シンザン記念2015の予想

やっはろー!!KAUZです(*゚▽゚*)

土曜日東西メイン、残念ながら、またまたハズレてしまった。2014年から訪れたこの苦境、なんとしても乗り越えなくちゃ(ノД`)・゜・。

そういえば、関東の方には影響がないのかなと思いつつ、土曜日の競馬番組、福岡はKBS京都が制作するうまDOKIが放映されているんですけど、メインが細川茂樹さんに変わっていました。今まで今井りかさんがメインを務めていたんですけど、結婚の影響なのか降板となりました。まぁ結婚はおめでたいことですからね。ファンは非常に残念ではあるんですけどね…。

だけど、丁度チャンネルを変えたときはレースの終盤が放映されていたんですけど、そこからスタジオに切り替わるとスッゴイ違和感しか感じませんでしたね。笑 役作りなのか、やや髪の長い髪の毛も気になりました。もう少し爽やか系やと思ってたんよ。

さて、その細川茂樹さん、寿ステークスで馬連2万の配当を1通り2000円買いしていて見事的中。約40万の配当を受け取った訳ですよ。

初め”馬の王子様の予想、こりゃダメだと”予想を見たときは細川茂樹さんをハナで笑ってたけど、結果が終わるとテレビの向こうが笑ってた(´・ω・`)

と、まぁこんな感じの土曜日を過ごしていました。ではシンザン記念の予想です。本当に絶不調なので、公開するのはお見苦しいのではありますが、見方は色々とあると思います。

そろそろ”逆神”のKAUZ-デスブログ-にでも、ブログ名を変えようかな。

スポンサードリンク

展開と印はこう組み立てました

冗談はこのくらいにしつつ、予想を組み立てていきたいと思います。

ハナを主張するのはレンイングランドとみて良さそう。ではあるんですけど、基本的に今日の出走メインバーは出たとこ勝負感が強いですね。出遅れたりスムーズに発馬できたりと繰り返しているという競走馬が多いなと感じました。

先行勢を見ていくと、サトノフラム、クインズロンペールメイショウマサカゼ、グァンチャーレ、ダッシングブレイズ辺りが先行していきそうですが、ロードフェリーチェもスムーズに出られたら先行していきそう。

ややペースが上がるのかなと思いつつも、平均ペースに近いところでのレースになるのではないかなと見ています。前半半マイル47.3秒くらい、前半1000mは59秒フラット程度じゃないかなと見ています。

内枠が有利ってことは、シンザン記念の過去10年のデータ傾向にて書かせていただいたんですけど、5枠6枠7枠は苦戦気味で、総じて外枠は苦戦傾向。8枠は2頭の優勝馬が出ている枠も、過去10年で馬券に絡んだのはその2頭のみといいのか悪いのか判断しかねる部分。

追い切りはグァンチャーレの栗東坂路【 52.3- 37.8- 24.4- 12.0】がかなりよく見えました。調教映像を観たんですけど動きはよかったですね。枠はちょっと残念ではありますが、武豊騎手がもう一度乗りたいとお願いして騎乗するだけに恥ずかしい競馬はできないはず。なんとしても連に絡んで賞金加算は最低限の仕事だと腹は括ってくるでしょう。

逆にナヴィオンは気になりますね。4馬身程相手を先行させての最終追い切りでしたが【 53.3- 39.5- 26.3- 13.4】で最後まで伸びきれず。併せ馬の予定が終始単走追い切りみたいな形に。併せた競走馬もそこまで強く追っている印象はなかったので、直前になって嫌な雰囲気、危険な人気馬の予感が漂ってきましたね。

予想の印はコチラ

第49回シンザン記念(GⅢ)
馬番 競走馬名
本命 グァンチャーレ
対抗 レンイングランド
単穴 ダッシングブレイズ
連下 サトノフラム
ノースストーム

印を付け終えて

ということで、本命にはグァンチャーレを指名します。この1週間、いいなぁいいなぁと見ていたし、最終追い切りもよかったので、素直に自分の感性を信じて。

対抗にレンイングランド。結構データ的に逃げ切り、逃げ残りが期待出来るレース。逃げるのは恐らくレンイングランドだと思うので、対抗ですがやや押さえてきな雰囲気。

単穴は今日は3番手評価、イエスタカス…間違えた、ダッシングブレイズを。上位3頭中2頭が7枠ということで、この時点でデータ的に疑問符も、前走惜しかった部分はありますが、前走こうやまき賞を勝ったブリクストは、ききょうステークスでナヴィオンに1/2馬身まで迫った競走馬で、そのブリクストと前走着差のない勝負ができたのは好印象ですね。

連下には1枠2枠に先行馬とまぁ出遅れてもデータ的に50%で馬券になってるしなという形で、サトノフラムノースストームを選びました。

ということで、シンザン記念の予想を終わりたいと思います。最後までご覧いただきまして誠にありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました