スマイルジャックが引退 11月3日に川崎競馬場で引退セレモニー

スマイルジャック引退

画像は、山崎尋美厩舎『Hiromi Racing』公式サイト内掲示板のスクリーンショット。

スポンサードリンク

スマイルジャックが引退

やっはろー!!KAUZです。

今日はショッキングなニュースが流れてきました。

2008年のスプリングSなど重賞3勝を挙げたスマイルジャック(牡9、川崎・山崎尋美厩舎)が引退することが、現在所属する川崎の山崎尋美厩舎のホームページで明らかにされた。

2008年のスプリングSなど重賞3勝を挙げたスマイルジャックが引退 ―netkeiba.com

上記の画像の通り、昨年に川崎競馬場へ転厩となった時も衝撃を受けたのを覚えています。だけどその時は引退せずに競走馬生活を続けるのかと嬉しい反面、種牡馬への道は閉ざされたのかなぁと、スマイルジャックの血が残らないものかなぁと悲しさを感じたのを覚えています。

だけど、何より引退まで怪我をすることなく、無事に競走馬生活を終えたことがファンとしては嬉しい限りです。

今後は北海道で余生を過ごすとのこと。JRA時代に所属していた小桧山悟調教師が次の生活の拠点を探しているようですね。自分も含め、ファンの多い競走馬の1頭だと思っています。やはり記憶にあるのは日本ダービーでしょう。2年連続安田記念3着なんかもありましたけど、ファンとしては日本ダービーの2着の激走が、しかしながらこの馬の実力だとも思っていると思います。

あまり批判的な事は書きたくないのですが、この馬のお陰で三浦皇成騎手は成長できたと思っているし、安田記念での騎乗はやはり悔やまれる。デビュー戦で跨った柴田善臣騎手或いは小牧太騎手のどちらか、東京新聞杯とマイラーズCを続けて3着に導いた岩田康誠騎手が変わらずに乗ってくれていたらと思う部分も同時に感じています。

12年の東京新聞杯で横山典弘騎手が終始ポツンをしていたのは衝撃でした。2度とスマイルジャックと関わるなと憤りを感じたのを覚えています。今となれば、スマイルジャックのことを思っての騎乗だったんでしょうけど、当時は怒りで震えたもん。

が、ここ3年くらいは先行してからという競馬が出来ずにゲートで出遅れ、後方を追走している姿をよく思いだします。前々走の岩手県知事杯OROカップでは上がり最速で走っており、やっぱり芝だと走るんじゃないかなと思いましたが、前走OROターフスプリントでは出遅れていいところなく終わってしまいました。

北海道へ行ったら会うことは出来るんだろうか。今まで過去に2回北海道に旅行で行っているんだけど、実は競走馬を間近で見たことがないんだけど、見ることが出来るなら、触れることが出来るならば、1度くらいは間近でスマイルジャックに会ってみたい。

んで、川崎競馬場の山崎厩舎に転厩して、結果という結果を残していないにも関わらず、スマイルジャックの引退セレモニーが行われるそう!!やっぱりスマイルジャック人気の影響かなと思います(●´ω`●)

福岡在住なので、出来ればネット中継で映して欲しいのが私の希望なんだけど、まぁないんだろうな。YouTubeとかに動画を上げてくれないかな。そもそもスマイルジャックは来るんだろうか。

初めてってくらいの勢いで、九州に引っ越したことを悔やんでる(´・ω・`)

だけど、今まで一生懸命に走ってくれて、本当にありがとう。ごゆっくりと余生を過ごしてください。

タイトルとURLをコピーしました