大阪杯2017の予想

やっはろー!!@KAUZです(*゚▽゚*)

2017年4月2日に阪神競馬場で開催される第61回大阪杯の展開から導く競馬予想です。大阪杯は、距離2000m、出走頭数は14頭、発走時刻は15:40となっています。

さて、今年からGⅠに格付けされた大阪杯ですが、メンバーは数字的には揃いませんでしたが、キタサンブラックやサトノクラウン、マカヒキとメンバーは揃ったかなと思いますね。

海外のGⅠとか見ていると、9頭立て、なんていうのもありますので、少数精鋭っぽいのかなという感じがします。

この時間のオッズ(4月2日午前1時)を見ると、1番人気はキタサンブラックで2.6倍。2番人気はマカヒキで3.9倍。3番人気は4.4倍のサトノクラウンと続きます。

以上の3頭までが単勝オッズ10倍を切るメンバーで、4番人気には10.3倍でヤマカツエースが続きます。

金鯱賞で3着に入ったスズカデヴィアスが12番人気、金鯱賞は12着だったものの、勝ち馬ヤマカツエースから0.5秒しか離れていないアングライフェンが14番人気の208.7倍、複勝オッズは24.4倍から48.3倍となっています。

なんだか一波乱あっても、全く不思議ではない、そんな気もしちゃいますね( ̄ー ̄)

まぁ私はガチガチの本命党なんで、穴馬を狙うなんてことはないですが、それでもこのオッズなら面白いよなぁと思っちゃいますね。

穴党の人は、ここは狙い目と言わんばかりのレースになっているのではないか、そんな風に思ってしまいます。


まぁ、競馬の予想は本命党でも穴党でも、全ては結果至上主義の世界。当てて回収率も100%を超えていれば凄いと言われるし、どんだけウンチクを述べてもハズレれば意味がありません。

だけど、いつもご覧になっている方やコメントをくださる方、本当にありがとうございます(*´▽`*)

全く頼もしくない競馬予想ブログの筆頭格ともなっているこのブログですが、いつも見てくださっているというのは、非常に嬉しいことですね。

本当に感謝です。

4月と、気持ち新たにする時期ですので、私も気持ち新たに頑張っていきたいと思います。


では、話を戻して大阪杯です。

今年からGⅠに昇格した影響も考えて、過去のデータに頼るのは避けるべきなのかなと思ったり思わなかったりですね。

これまでは春の大きなところを狙うメンバーや香港のレースに出走するようなメンバーがここを使ってから向かうこともありましたので、本気仕上げを施してくるメンバーが少なかったですからね。GⅠとなってから、やはりちょっとは傾向などは変わってくると思いますよ。

なので、ここは私の予想力()だけで挑んでいきたいと思います。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

展開と印はこう組み立てました

有馬記念で積極策に出たマルターズアポジーと、前走の金鯱賞で逃げて2着のロードヴァンドールと、逃げ馬らしい逃げ馬が2頭います。

どういう指示なのかによりますけど、調教師のインタビューを見た限りではマルターズアポジーの方が逃げに拘っているのかなという印象を受けました。

それでも、すぐ後ろを振り返れば、こちらも本音では逃げてペースを握りたいと思っているキタサンブラックもいますので、この2頭は飛ばして自分の競馬に持ち込みたいと思っていると思います。

これまでに名前を出した3頭がレースを引っ張り、作っていくのではないかと思います。

この後ろにサトノクラウンが続いていくと思いますし、レースはある程度前と後ろで散り散りになるんじゃないかなと思いますね。

マルターズアポジーがレースを引っ張り、1馬身から2馬身後ろにロードヴァンドール。そしてその後方2馬身程後ろにキタサンブラック。その1馬身後ろくらいにサトノクラウン。こんな感じになるんじゃないかなと思います。

2000mのレースなので、そこまで前との差が開くということはないんじゃないかとは思いますが、このくらいの差がついてもおかしくはないかな、そんな風に思います。

レース全体では平均ペースくらい。だけど、3番手のキタサンブラック以降はややスローくらいのペースなのかなと思っちゃいますけど、どうでしょうか。

気になるお天気ですが、明日は1日晴れるみたいですね。

得意な余談ですけど、福岡は22時頃から強く降る時間もあるくらいの雨模様です。なので、遅れて雨が降るのかなと思ったんですが、時間毎の天気予報を確認すると、どの時間帯も晴ればかり。ただ、北風が吹く関係上朝晩は多少冷え込むみたいですね。現地観戦の方はお気を付けください。

