しらさぎ賞2018の予想は、さすがにコーリンベリーが突き抜けるでしょう

スポンサードリンク

やっはろー!!KAUZです(*゚▽゚*)

2018年4月25日に浦和競馬場にて開催される第56回しらさぎ賞の展開から導く競馬予想です。
しらさぎ賞は、距離1400m、出走頭数は12頭、発走時刻は16:35です。

さて、浦和競馬場の新スタンド写真がTwitterで賑わっていました。

Twitter公式サービスから引用させていただいております。

ただ、残念なことに、新2号スタンドからは1コーナーは見えないんだと。特等席は業務棟が牛耳るというこの暴挙。
まぁ浦和競馬場は行ったこともないんだけどね。笑

だけど、南関競馬で一人負け(実際はどうなのかは知らんけど)みたいな競馬場やったし、とりあえずコースの拡幅工事なんかもあるし、2019年11月4日のJBC競走へ向けて着々と準備を整えている、そんな状況ではないかなと思います。

大型ビジョン(浦和ビクトリービジョン)の新調、スタンドや競馬場にある馬房の改修・改善計画などが進められる中、大井や川崎で行われた近年のJBCの視察も重ねました。それだけに「関係者の方からもJBCを浦和で、という声があがっていましたので、JBC招致は悲願でした」。

最古の競馬場の悲願 19年JBCは浦和開催

上記の記事では、3万人収容の浦和競馬場を、JBC当日は3万人入れることが目標とも語られています。
JBC当日はどんな盛り上がりを見せるのかも楽しみですね。

と、話しが飛んでしまいましたが、明日のしらさぎ賞の話題をば。

前日オッズに目を向けると、転厩初戦のコーリンベリーが断然の1番人気になっています。1.4倍と超人気です。
2番人気はコスモフットライトで3.9倍なんですけど、こちらはなんで人気になっているんかなという感じですかね。まだあまり馬券が売れていないっぽいので偏っているだけなのかなと思いますけど、だけど3.9倍というのもなぁ。

以下、3番人気がニシノラピートで10.4倍で、4番人気がラーゴブルーの10.5倍となっています。1桁オッズは上記の2頭だけで、3番人気以降は2桁人気ということですけど、コーリンベリーが人気を吸っているのかなという感じです。

コーリンベリーは長期離脱なんかもありましたけど、2015年のJBCスプリントを制していますからね。
斤量は牝馬なのに58.0kgを背負うということになっています。久々のレースでこれは厳しいのではないかなと思うんですけど、周りのメンバーを見てもピンッと来るメンバーではないので、コーリンベリーを信じるほかないって感じにも見えちゃいます。

まぁ迷わず本命はコーリンベリーとしちゃいましたけど笑、早速印を打っていきたいと思います。

展開と印はこう組み立てました

久々の分どうかなと思うんですけど、コーリンベリーが逃げ切りを図るでしょう。出脚の速さだけは地方馬に差をつけられる唯一の武器みたいなところもありますから、そうやって乗ってくるはずです。

2番手のところにスターインパルスやコスモフットライト、ニシノラピートも大外から内へ切り込みながらポジションを取ってくるはずです。
スタート直後は前に行きそうなメンバーが揃いましたが、ここはコーリンベリーが行っちゃうんじゃないかな。

ペース的には少々厳しいかもしれないですけど、このメンバーですからね。
この斤量でも逃げ切って欲しいなという願いも込めて。

予想の印はコチラ

第56回 しらさぎ賞(SⅢ)
馬番 競走馬名
本命 コーリンベリー
対抗 ファイトユアソング
単穴 ラーゴブルー
連下 ニシノラピート
アップトゥユー

印を付け終えて

ということで、圧倒的人気馬を本命指名しつつも、それ以降は混戦やなってことでいつものように5頭に印を打たせていただきました。

メンバー的にはコーリンベリーが圧勝してる姿しか浮かばないんですけど、58.0kgの斤量で逃げ切れるかどうか。
そこだけが心配です。

印を回したメンバーは、基本的にはコーリンベリー以外は後方勢から脚を伸ばすメンバーを中心にしています。
ただ、ニシノラピートに関しては、前残りも意識したいかなと思いますので、連下にですが選びました。

ってなところで、しらさぎ賞の予想を終わりたいと思います。最後までご覧いただきまして、誠にありがとうございました(●´ω`●)