安田記念の予想を公開中(〃´・ω・`)ゞ

皐月賞2020の過去10年のデータと傾向

やっはろー!!KAUZ(@kauzw0o0w)です(*゚▽゚*)

2020年4月19日に中山競馬場で開催される第80回皐月賞の過去10年のデータと傾向をチェックしていこうと思います。

ひっさびさのデータ記事をお届け。もうやり方忘れたんじゃないかって思ったけど、案外指先が覚えているみたいで、すらすらと書くことができました。

しっかし、誰がクラシックを無観客で行うとか想像していたでしょうか。コロナ、ヤバい。今、接客業に転職したので、震えながら仕事しています。みんな諦めてる感じだけど、なんだっけ、男の人が感染すると子どもが作れなくなる可能性があるみたいなことも目にしたことがあるので、35歳独身の私からすると、そこが心配です。いや、もちろん、肺炎の症状も怖いんだけどさ。

色々と恐怖は感じますけど、ここ2日くらいは感染者の報告者が少ないので、気を緩めることは許されませんが、だけどこのまま患者数が少なくなればいいなと願うばかりです。

しかし、徳洲会病院から感染者が出たと言うのは、福岡市南部に住んでいる私からすると恐怖ですね。この辺だと、緊急搬送されると高確率で徳洲会に運ばれるので、そこがそういうことになると今後はどうなるんだろうという恐怖はありますね。

閑話休題。

今年の皐月賞は、GⅠ馬が2頭登場。ホープフルステークスを制したコントレイルと、朝日杯フューチュリティステークスを制したサリオスの2頭です。そこに無敗で弥生賞を制したサトノフラッグに、共同通信杯を制したダーリントンホールや共同通信杯でこけたものの武豊騎手とのコンビで登場するマイラプソディなど、今年は話題性が高い皐月賞となっています!先週の桜花賞も楽しみ(予想記事は挙げれなかったけど)でしたけど、牡馬路線も話題豊富でワクワクします。

それでは前書きがこれ以上長くなっても読者の方はついてこれないと思うので笑、さっそくですがデータをまとめて傾向をチェックしていきたいと思います。

スポンサードリンク

皐月賞の過去10年のデータをチェックしていきます

それでは各項目のデータをダッとチェックしていきたいと思います。対象のデータは、2009年から2019年までの10年間分です(2011年は東京開催のため除外)。

【所属】栗東所属の方が優勢な成績を残す

【騎手】全項目で栗東所属騎手の方が好成績

騎手分類着別度数勝率連対率複勝率
美浦 4- 0- 6-734.8%4.8%12.0%
栗東 6-10- 4-667.0%18.6%23.3%
外国 0- 0- 0- 60.0%0.0%0.0%

ほとんど同じ分母数ですが、単純に連対数のシェアで、美浦4連対に対して、栗東16連対と大きく差が開いています。基本的に栗東所属騎手の方が好成績と言えるでしょう。

※M.デムーロ騎手とC.ルメール騎手は、日本の騎手免許を持っているため栗東所属として計算しています。外国は、短期免許の外国人騎手のことを指しています。

【調教師】勝率は辛うじて美浦所属馬が優勢も、連対率では逆転される

調教師分類着別度数勝率連対率複勝率
美浦 4- 0- 3- 536.7%6.7%11.7%
栗東 6- 10- 7- 925.2%13.9%20.0%

勝率では美浦所属馬の方が優勢です。思い返せば、13年ロゴタイプ、14年イスラボニータ、15年ドゥラメンテ、16年ディーマジェスティと立て続けに美浦所属の競走馬が優勝を飾りました。

ただ、そのときだけで、それ以降はパタリと勝利から離れているので、近年の流れで言えばそうではないのかなという気もします。データ上ではというお話です。

内枠外枠の傾向をチェックすると、内過ぎると厳しいか

【枠番】全体的に外枠優勢のデータ

枠番着別度数勝率連対率複勝率
1枠 1- 0- 0-185.3%5.3%5.3%
2枠 1- 2- 1-165.0%15.0%20.0%
3枠 0- 1- 1-180.0%5.0%10.0%
4枠 2- 2- 1-1510.0%20.0%25.0%
5枠 0- 1- 2-170.0%5.0%15.0%
6枠 2- 0- 3-1510.0%10.0%25.0%
7枠 2- 2- 1-237.1%14.3%17.9%
8枠 2- 2- 1-237.1%14.3%17.9%

