ラジオNIKKEI杯2歳ステークス 2013 予想

スポンサードリンク

2013年12月21日阪神競馬11RラジオNIKKEI杯2歳S

やっはろー!!ラジオNIKKEI杯2歳Sが行われますので、予想を組み立ててみました。是非、ご覧いただきたいと思います!!

予想へと

それでは時間も差し迫っていますので、簡単に予想を更新しておきます!!

展開予想・予想はこう組み立てました

逃げるのはセセリなのかなと感じます。同型の馬もいませんし、スローの流れに持ち込めるかどうかというところでしょうか。ただ、先行馬はある程度揃った感じを受けますので、極端なスローにはならないのかなと思います。

基本的に固いレースなのでそこまで踏み込まず、ここは軽めに勝負して、明日の有馬記念への軍資金を増やすのではなく、減らさない努力というのも大事な考えなのかなと自分に言い聞かせてみますww

予想はこうなりました

ラジオNIKKEI杯2歳S(GⅢ)
馬番 競走馬名
本命 サトノアラジン
対抗 セセリ
単穴 マイネルフロスト
連下 アズマシャトル
モンドシャルナ

予想印を付け終えて

単穴は単なる穴狙い。休養明けですが、調教では走っているので問題と見た。札幌2歳Sでは1番人気も、後方からの競馬となりました。スタートでちょっと跳ねた感じを受けるんですよね。この馬のダッシュ力というのが影を潜め、不良馬場というのが追い討ちをかけたのかなと思いますので、ここは見直してみたい、と思っていましたが、今日の京都は雨模様の天気予報。だけど、次を狙ってみたいなと思っていた1頭なので、ここは単穴に組み込んでみたいと思います。

本命のサトノアラジンも前走の東スポ2歳Sは1番人気に支持されていた馬。しっかりと最後まで伸びてはきましたが5着でした。距離を伸ばしての出走ですが、これはプラス材料と捉えて良さそう。叩いて良化している部分も当然あると思いますし、ここは1番人気ですが、本命に据えていきたいと思います。

対抗はセセリ。頼む、逃げ粘ってくれ。

連下はアズマシャトル。前走阪神競馬場で行われた500万条件千両賞2位。勝ったウインフルブルームは朝日杯FS3位でした。その千両賞、0.5秒差離されての2着ということで評価が難しいのですが、大きく負けることは考えにくいかなと思います。8番人気の低評価ですので、ここは狙ってみたいと思います。

モンドシャルナは言わずもがな。ディープインパクトを半兄に持つ馬ですが、重馬場のデビュー戦を差し切り勝ちですから、能力はあると思うんですよね。調教ではメンバー中1位かなと自分の中では思っているほど走っていました。ただ、ちょっと走りすぎのような気もするんですけどね。福永祐一騎手と角居調教師のコンビは、昨年のこのレースを征したエピファネイアと同じコンビ。虎視眈々と2年連続を狙ってそうですね。