札幌記念2017の予想

やっはろー!!@KAUZです(*゚▽゚*)

2017年8月20日に札幌競馬場で開催される第53回札幌記念の展開から導く競馬予想です。札幌記念は、距離2000m、出走頭数は13頭、発走時刻は15:45となっています。

さて、札幌記念と言えば、夏競馬のローカル開催唯一のGⅡレースということもあり、GⅠ馬の出走が目立つレースですね。天皇賞(秋)だけでなく、凱旋門賞を目指すメンバーの出走などもあるものですが、今年はGⅠレースで活躍している程度のメンバー構成で、例年に比べてちょっと注目度の低いレースになっちゃってる感じがしちゃいますね。

前日の正午近くのオッズではありますけど、1番人気はヤマカツエースで2.8倍、2番人気は5.8倍のマウントロブソンとツクバアズマオーが並んでいます。4番人気は大外枠となったエアスピネルで6.3倍です。エアスピネルは、武豊騎手からC.ルメール騎手へと乗り替わりになったことは注目されていますね。騎手を変えた方がいいのではないかというコメントも多く見られていたので、4歳の秋の大舞台前に決断を下したということでしょう。

ここからエアスピネルのオッズは、これから人気を集めていくのではないかと思うのですが、今現在4番人気ですか…。ちょっとオッズが自分が思ってたのと違うなぁという気がしますね。このままエアスピネルのオッズが4番人気の6.3倍近くでいくのであれば、エアスピネルのオッズが美味しいような気もしますね。敗れたとは言え、安田記念で0.2秒差の5着ですから、その点で見れば面白いオッズじゃないかなと思っています。

前書きはこのくらいにして、それでは印を打っていきたいと思います。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

展開と印はこう組み立てました

逃げ馬らしい逃げ馬は不在という印象ですが、ロードヴァンドールが積極的に前々にポジションをとりにいく競走馬。前走はマルターズアポジーにハナを譲ったものの、離れた番手を死守。レベルの差が大きかったのか、最下位で大敗となりましたが、逃げる競走馬を考えるとロードヴァンドールが筆頭となるでしょう。

先行勢を考えると、マイネルミラノやアングライフェン、ディサイファ辺りがポジションをとっていくでしょうか。その後ろにマウントロブソンやタマモベストプレイ辺りが追走していく形になると思います。

展開を考慮すると、そこまでハイペースに傾きそうなものは感じないですね。ロードヴァンドールはハイペースで逃げるタイプではないというのもありますが、2番手を進むであろうメンバーがそこまで積極的ではないというのがありますね。

少し傾向でも見ていきたいと思います。

過去10年のデータと傾向

そんでは、ダーッと記載しておきますので、必要だと思うデータや使ってみたい傾向などがありましたら、各自ご自由にお持ち帰りくださいませ。

【年齢】連対率では4歳馬に注目も、広く見て良さそう

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
3歳 1- 1- 1- 8 9.1% 18.2% 27.3%
4歳 4- 2- 2- 22 13.3% 20.0% 26.7%
5歳 3- 4- 4- 30 7.3% 17.1% 26.8%
6歳 2- 1- 1- 25 6.9% 10.3% 13.8%
7歳 0- 1- 2- 14 0.0% 5.9% 17.6%
8歳 0- 1- 0- 11 0.0% 8.3% 8.3%

今年は3歳馬の出走がありませんので、その他の年齢を見ていきましょう。

連対率で高い数字を残しているのは、4歳馬で、次に5歳馬の連対率が高くなっています。4歳馬と5歳馬だけをみると、4頭に1頭は3着内を確保しているというデータが出ているので、比較的馬券に絡んでいると言えるでしょう。

ただし、7歳以上は勝利はないものの、連には絡んでいますので、年齢だけで判断するのは危険かもしれませんね。

【枠番】中枠が良さそうも…そこまで差は感じない

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 1- 0- 1-13 6.7% 6.7% 13.3%
2枠 1- 1- 1-13 6.3% 12.5% 18.8%
3枠 1- 2- 4-11 5.6% 16.7% 38.9%
4枠 1- 3- 1-14 5.3% 21.1% 26.3%
5枠 2- 1- 1-15 10.5% 15.8% 21.1%
6枠 1- 1- 2-16 5.0% 10.0% 20.0%
7枠 2- 1- 0-17 10.0% 15.0% 15.0%
8枠 1- 1- 0-18 5.0% 10.0% 10.0%

