スパーキングレディーカップ2017の予想

やっはろー!!@KAUZです(*゚▽゚*)

2017年7月6日に川崎競馬場で開催される第21回スパーキングレディーカップの展開から導く競馬予想です。スパーキングレディカップは、距離1600m、出走頭数は12頭、発走時刻は20:10となっています。

さて、台風が通り過ぎて何事もなくホッとしていましたが、今度は梅雨前線が影響して、福岡は大雨に見舞われています。

幸い私の住むところは、一時は雨脚が強いなぁという程度。昨夜から雷がずっと鳴り響いていますが、雨そのものはそこまでではないです。

しかし、同じ福岡県内でも、朝倉辺りは凄い雨に見舞われているとのこと。現時点で行方不明者が十数名出ているとのことですので、どこか高台で身の安全を守ってて連絡がつかないだけだったということになればいいなと願うばかりです。

私が神奈川にいるときに、北部九州が豪雨に見舞われて、大分県になるのかな、耶馬渓が水没してると言っていいのか、濁流で流されているというのが正しいのか分かりませんが、丁度、帰福して耶馬渓に行ったあとくらいだったので、オイオイって思ったのを覚えています。

場所にもよるのでしょうが、そのときよりも酷い雨ということで、雨雲が停滞している辺りにお住まいの方は最大のご注意を払ってください。

そして、午前3時過ぎて、今度は長崎県壱岐周辺の雨が凄いみたいですね。あとは、大牟田の方も特別警報が出たみたいなので、福岡県の南部の方が酷いのかなという風に思います。

これ以上の被害が出ないことを切に願うばかりです。

さて、スパーキングレディカップの話題へと話を戻したいと思います。

JRAからは、ホワイトフーガとタイニーダンサー、アンジュデジール、サクラフローラの4頭が参戦してきました。

しかし、迎え撃つ地方勢も、兵庫のトーコーヴィーナスはレディスプレリュードで2着の実績があり、そして大井所属のララベルはマリーンカップで2着の実績と強力です。

注目馬としては、その辺りになるのかなと思いますが、トーコーヴィーナスが最内からのスタートということで、その辺りは好走条件は整ったのかなとみることができますね。枠順を見て、面白いレースになりそうだなという気がしちゃいます。

それでは印を打っていきたいと思います。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

展開と印はこう組み立てました

ハナを主張していくのは、最内のトーコーヴィーナスとみていいでしょう。JRA馬にも負けない先行力が自慢ですので、スタートからかっ飛ばしていくことに違いない。

ララベルは番手での競馬もできる1頭ですので、無理には行かないでしょう。3番手のところにタイニーダンサー、この圏内に外からサクラフローラが追走し、アンジュデジールやホワイトフーガは先行勢の底辺りでレースを進めるのではないでしょうか。

スタートしてポジション争いがやや激しくなりそうな雰囲気もありそうですが、1角に突入するころには落ち着くでしょう。川崎競馬場を考えても、3角手前でレースが動き出して、4角で5番手以内を走る競走馬を狙って、あとは突っ込んでこれそうな競走馬がいればフォローしてというところでしょうか。

予想の印はコチラ

第21回 スパーキングレディーカップ(JpnⅢ)
馬番 競走馬名
本命 ホワイトフーガ
対抗 ララベル
単穴 トーコーヴィーナス
連下 アンジュデジール
サクラフローラ

印を付け終えて

ということで、本命にはなんの捻りもなくホワイトフーガで。個人的にはここでは間違いなく勝てると思っているんですがどうでしょうか。先行勢が多い中で、狭い川崎競馬場で捌ききれるのかという点だけが心配点ではあるんですけど、まぁ外を回っても勝てるでしょ。

対抗にはララベルを。内枠が欲しかったとは思うんですけど、前走を見たら買わざるを得ないかなと思いますね。レディスプレリュードでも好走しているように、ここでも善戦は可能。ただ、勝ち切れるイメージが湧かないだけに、対抗でも2着以下という感じです。

単穴にはトーコーヴィーナスを。オッズがどっちに転ぶかは分かりませんが、あるとしても複穴かなという印象で選んでいます。ただ、最内の逃げ馬なので、抑えておいていいとは思いますね。

連下にはアンジュデジールサクラフローラの2頭を選択しました。

ってなところで、スパーキングレディカップの予想を終わりたいと思います。最後までご覧いただきまして、まことにありがとうございました(●´ω`●)

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