35 2.3% 11.4% 20.5%
GⅠ 8- 5- 6- 60 10.1% 16.5% 24.1%

ご覧の通りですが、複勝圏内率ではGⅠ組も健闘していますので、そこはしっかりと覚えておく方がいいでしょう。

ただ、前走オープン組は、単勝回収値137円と唯一のプラス域。穴を狙うとすれば、前走オープン組を狙うのが吉かもしれません。もっと言えば、前走オープン組で1位になった競走馬のみ優勝していますので、オープン組を闇雲に狙うよりも、オープン1位の競走馬を選ぶべきです。

その点では、カレンブーケドールとラヴズオンリーユーは切るに切れない感じになっちゃいます。意外と単勝回収値も高いので、狙い目だとする考え方もできますね。

【レース名】馬券に絡むローテーションは実質3つのみ

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
桜花賞 8- 5- 5-59 10.4% 16.9% 23.4%
忘れな草賞 2- 0- 0- 8 20.0% 20.0% 20.0%
フローラS 1- 4- 4-35 2.3% 11.4% 20.5%
皐月賞 0- 0- 1- 0 0.0% 0.0% 100.0%

前走のレース名別にチェックすると、ほとんどが桜花賞組だということが分かります。

勝ち鞍数では劣るものの、フローラステークス組は複勝圏内率で健闘していますので楽しみです。

一方で、スイートピーステークス組は【 0- 0- 0- 22】と惨敗中。その点では同じオープン競走でも忘れな草賞とは違う形になっています。

【乗り替り】は大幅なマイナス要素

前走騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率
同騎手 10- 7- 9- 84 9.1% 15.5% 23.6%
乗替り 1- 2- 1- 63 1.5% 4.5% 6.0%

ご覧の通りですが、来ないわけではないけれど好走率はかなり低いです。狙うなら前走と同騎手となってしまいます。

【着順】主に前走3着以内が優勢

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 7- 3- 1- 44 12.7% 18.2% 20.0%
前走2着 1- 3- 5- 17 3.8% 15.4% 34.6%
前走3着 2- 2- 1- 13 11.1% 22.2% 27.8%
前走4着 0- 0- 0- 9 0.0% 0.0% 0.0%
前走5着 0- 0- 1- 10 0.0% 0.0% 9.1%
前走6~9着 0- 1- 0- 26 0.0% 3.7% 3.7%
前走10着~ 1- 0- 2- 28 3.2% 3.2% 9.7%

前走1着だったグループが、唯一、単勝回収値がプラス域(106円)になっています。単純に前走勝ったメンバーの馬券を買えばプラスだったということなので、狙い目としてはこの辺りかもしれません。

【人気】勝ち馬は前走5番人気以内から

前走人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1人気 5- 2- 4- 16 18.5% 25.9% 40.7%
前走2人気 4- 2- 2- 20 14.3% 21.4% 28.6%
前走3人気 0- 3- 0- 19 0.0% 13.6% 13.6%
前走4人気 1- 1- 1- 14 5.9% 11.8% 17.6%
前走5人気 1- 0- 1- 7 11.1% 11.1% 22.2%
前走6~9人 0- 0- 1- 38 0.0% 0.0% 2.6%
前走10人~ 0- 1- 1- 33 0.0% 2.9% 5.7%

主には前走1番人気か2番人気かというところですが、広く見ても前走5番人気からのみ勝ち馬が出ています。前走人気が1つ指標になりそうです。

【オカルト】前走1枠から4枠スタート組から勝ち馬はゼロ

前走枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 0- 1- 1-17 0.0% 5.3% 10.5%
2枠 0- 0- 1-13 0.0% 0.0% 7.1%
3枠 0- 1- 1-25 0.0% 3.7% 7.4%
4枠 0- 1- 1-20 0.0% 4.5% 9.1%
5枠 4- 2- 1-16 17.4% 26.1% 30.4%
6枠 3- 0- 1-16 15.0% 15.0% 20.0%
7枠 2- 1- 3-22 7.1% 10.7% 21.4%
8枠 2- 3- 1-18 8.3% 20.8% 25.0%