連対率ベースでみると、3枠16.7%、4枠21.1%、5枠15.8%ということで、それなりに高い数字を残しています。

3枠については、複勝圏内率で38.9%ということで、3頭に1頭以上は馬券に絡んでいる計算となります。今年の3枠はヤマカツエース1頭のみということで、3頭に1頭となるのか、2頭となるのかは難しい判断となりますが、どうでしょうか。

【脚質】札幌競馬場ということで、逃げ先行馬が優勢

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
逃げ 3- 0- 0- 7 30.0% 30.0% 30.0%
先行 4- 5- 4- 29 9.5% 21.4% 31.0%
差し 2- 3- 5- 40 4.0% 10.0% 20.0%
追い込み 0- 1- 1- 41 0.0% 2.3% 4.7%
マクリ 1- 1- 0- 0 50.0% 100.0% 100.0%

ローカル競馬場ということもあり、小回りコースの札幌競馬場だけにあって、直線だけで競馬を行う追い込み馬には厳しい数字とも言えますね。差し馬でも差し届かないということは多々あるレースなのかなと思います。

【人気】なぜか5番人気が好成績

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 2- 5- 0- 3 20.0% 70.0% 70.0%
2番人気 2- 0- 2- 6 20.0% 20.0% 40.0%
3番人気 0- 0- 2- 8 0.0% 0.0% 20.0%
4番人気 1- 0- 3- 6 10.0% 10.0% 40.0%
5番人気 4- 2- 0- 4 40.0% 60.0% 60.0%
6番人気 0- 0- 0- 10 0.0% 0.0% 0.0%
7番人気 1- 0- 2- 7 10.0% 10.0% 30.0%
8番人気 0- 2- 0- 8 0.0% 20.0% 20.0%
9番人気 0- 0- 0- 10 0.0% 0.0% 0.0%
10番人気 0- 0- 0- 10 0.0% 0.0% 0.0%
11番人気 0- 0- 0- 10 0.0% 0.0% 0.0%
12番人気 0- 1- 0- 8 0.0% 11.1% 11.1%
13番人気 0- 0- 0- 9 0.0% 0.0% 0.0%
14番人気 0- 0- 1- 7 0.0% 0.0% 12.5%
15番人気 0- 0- 0- 6 0.0% 0.0% 0.0%
16番人気 0- 0- 0- 5 0.0% 0.0% 0.0%

ここ2年連続で5番人気の競走馬が優勝していますが、比較的活躍しているデータが残っています。2009年のタスカータソルテが15着に敗れていますが、他は1桁着順をキープしていて、過去10年のうち、8年は掲示板を確保している安定感のある5番人気馬です。

【前走クラス】オープン競走を走ったメンバーは凡走ばかり

前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1000万下 0- 0- 0- 2 0.0% 0.0% 0.0%
1600万下 0- 1- 0- 5 0.0% 16.7% 16.7%
オープン 0- 0- 0- 15 0.0% 0.0% 0.0%
GⅢ 7- 2- 5- 61 9.3% 12.0% 18.7%
GⅡ 0- 1- 0- 11 0.0% 8.3% 8.3%
GⅠ 3- 4- 5- 17 10.3% 24.1% 41.4%

勝ち馬はいずれも前走重賞レースに出走したメンバー。

少し目を向けたいのが、前走オープン競走だったメンバーです。15頭走っていずれも4着以下。というか、掲示板に載ったのが1頭だけの体たらく。今年はマウントロブソンが福島テレビオープンから参戦しますが、データ的には手が出しづらいかなと感じる1頭ですね。まぁ、マウントロブソンの前走のレースレベルがヤバいんじゃないか説がありますけどね。前走の上位勢が負け過ぎ感はある。

