クイーンカップ2014 予想と予想オッズ

スポンサードリンク

クイーンカップ2014 年2月18日東京競馬11R

やっはろー!!@KAUZです(*゚▽゚*)

本日東京競馬場にて行われるのは、デイリー杯クイーンカップですね。3歳牝馬によって争われるレースです。昨日行われた東京新聞杯で優勝したホエールキャプチャは3年前のこのレースを征していますね。3歳牝馬クラシックを占う上で、重要なレースになってくるのですが、自分の印象としては、最近ではあまりそこまで牝馬クラシックに直結するレースではないのかなという風にみています。そろそろ、このレースから牝馬クラシックのどれかでも征する馬が出てきても良さそうな気がするんですけどね。

クイーンカップ2014 予想オッズ

クイーンカップの馬券発売が当日の午前9時からということで、今現在オッズが表示されていません。というより、馬券が発売されていません。ということで、netkeiba.com様の予想オッズを少し引用させていただくと、1番人気はフォーエバーモアで2.0倍、マジックタイムが3.8倍、カノーロが6.2倍、デルフィーノが6.6倍とここまでが10倍を切るオッズですね。

ニシノアカツキが10.8倍で続き、10倍台はこの馬1頭で、20倍台にグリサージュ、サクラパリュールとなっているようです。後は大きく離されてのオッズだけに、ここでは掲載をしませんが、ニシノアカツキ辺りまでが人気の対象となっている印象を受けますね。

フォーエバーモアは阪神ジュベナイルフィリーズ3着の実績馬ですから、実際のオッズでも1番人気に支持されるのかなという印象を強く受けます。同レース6着(0.4差)のマジックタイムが3.8倍というのもある程度頷けるオッズですね。3番人気(予想オッズ)に支持されているカノーロは母ソニックグルーヴ、祖母エアグルーヴという良血を持つ馬ですね。そして父がディープインパクト。超良血馬と言わんばかりの血統だろうと私は思うわけですが、これはきっと皆さんもそう思われているはず。前走が牝馬限定の新馬戦でしたが、外を回って追い込み一騎炸裂というレースでしたね。その辺りの豪快さもウケているんだろうと思います。4番人気に支持されているデルフィーノは前走中山で行われた若竹賞(3歳500万条件)3着と結果だけを観ると少し印象が悪く映りますが、後ろから追い込んで、尚且つ進路を自分で作りながらの3着は前向きに捉えられると思います。器用さと豪快さを両立した前走だったかと思います。騎手が後藤浩輝騎手(今回はマジックタイム騎乗)から内田博幸騎手に乗り替わっているところが、ちょっと怖いかなと感じるんですけどね。

クイーンカップ2014 予想へと

それでは予想へと参りたいと思います。東京1600mで争われるこのレースに、今年は16頭が集まりました。今日も馬場の整備に時間を費やすしているところを観ると、やはり道悪条件は昨日と変わらないのかなと思いますね。良くても重馬場、回復次第では稍重で、良馬場開催とはいかないと思います。

それでは予想へと参りましょう!!

クイーンカップ2014 展開予想・予想はこう組み立てました。

今年のこのレースはスロー展開なんじゃないかなと思うんですよね。まだ3歳で使われたレースが少ないってのもあるんですけど、逃げ馬が全く見当たらないかなという印象ですよね。大外枠に入ったデルマサリーチャンが前走逃げたのは逃げたのですが、結果は奮っていません。ただ、先行はしていく馬なので、今日も積極的に先行はしそうですよね。以下続いてプレミアステイタスも先行していきそうですけど、この馬は中山競馬場向きかなという戦績ですよね。あとは人気を背負いそうなフォーエバーモア辺りも先行していきそうな気配を感じます。

後ろでごちゃごちゃして、気づけば前が残りまくりということも十分に考えられる展開だなと感じるのと、昨日の東京競馬場を見ていると、やはり全体的には前々が有利なのかなと思うので、その辺りを加味して前から競馬を進める馬たちにグリグリ印を回していきたいかなと思います。

クイーンカップ2014 予想はこうなりました

上にも書いたけど、重い印は先行勢やそれに取り付いて競馬を進めそうな、比較的前にいるにグリグリ回しています。道悪条件が良さそうな馬にも、印を回してみました。

クイーンカップ(GⅢ)
馬番 競走馬名
本命 デルフィーノ
対抗 フォーエバーモア
単穴 グリサージュ
連下 ニシノアカツキ
デルマサリーチャン

予想印を付け終えて

まぁこんなところではないかなと思うんですけど、連下のデルマサリーチャンはマジックタイムと置き換えてもいいかもしれませんね。一応、デルマサリーチャンは逃げる予想で逃げ残りに警戒しているだけなので、私はこちらを指名していますけど、マジックタイムは稍重馬場でも走っていますから、馬場への適性で言えばまだこちらの方がいいのかなと思いますね。また、ツクバアスナロは不良馬場を苦にしないのかなと感じさせますが、東京競馬場で行われたアルテミスステークスでは大敗、その前の不良馬場の中山牝馬未勝利戦を勝っている点と前走同競馬場で行われた菜の花賞4着の実績を考慮すると、東京競馬場が向いていない印象。なので、馬場を考慮しても印からハズしています。

注目はやはり本命に挙げたデルフィーノ。前走は負けはしたものの、自分的は凄い競馬をしたなというリプレイを行っているので、リプレイ的に選んでみました。自分の相馬眼が正しければ、勝ち負けには持ち込める!!……はず。

タイトルとURLをコピーしました