分母の数が違うとは言え、7枠が4連対、8枠が4連対と、安定して高連対数となっています。連対率では2枠と4枠に負けていますが、内枠・中枠・外枠で見ると、悪くはない成績です。外枠だから割引きとは考えなくていいでしょう。

【馬番】最内1番は馬券外ばかり

馬番着別度数勝率連対率複勝率
1番 0- 0- 0-100.0%0.0%0.0%
2番 2- 0- 0- 820.0%20.0%20.0%
3番 0- 1- 0- 90.0%10.0%10.0%
4番 0- 1- 1- 80.0%10.0%20.0%
5番 0- 1- 0- 90.0%10.0%10.0%
6番 0- 0- 1- 90.0%0.0%10.0%
7番 2- 2- 1- 520.0%40.0%50.0%
8番 0- 0- 0-100.0%0.0%0.0%
9番 0- 1- 0- 90.0%10.0%10.0%
10番 0- 0- 2- 80.0%0.0%20.0%
11番 1- 0- 2- 710.0%10.0%30.0%
12番 1- 0- 1- 810.0%10.0%20.0%
13番 1- 0- 0- 910.0%10.0%10.0%
14番 1- 2- 0- 710.0%30.0%30.0%
15番 0- 0- 1- 90.0%0.0%10.0%
16番 1- 1- 0- 711.1%22.2%22.2%
17番 0- 1- 0- 70.0%12.5%12.5%
18番 1- 0- 1- 612.5%12.5%25.0%
偶数 6- 4- 6-716.9%11.5%18.4%
奇数 4- 6- 4-744.5%11.4%15.9%
大外 1- 0- 1- 810.0%10.0%20.0%

最内の1枠1番はこの10年で馬券になっていません。一方で、大外枠番は馬券になっていますし、フルゲートの方が成績がいいので、その辺は覚えておいていいかも。マイナス要素ではないということですね。

【脚質】先行か差し馬か

脚質上り着別度数勝率連対率複勝率
逃げ 0- 0- 1- 120.0%0.0%7.7%
先行 2- 4- 4- 236.1%18.2%30.3%
差し 8- 3- 4- 679.8%13.4%18.3%
追い込み 0- 3- 1- 430.0%6.4%8.5%

極端な脚質、逃げや追い込みは未勝利となっています。先行馬は連対率と複勝圏内率が高めですが、シェア数では差し馬もなかなか。極端な脚質ではなければというところでチェックしておきたいと思います。

単勝オッズの傾向をチェックしていきます

【単勝人気】1番人気は連対率40.0%と不安定な成績を残す

人気着別度数勝率連対率複勝率
1番人気 3- 1- 1- 530.0%40.0%50.0%
2番人気 1- 3- 0- 610.0%40.0%40.0%
3番人気 2- 1- 3- 420.0%30.0%60.0%
4番人気 1- 2- 2- 510.0%30.0%50.0%
5番人気 0- 0- 0- 100.0%0.0%0.0%
6番人気 0- 1- 0- 90.0%10.0%10.0%
7番人気 1- 0- 0- 910.0%10.0%10.0%
8番人気 1- 1- 2- 610.0%20.0%40.0%
9番人気 1- 1- 0- 810.0%20.0%20.0%
10番人気 0- 0- 0- 100.0%0.0%0.0%
11番人気 0- 0- 1- 90.0%0.0%10.0%
12番人気 0- 0- 1- 90.0%0.0%10.0%
13番人気 0- 0- 0- 100.0%0.0%0.0%
14番人気 0- 0- 0- 100.0%0.0%0.0%
15番人気 0- 0- 0- 100.0%0.0%0.0%
16番人気 0- 0- 0- 90.0%0.0%0.0%
17番人気 0- 0- 0- 80.0%0.0%0.0%
18番人気 0- 0- 0- 80.0%0.0%0.0%

上位人気馬がことごとく勝てないレースとも言えそう。それでも複数回優勝しているのは1番人気と3番人気と上位人気馬となっています。

しかし、1番人気の連対率40.0%と安定感はないです。複勝圏内率も、1番人気から4番人気までほとんど一緒の50.0%前後となっています。人気馬だから安心ということはないのでは。

