クイーンステークス2017の予想

やっはろー!!@KAUZです(*゚▽゚*)

2017年7月30日に、札幌競馬場で開催される第65回クイーンステークスの展開から導く競馬予想です。クイーンステークスは、距離1800m、出走頭数は13頭、発走時刻は15:25となっています。

さて、7月ではありますが、真夏の1戦とも言えるレースです。しかし、前走ヴィクトリアマイルを制したアドマイヤリードと、NHKマイルカップを制したアエロリットのGⅠ馬が2頭出走してきました。

夏のレースに、こうもメンバーが揃うというのは珍しいかなという気もしますが、恐らくこの2頭はエリザベス女王杯を目標ではなく、マイルチャンピオンシップを目標に作られていくのかなという気がしますね。と素人意見です。

アエロリットは前走478kgでしたが、アドマイヤリードは422kgと、牝馬でも小柄に分類されるのではないかと思います。追い切り自体は抜群の動きを見せていたと思いますが、当日の雰囲気や馬体重の増減には注意を払うべきかなと思いますね。

結論から書くと、今回の予想は、アドマイヤリードを中心に考えていますが、当日馬体重がマイナスだったら、少し怪しんでもいいのではないでしょうか。春は馬体重がずっと減少していました。

ただ、少々気性がきついタイプなので、使われて大人しくなって大きなところを勝てたという見方もできるので、その点では、フレッシュな状態で、逆に性格が邪魔をして凡走はないだろうけど、こぼすことは十分にあるのではないかなと思います。

距離延長もどうかなと思うんですが、前走を見る限りでは、1Fの延長であれば、特に気にしなくてもいいんじゃないかなと思います。大負けはないと思うんだけど、というところで、軸本命の意味合いであれば、アドマイヤリードがいいのではないかと感じています。

その他にも、中山牝馬ステークスを制したトーセンビクトリーや好走続きのクインズミラーグロ、マーメイドステークスを制したマキシマムドパリなど、2頭のGⅠ馬を除いても、十分に楽しめる1戦。今年はハイレベルなクイーンステークスとなることは間違いないでしょう。今年の秋は、『あのクイーンステークスは本当にハイレベルだったんだな』という結果になることも考えられるのではないかなと思っています。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

展開と印はこう組み立てました

ハナを主張していくのはクロコスミアだと見ています。ただ、先行勢も揃った1戦で、逃げ馬に絡みながら追従していくノットフォーマルをはじめ、トーセンビクトリーやアエロリット、ヤマカツグレース、パールコード、エテルナミノルなどがいて、前走を先行して結果を残したマキシマムドパリやクインズミラーグロなども注意していかなければなりません。

札幌競馬場の1800mは、スタートして最初のコーナーまで185mと短い距離となっています。例年、ポジション争いが激化して、1角を回ったところでも激しく入れ替わることもあるレースです。

ただ、2角へ差し掛かるところでは落ち着き、あとは淡々とレースが進んでいきます。

この”前半2F程度のポジション争い”が、例年、どう読むかが難しいレースで、ここでガンガン脚を使ってしまうと、やはり後半に影響してきます。

基本的には先行勢が優勢なコース形態であるのは間違いありません。コースに対してコーナーが占める割合が大きいコースのため、外枠は基本的には外々を回さなければいけなくなるので、劣勢に立たされます。

以下のデータは、過去10年の内、札幌競馬場で開催された9回分を記載しています。の前に、1つ疑問なんですけど、札幌競馬場ってスタンド改修は行われたけど、コースの改修は行われていないですよね?行われていない前提でデータを掲載しておきます。

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 1- 0- 1- 6 12.5% 12.5% 25.0%
2枠 2- 3- 0- 4 22.2% 55.6% 55.6%
3枠 2- 0- 1-12 13.3% 13.3% 20.0%
4枠 0- 1- 2-13 0.0% 6.3% 18.8%
5枠 1- 2- 2-12 5.9% 17.6% 29.4%
6枠 1- 0- 2-14 5.9% 5.9% 17.6%
7枠 1- 1- 0-16 5.6% 11.1% 11.1%
8枠 1- 2- 1-14 5.6% 16.7% 22.2%

とりあえず、2枠を買っとけば正解みたいなところはありますけど、基本的に複数回優勝馬を出しているのは2枠と3枠で、複勝率20.0%越えしているのは、1枠と2枠、3枠は20.0%ジャストですが、5枠、8枠の5つとなっています。