なんでか知らんけどってところで。偏りがあるとすれば偏りがありますね。面白い傾向と言えば、面白い傾向かもしれません。笑

オークスのデータ傾向まとめを簡単に

色々な項目をチェックしたので、その点ではどの競走馬も一長一短かなという感じですね。

とくにローテーション系だと、外厩が発達した最近はあまり意味がないようにも思いますが、コントラチェックは一応はフラワーカップ組で、データ上は軽視してもという感じですかね。乗り替りだしね。

ちなみに、前走逃げた競走馬は【 0- 0- 1- 9】と未連対となっている点も、コントラチェックはあまりデータ上はパッとしない要因です。

個人的にはラヴズオンリーユーが良く見えるかなという感じ。前走7枠スタートだし、勝ち馬としては申し分ないのかなという気もしちゃいますね。

ウィクトーリアもチャンスはありそうだし、桜花賞2着だったシゲルピンクダイヤも面白そうです。

この辺りがデータ的にはプラスに見れるのかなというところで、オークスのデータ傾向記事を終わりたいと思います。最後までご覧いただきまして、まことにありがとうございました(●´ω`●)ゞ

コメント

  1. くーちゃん より:

    kauzさん ( ゜▽゜)/コンバンハ
    更新ご苦労様です。m(__)m

    ラヴズ、コントラ、ダノンが3強ですかね!?

    過去10年桜花賞で馬券外(4着以下)からは13メイショウマンボ、15ルージュバックの2頭のみ
    2頭共2走前は重賞勝ち馬でした。
    今回気楽に乗れるダノンは上手い事、馬郡に入れたら怖いですね。
    フローラS勝ちのヴィクトーリアは前走棚ぼた勝ちでイマイチ信用出来かねます。

    ここでサイン馬券(^^)/
    JRAのオークスのCMで♯11を復習ってあります。
    ♯11は2017年菊花賞の時で7-2-7枠 ⑬、④、⑭で決まり。
    で7枠⑬番キセキ-ミルコ騎乗でした・・・え!偶然(;゚Д゚)

  2. くーちゃん より:

    追記

    17’3着アドマイヤミヤビ(桜12着)も2走前クイーンC勝ちでした。

    • KAUZ より:

      くーちゃんさん

      こんばんは、コメントありがとうございます!

      そうですねー、ダノンファンタジーは気楽に乗れるところはここだろうと思うんですが、単純に距離がどうなのかなぁと思う部分はありますから、今回は本当に難しいですね。

      7枠13番が同じM.デムーロ騎手ってのは面白いですねー。サインらしいと言えばサインっぽいですね。

      また遊びに来てください!

  3. マル より:

      KAUZさん、今晩は。
     今回のGⅠヘッドライン。
    「可憐に咲き誇れ、強靭な美しき女神が降臨する。」
     T本式
    「JRA5月の壁紙カレンダーのタイトルはWINNING RUN。戸崎騎乗はウィクトーリア=勝利の女神、注意」
    そのまま信じて穴狙いの買い目。
    ◎⑫ウィクトーりア
    〇⑦シャドウディーヴァ=神がかり的な
    ▲⑪シゲルピンクダイア=花色のダイヤ
    △②クロノジェネシス=黒い創世期
    △④シェーングランツ=美しい輝き
    ✖⑩カレンブーケドール=可憐な花束
    これとは別に普通にも買います(笑)。

    • KAUZ より:

      マルさん

      こんばんは、コメントありがとうございます!

      サイン的にはウィクトーりアなんですかね。
      私も気になって調べてみたら、ウィクトーリアを推すサイン馬券派のみなさんも多いみたいでしたよ。

      サイン馬券の方は、だけど面白そうですけどね。
      前走大敗しているメンバーもいますけど、この距離だからこそ巻き返せそうな競走馬なども含まれいて、これはこれでチャンスがありそうな馬券だなと思いました。

      今年のオークスは例年以上に難しいので、手広くというのもありなのかなと思っちゃいますね。笑

      また遊びに来てください。

タイトルとURLをコピーしました