【オッズ分布】意外と穴馬・伏兵馬も活躍している皐月賞

単勝オッズ着別度数勝率連対率複勝率
1.5~ 1.9 1- 0- 0- 150.0%50.0%50.0%
2.0~ 2.9 1- 0- 1- 225.0%25.0%50.0%
3.0~ 3.9 1- 5- 0- 410.0%60.0%60.0%
4.0~ 4.9 1- 0- 1- 050.0%50.0%100.0%
5.0~ 6.9 2- 0- 2- 620.0%20.0%40.0%
7.0~ 9.9 1- 2- 1- 97.7%23.1%30.8%
10.0~14.9 1- 1- 0- 711.1%22.2%22.2%
15.0~19.9 0- 0- 1- 90.0%0.0%10.0%
20.0~29.9 1- 1- 2- 126.3%12.5%25.0%
30.0~49.9 1- 0- 1- 194.8%4.8%9.5%
50.0~99.9 0- 1- 1- 310.0%3.0%6.1%
100.0~ 0- 0- 0- 450.0%0.0%0.0%

単勝オッズ30倍台(ディーマジェスティの30.9倍)の競走馬が優勝するなど、穴馬の激走もみられる皐月賞。2着3着にも激走馬が現れるなど、色々と伏兵馬の活躍もあるレース。あまり人気にとらわれることなく、広い目で競走馬を見ていくことと、自分を信じて馬券を買うってことに集中したいレースでもあります。

ローテーションなどから皐月賞の傾向を探ります

前走のレース結果などから、今回の傾向を探っていきたいと思います。

【前走クラス】前走重賞以外のレースに出走したメンバーは未勝利

前走クラス着別度数勝率連対率複勝率
1勝 0- 0- 0- 80.0%0.0%0.0%
オープン 0- 3- 1- 270.0%9.7%12.9%
GⅢ 5- 1- 4- 3511.1%13.3%22.2%
GⅡ 4- 5- 5- 734.6%10.3%16.1%
GⅠ 1- 0- 0- 0100.0%100.0%100.0%

前走重賞以外のレースに出走したメンバーは【 0- 3- 1- 39】という成績になっています。基本的に昇級馬は馬券に絡んでいません。前走オープン以上に出走したメンバーにまずは注目するレースです。

そして、前走重賞以外のレースに出走したメンバーは未勝利となっています。重賞出走馬を中心にチェックしていけば良さそう。

【前走レース名】共同通信杯と相性がいい

前走レース名着別度数勝率連対率複勝率
共同通信杯 4- 0- 1- 733.3%33.3%41.7%
スプリングS 3- 1- 2-377.0%9.3%14.0%
弥生賞 1- 4- 3-352.3%11.6%18.6%
毎日杯 1- 0- 0-118.3%8.3%8.3%
ホープフルS 1- 0- 0- 0100.0%100.0%100.0%
若葉S 0- 3- 1-180.0%13.6%18.2%
アーリントンC 0- 1- 0- 10.0%50.0%50.0%
若葉S(L) 0- 1- 0- 00.0%100.0%100.0%
京成杯 0- 0- 2- 20.0%0.0%50.0%
きさらぎ賞 0- 0- 1- 70.0%0.0%12.5%

共同通信杯組は、単勝回収値397円、複勝回収値106円と、共同通信杯組を狙い続けるとプラスになっているこの10年。とくに、共同通信杯1着馬は【 3- 0- 1- 3】という成績で、単勝回収値615円、複勝回収値155円ですので、とりあえず共同通信杯1着馬は狙うべきなレースです。
今年はダーリントンホールが該当していますので、とりあえずは買っとけという感じですかね。

【前走距離】距離延長組が優勢

前走平地距離着別度数勝率連対率複勝率
同距離 2- 8- 6- 562.8%13.9%22.2%
今回延長 8- 2- 4- 759.0%11.2%15.7%
今回短縮 0- 0- 0- 140.0%0.0%0.0%
1200m 0- 0- 0- 10.0%0.0%0.0%
1400m 0- 0- 0- 10.0%0.0%0.0%
1600m 0- 1- 0- 50.0%16.7%16.7%
1800m 8- 1- 4- 689.9%11.1%16.0%
2000m 2- 8- 6- 562.8%13.9%22.2%
2200m 0- 0- 0- 140.0%0.0%0.0%