人気を見ると、広範囲のところで馬券に絡んでいます。

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 2- 4- 1- 2 22.2% 66.7% 77.8%
2番人気 4- 0- 0- 5 44.4% 44.4% 44.4%
3番人気 0- 1- 1- 7 0.0% 11.1% 22.2%
4番人気 0- 0- 2- 7 0.0% 0.0% 22.2%
5番人気 0- 0- 1- 8 0.0% 0.0% 11.1%
6番人気 0- 2- 2- 5 0.0% 22.2% 44.4%
7番人気 1- 0- 0- 8 11.1% 11.1% 11.1%
8番人気 0- 0- 0- 9 0.0% 0.0% 0.0%
9番人気 1- 0- 0- 8 11.1% 11.1% 11.1%
10番人気 0- 2- 0- 7 0.0% 22.2% 22.2%
11番人気 1- 0- 1- 6 12.5% 12.5% 25.0%
12番人気 0- 0- 1- 7 0.0% 0.0% 12.5%
13番人気 0- 0- 0- 7 0.0% 0.0% 0.0%
14番人気 0- 0- 0- 5 0.0% 0.0% 0.0%

1番人気の勝率は低く、2番人気の方が高いという特徴があります。

ただ、2桁人気馬の優勝や連対もポツポツとではありますが、馬券に絡むことが多いですので、人気が低いからといって軽視は禁物でしょう。

年齢別では、3歳馬が中心になりそうです。

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
3歳 3- 2- 1-14 15.0% 25.0% 30.0%
4歳 1- 3- 3-27 2.9% 11.8% 20.6%
5歳 2- 4- 4-35 4.4% 13.3% 22.2%
6歳 3- 0- 1-13 17.6% 17.6% 23.5%
7歳 0- 0- 0- 2 0.0% 0.0% 0.0%

3歳馬の実に4頭に1頭が連対している計算となります。アエロリットを選択する方がいいのかなと思うし、3歳馬の1番人気は【 2- 1- 0- 0】で、連対率100%という数字を残しています。

アドマイヤリードと人気を競っている、記事更新時のオッズではありますが、仮にも1番人気になれば強力なデータとも言えますよね。

開幕間もない芝状態を考慮すると、先行内枠のアエロリットの方が軸馬とはしては最適ではないかなと後ろ髪を引かれつつ、追い切りの様子は前走のヴィクトリアマイルの時を彷彿とさせる追い切りでしたので、今回は展開やデータを無視しつつ、アドマイヤリードを本命にして印を打ちたいと思います。直感勝負!

予想の印はコチラ

第65回 クイーンステークス(GⅢ)
馬番 競走馬名
本命 アドマイヤリード
対抗 アエロリット
単穴 クインズミラーグロ
連下 トーセンビクトリー
パールコード

印を付け終えて

ということで、本命にはアドマイヤリードを選択したいと思います。対抗には、アエロリットを選択しました。

この2頭は大崩れするところが想像できない部分もあったりして、比較的堅いのではないかなと思ったり思わなかったりです。

単穴以下の3頭は、中山牝馬ステークス組の上位勢を並べただけという感じですかね。というか、そうなってしまったという感じなんですけど、今年の阪神牝馬ステークスはレベルは高かったのではないかなと思いましたので、無条件でトーセンビクトリーは選択しました。

そうなると、クロコスミアも選択した方がいいのかなと思ったんですけど、逃げ馬。逃げ馬はここ数年は、クイーンステークス自体で馬券になっていないので、ちょっと遠慮しました。展開的なものを考慮すると、このメンバーを逃げ切る、逃げ残るのは至難の業ではないかという読みです。

そして、中山牝馬ステークス。このレースも、ハイレベルな1戦だったのではないかと思いましたので、勝ち馬のトーセンビクトリーをまたまた選択し、あとは相手関係を考慮してもパールコードとクインズミラーグロを選択した感じですかね。

どう転んでも31日が給料日な私。サマージャンボを当てる前に、まずは今週末のこの重賞で確実に当てておきたいところです。

マジでサマージャンボ、当たらないかな。(そっちかい)

ってなところで、クイーンステークスの予想を終わりたいと思います。最後までご覧いただき、まことにありがとうございました(●´ω`●)

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

コメント

  1. くーちゃん より:

    横典って本当に気まぐれですよねΣ(・□・;)
    皆さん52Kとはいえ右回りの初距離で、もしかしたら後方ポツンなんてことを考えて2番人気となったのかも???
    で、いきなりの逃げですか!!
    この結果を受けておそらく陣営は秋華賞を目標にするんでしょうね。

    クインズミラーグロは崩れないというかしぶといですね。ただ今回の馬体減はダメージ大きそうなので秋までお休みさせてほしいです(;´Д`)

    • KAUZ より:

      くーちゃんさん

      そうですねー、気まぐれ…というと簡単に処理できそうですが、色々と考えて、これが相当な作戦と見込んで実行してくるのでしょうね。

      秋華賞へは賞金が足りるはずなので、狙ってくるでしょうね。

      クインズミラーグロは、イケるときはグイグイ行くんですが、今回はなんとか滑り込んだという感じの走りでした。
      仰る通り、馬体減はマイナスでしょう。

      だけど、この時期マイナスであれば、ちょっとこれからも大変かもしれませんね。馬体重減は、しかし、牝馬で毎年のように悩まされる競走馬が出てきますね。
      牝馬の方が、性格的に敏感なのが多いのかなと感じますが、本当のところはどうなのかは分かりません笑

      また遊びに来てください!