こんなところでしょうか。その他、乗り替わりの有無を観ると、殆ど変わりないないデータですね。乗り替わりあり【 5- 4- 1- 64】に対し、乗り替わりなし【 5- 6- 9- 53】で、連対率でやや乗り替わりなしの方が高くて、複勝圏内率で、前走から乗り替わりなしの方が高い数字を残しているのかな程度です。

それでは印を打っていきます。

予想の印はコチラ

第53回 札幌記念(GⅡ)
馬番 競走馬名
本命 ヤマカツエース
対抗 ロードヴァンドール
単穴 エアスピネル
連下 タマモベストプレイ
サウンズオブアース

印を付け終えて

ということで、本命にはヤマカツエースとしました。

さすがにここまでの成績を見てきて、ここで切るのはできないですよね。ってか、せめて対抗までには選びたい1頭ではないかなという位置づけにいるのではないでしょうか。

対抗にはロードヴァンドールにしました。これと言って目立つ1頭ではないのは事実ですが、今年の金鯱賞でヤマカツエースと0.2秒差の2着。もちろん、ヤマカツエースが休み明けの1戦であったこと。そして、ロードヴァンドール自体に展開が向いたことと、好走できた要因があったことはあったのは事実です。

大阪杯では大敗して最下位に沈みましたが、これが実力ではないと思います。休みを挟んで、追い切りの内容も良かったと思うし、ヤマカツエースに三度激突する今回は、リベンジレースとなりそうな気もします。

その他は妥当かなと思うところを選びました。サウンズオブアースの取捨が非常に難しい1戦となりそうではありましたけど、今回はメンバーを見て選択しました。さすがに海外帰りで休養が長かったとしても、ここでの大敗はないと思う。恐らく、きっと、メイビー。

ってなところで、札幌記念の予想を終わりたいと思います。最後までご覧いただきまして、まことにありがとうございました(●´ω`●)

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

コメント

  1. マル より:

    KAUZさん、おはようございます。そしてお久しぶりです。
    夏競馬は長年、負けが多いので、今年からあまりのめりこまない様に自粛しています。
    でも、こっそり函館記念、関屋記念など「記念」の付くのは勝っていますが、相変わらず当たりません(笑)。
    さて半地元、札幌記念は買わないと夏が終わりません。予想も似ているので。
    ◎3-③ヤマカツエース
    〇4-④ロードヴァンドール
    ▲4-⑤マウントロブソン
    △7-⑪アングライフェン
    △8-⑬エアスピネル
     ヤマカツとロードのコンビは春競馬「金鯱賞」で5万馬券をいただきましたので、ここは二匹目のどじょうを狙います。3連複10点と残り2頭からの総流し8点?です。
    それでは買われる方のご幸運を祈ります。

    • KAUZ より:

      マルさん

      こんばんは、コメントが遅くなりスミマセン。

      お久しぶりですね!
      あまり更新しなくなってしまったので、これではいかんと思いながらも、みんな愛想尽かしたのかなと思っとりました。笑

      記念が付くものは買っているんですか!?
      その心は?と聞きたくなっちゃいます笑

      ヤマカツエースが3着に残りましたが、難しい馬券となりましたね。
      夏競馬が当たらないというお話は北九州記念の方でやりましたが、これもご多分にもれずという感じですかね。

      しかし、堅いと言われていた札幌記念が、ここまで荒れるとは…競馬は分からんものですね。

      また遊びに来てください!

  2. くーちゃん より:

    逆立ちしても取れない馬券でした。
    ③ヤマカツは直線⑬エアを交わせば勝ちと思っていたかもしれませんが・・・
    ①サクラに豪快に外からあっという間に抜かされさらに②ナリタに差されるとは・・・

    エアは毎日→天皇賞秋ローテなんでしょうか!?ヤネはどうするんでしょうね!?

    • KAUZ より:

      くーちゃんさん

      こんばんは、コメントが遅くなりスミマセン。

      そうですねー、逆立ちしても獲れない馬券ですね笑
      ナリタハリケーンは狙えないなー。汗

      サクラアンプルールの脚は凄いものを感じましたが、これから活躍できるのかは未知数って感じですね。
      洋芝適正が高いという見方もできるし、次が試金石でしょうね。

      また遊びに来てください!