前走からの距離の増減を見ると、今回延長してきたメンバーが好成績を残しています。ただ、連対率では13.9%と同距離組が優勢となっています。

勝ちきるには延長組を狙い、2着以下は同距離組を狙うというのは、考えすぎでしょうか。

【乗り替り】前走と同騎手組が優勢だが、乗り替りでも問題ないと言えば問題ない

前走騎手着別度数勝率連対率複勝率
同騎手 6- 8- 6- 875.6%13.1%18.7%
乗替り 4- 2- 4- 585.9%8.8%14.7%

勝率では乗り替りは関係ない感じですけど、連対率ベースでみると前走と同騎手の方が好成績を残しています。

まぁ日本ダービーみたいなレースになると、乗り替りがマイナスって感じですけど、皐月賞なら問題ない気もしますね。あまり気にしすぎるのもどうかなと思います。

【前走着順】勝ち馬は絶対に連対している

前確定着順着別度数勝率連対率複勝率
前走1着 8- 5- 5- 4911.9%19.4%26.9%
前走2着 2- 3- 2- 275.9%14.7%20.6%
前走3着 0- 0- 2- 210.0%0.0%8.7%
前走4着 0- 2- 0- 100.0%16.7%16.7%
前走5着 0- 0- 0- 60.0%0.0%0.0%
前走6~9着 0- 0- 1- 230.0%0.0%4.2%
前走10着~ 0- 0- 0- 90.0%0.0%0.0%

皐月賞の勝ち馬は、前走必ず連対しているとも言えるデータがでています。マイラプソディには危険信号が出ていると言えるでしょう。

【前走人気】前走上位人気馬が活躍している傾向

前走人気着別度数勝率連対率複勝率
前走1人気 6- 7- 5- 2713.3%28.9%40.0%
前走2人気 2- 1- 2- 246.9%10.3%17.2%
前走3人気 1- 0- 1- 185.0%5.0%10.0%
前走4人気 0- 1- 0- 180.0%5.3%5.3%
前走5人気 0- 1- 2- 160.0%5.3%15.8%
前走6~9人 1- 0- 0- 362.7%2.7%2.7%
前走10人~ 0- 0- 0- 60.0%0.0%0.0%

前走の人気別の成績を見ると、前走1番人気の競走馬が圧倒的な成績を残しています。ちなみに、前走1番人気で1着だった競走馬は【 5- 4- 3- 21】で、連対率27.3%で、複勝圏内率36.4%となっています。

皐月賞のオカルトチックなデータのコーナー!

ここでは、なんでか知らんけどこういうデータもあるよってところでチェックしています。

【前走枠番】2枠と7枠、8枠だった競走馬は未勝利だし、2枠は死の枠に

前走枠番着別度数勝率連対率複勝率
1枠 1- 0- 2-184.8%4.8%14.3%
2枠 0- 0- 0-160.0%0.0%0.0%
3枠 3- 1- 1-1813.0%17.4%21.7%
4枠 3- 0- 1-1120.0%20.0%26.7%
5枠 1- 1- 0-155.9%11.8%11.8%
6枠 2- 3- 2-197.7%19.2%26.9%
7枠 0- 2- 0-230.0%8.0%8.0%
8枠 0- 3- 4-250.0%9.4%21.9%

前走の枠番別の成績をチェックすると、2枠だったメンバーは1頭も馬券内に入っていません。

これを信じると、コントレイルは前走2枠だったんですよねー。どうなんでしょうかね。オカルトですからね…。

【生月】1月生まれは未勝利

生月着別度数勝率連対率複勝率
3月生 6- 4- 5-519.1%15.2%22.7%
5月生 2- 1- 1-1610.0%15.0%20.0%
2月生 1- 2- 1-362.5%7.5%10.0%
4月生 1- 2- 1-302.9%8.8%11.8%
1月生 0- 1- 2-110.0%7.1%21.4%
6月生 0- 0- 0- 10.0%0.0%0.0%