予想の印はコチラ

第61回 大阪杯(GⅠ)
馬番 競走馬名
本命 サトノクラウン
対抗 キタサンブラック
単穴 ヤマカツエース
連下 マカヒキ
ステファノス

印を付け終えて

ということで、本命にはサトノクラウンとしました。

先行していく中で、強いライバルとなるのはキタサンブラックですが、こちらはキタサンブラックを見ながらの競馬ができる点はプラス材料だと思います。

ペース的にも前が優勢に働くのではないかと思いますので、前を行く2頭に比重を置いている予想なんですが、キタサンブラックが勝つイメージが持てなかったというのも要因としてありますかね。

対抗にはキタサンブラックを。

個人的に、3連単の2着付けの馬券も買おうかな(実際に買うかは半々やけど)と思うくらい、2着の気がする。

まぁもう1頭何かに差されて3着の可能性もあるとは思うんですが、どうも有馬記念の時のような展開になりそうな、そんな気がしますね。

早めに並んでくれた方がキタサンブラック的には良いんでしょうが、ちょっと私の中でのイメージでは、最後に差されている姿しか浮かびませんでした。

単穴には、ヤマカツエースを。

単穴としていますが、単に穴馬っぽいって感じで選んでます。連下でもいいのかなと思ったんですが、マカヒキよりもヤマカツエースが勝つ方が可能性としてはあるんじゃないかな、と思ったからです。

連下には、いつも通り2頭を選びました。マカヒキステファノスですね。

マカヒキは、連下扱いですが、地力は3番手評価をしています。ならば単穴で3番手評価としていいのではないかとは思いますが、1着はないんじゃないかなということで連下にまで下げました。

もう1頭のステファノスですが、今回は内枠も獲れたことで、レース自体はし易くなるんじゃないかなと思います。

天皇賞(秋)や前走の金鯱賞のような位置取りになっちゃうと厳しいかもしれませんが、5着になった毎日王冠くらいの位置取りがベストなんじゃないかなと思います。ただ、必ず末は突っ込んでくるので、前がやり合うようなレース運びになると、優勝候補の筆頭格になるのではないでしょうか。

そんなこんなではありますが、大阪杯の予想を終わりたいと思います。最後までご覧いただきまして、まことにありがとうございました(●´ω`●)

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

コメント

  1. マル より:

    KAUZさん、おはようございます。
    ブログ閉鎖!?に一瞬驚きましたが、この欄ではないのですね。
    まずはGⅠヘッドライン。
    「新たな夢の創世が最強馬の伝説を築く。」です。今回は初めて句点なし。意味するものは?最強3頭で決まる?止まらない?最強馬→年度代表馬?
    でも、やはり3か月のブランクがあるキタサンは▲止まりかな。止まらない場合の穴ロード、差しミス時のヤマカツ。
    ◎8-⑭マカヒキ
    〇5-⑦サトノクラウン
    ▲4-⑤キタサンブラック
    △8-⑬ヤマカツエース
    ×5-⑧ロードヴァンドール
    +アンビシャス、ミッキーロケット
    買い方は最強3頭厚めに、3連複。+⑦⑭からの全頭流し。
    それでは買われる方のご幸運を祈ります。

  2. マル より:

      KAUZさん、おめでとうございます。
    私はサトノクラウンが掲示板外では全くダメでした。来週、桜花賞も楽しみましょう。

    • KAUZ より:

      マルさん

      こんばんは!コメントありがとうございます。

      恐らく、関連記事の「ブログ閉鎖」という記事を見たのかなと思いますが、内容としては地方競馬版のブログの更新を辞めるよってことなので、あまりお気になさらずに笑

      私はサトノクラウンの1頭軸で勝負していたので、BOXで買っていれば当たりでしたが、外れちゃいました(`・ω・´)

      もちろん、桜花賞も楽しみましょう!!

      また遊びに来てください!

  3. くーちゃん より:

    横綱2頭の内キタサンが更に強さを見せたレースでした。
    パドック解説で細江女史が筋肉の張りがイマイチとのことでしたが(次走が本命なので仕上げては来ないのはわかっておりましたが)
    そんなことなど杞憂に終わりました。

    私はステかアンビで迷ってアンビから・・・(;´Д`)ケツからレースしてどうする?
    反対の中山もレーヴかダイワで迷ってダイワ・・・(;´Д`)(;´Д`)

    あ、梅雨時期になる宝塚ではクラウンの巻き返しがあるのではないでしょうか!? 

    • KAUZ より:

      くーちゃんさん

      こんばんは!コメントありがとうございます。

      宝塚記念は、キタサンブラックがより強さを見せるレースではないかなと思うので、サトノクラウンよりもキタサンブラックを買いたいかなぁと個人的には思いますね。

      アンビシャスは、いつもよりも作りが甘かったように思うんですよね。それでも、しっかりと最後は走っては来ていますが。

      キタサンブラックは、名前で損しているように思いますねー。強さは本物だと思うんですが…。

      また遊びに来てください!