活躍しているのは3月生まれと5月生まれ。

しかし、1月生まれは未勝利となっています。複勝圏内率は上位にいるので難しいですが、1月生まれが未勝利ってジンクスだったような気がする。どうだったっけ?笑

【毛色】栗毛は未連対

毛色着別度数勝率連対率複勝率
黒鹿 5- 1- 4-419.8%11.8%19.6%
鹿毛 4- 9- 3-625.1%16.7%20.5%
芦毛 1- 0- 0-118.3%8.3%8.3%
栗毛 0- 0- 1-190.0%0.0%5.0%
青鹿 0- 0- 1- 90.0%0.0%10.0%
青毛 0- 0- 1- 30.0%0.0%25.0%

まぁこんな感じ。栗毛の競走馬が活躍していないので、そこは注意した方がいいのかも…。サリオスは栗毛なんですよね…。

皐月賞2020の傾向まとめ

さて、色々な項目をチェックしていきました。そのため、どの競走馬もマイナス要素があるのかな、そんな感じになっていますね。

マイラプソディには厳しいデータが出ているんかなという感じはするので、データ上はマイナス要素が多いのかなと思います。

意外なところでは、ヴェルトライゼンデはデータ上は楽しみが多いのかなと思います。ダーリントンホールも面白いのですが、札幌2歳ステークスと葉牡丹賞がなぁ…という感じ。データ上とは違うけど。

コントレイルも当然面白いんですけどね。ローテーションもホープフルステークスから直行ならサートゥルナーリアと同じですもんね。とくに問題はないのかなと思います。

そんなところでしょうかね。ってなところで、皐月賞のデータを終わりたいと思います。最後までご覧いただきましてまことにありがとうございました(●´ω`●)ゞ

コメント

  1. くーちゃん より:

    kauzさん コンニチハ(*^-^*)

    データー更新ご苦労様です。(@_@)
    1枠①番の優勝は26年前が最後なんですよね。流石に厳しそうですが・・・
    本日夜から明日にかけての雨予報。どこまで芝が悪くなるのか・・・(´;ω;`)
    やはり距離損しても外回しした方が良いんでしょうかね。

    月末からの連休に県外ナンバー来てほしくないですよね(; ・`д・´)

    • KAUZ より:

      くーちゃんさん

      こんばんは、コメントありがとうございます!

      1枠1番はそこまで無理でしたか…。思い切って切るのもいいかもしれませんよね。逆張りするしかないですよね。

      雨はどこまで影響を与えるのかなぁと思いますけど、どうですかね…。

      明日はずっと晴れるので、回復するかなぁ…。

      パンパンの良馬場ということはないでしょうね。

      福岡在住なので身なので、県外ナンバーを観ると、逆になにしにきてんの、こんなときにって思います笑

      また遊びに来てください!

  2. マル より:

     KAUZさん、こんにちは。お久しぶりです。何時もデーターありがとうございます。
    桜花賞は直前までディープ産駒なので、アスカを押さえていたのですが買い切れませんでした。今週も又、最悪「重」、最良でも「稍重」でしょうか。
     それにしても新馬戦1勝馬、ダートから芝1回使い、この2頭気になりますね。特に⑦ー14キメラ鞍乗が逃げ宣言?更に1勝馬の②-4も多分逃げに近い先行ですから、この2頭に有力馬3頭も先行。道悪だったら、このままごちゃごちゃな決まり目になりそうですね。結局3着荒れかな?と考えてしまいます。
    JRAGⅠヘッドライン。
    「伝説に挑め、譲れぬ春一冠から歴史は動く。」だそうです。多分ディープとオルフェーブルを指しているのかな?結局勝つのはディープ産駒でしょうか(笑)。
     又来ますね。

    • KAUZ より:

      マルさん

      こんばんは、コメントありがとうございます!

      いつもデーター、と言いますが、今年初です笑

      もっと頑張ります笑

      やっぱりそれだけ雨降ってたんですね。今日のレースをまだ見直してないし、天気予報を観てなかったのでわかりませんが、明日は晴れる予報なのでどうでしょうかね。

      なんだかんだのディープインパクト産駒ですからね。

      ヘッドライン的にも伝説に挑めなので、過去の名馬を彷彿とさせますよね。

      皐月賞、楽しみましょう!

      また遊びに来てください!

タイトルとURLをコピーしました