スプリンターズステークス2017の予想

やっはろー!!@KAUZです(*゚▽゚*)

2017年10月1日に中山競馬場で開催される第51回スプリンターズステークスの展開から導く競馬予想です。スプリンターズステークスは、距離1200m、出走頭数は16頭立て、発走時刻は15:40となっています。

主役不在の今年のスプリンターズステークスなんですけど、こうしてみると、ロードカナロアって偉大やったんやなぁと思いますね。

記事更新時のオッズを見ると、1番人気はレッドファルクスで4.0倍。昨年の勝ち馬で、前走の安田記念も3着に突っ込んできているので、そうなのかなと。だけど、直行だけに迷うなぁと思いますけどね。

2番人気はセイウンコウセイで6.3倍。今年の高松宮記念馬ですけど、前走をどうみるかでしょうか。3番人気はメラグラーナ。これが6.6倍で…中山得意だけでここまでなるのかな?って感じでみています。4番人気は武豊騎手騎乗のダイアナヘイローで9.0倍。ここまでが10倍を切るメンバーです。

ただ、9番人気のワンスインナムーンが14.8倍ということで、これ以降がかなり拮抗しているなと。穴人気というのでしょうか。みんながみんな、人気上位馬を信頼しているわけではないということですかね。

チョイ荒れくらいは期待できそうだけど、人気薄のメンバーが来るのかなと思うと、さすがにないんかなという気もするし…。

馬券的には難しい選択を迫られそうなスプリンターズステークスですが、過去のデータと傾向は「スプリンターズステークス2017の過去10年のデータと傾向」にて記載しておりますので、ご覧になっていただけたら幸いです、はい。

香港馬、どうしようかなーーーー。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

展開と印はこう組み立てました

ハナを主張していくのは、フィドゥーシアかワンスインナムーン、外からシュウジが行けたらいくんかな、って感じですね。

その他、ネロやセイウンコウセイ、ダイアナヘイローなど先行勢が揃いに揃った1戦なので、その辺では流れは速くなりそうですね。

ここ2年は、ペースとしては緩いスプリンターズステークスだったので、その点では全く違うレースの景色がみれるのかなという気がします。

まぁだけど、これを言ったらおしまいよって思うかもしれませんけど、そう思っていても、意外とみんなが疑心暗鬼になってしまって、緩くなるってのを何度も見てきたので、その点では超ハイペースはないんかなぁという気がします。

その他、上のリンクでも書いていますけど、過去の傾向からは、基本的には外枠で4歳馬か5歳馬。栗東所属騎手を狙いつつ、栗東所属馬を狙いつつ、んでもって乗り替わりは大幅マイナス程度はみておいていいのかなと思います。

予想の印はコチラ

第51回 スプリンターズステークス(GⅠ)
馬番 競走馬名
本命 レッドファルクス
対抗 ダンスディレクター
単穴 セイウンコウセイ
連下 ファインニードル
レッツゴードンキ

印を付け終えて

ってなところで、本命にはレッドファルクスにしました。傾向的には6歳馬、前走から距離短縮で狙いづらい1頭。オッズ的には、それでも人気が割れているから面白そうかなと思うんですけどね。展開的には、今年の安田記念くらいペースで速く流れていくと思っているので、差し脚が活きるのであればやはり筆頭かなと。まぁ1200mと1600mの違いはあるけれど、レッドファルクスの脚質には合うと思われ。

んで、連下ではあるものの、レッツゴードンキは、レッドファルクスが上がってくるなら、連れて上がってくると思いますのでフォローしておきます。あまり相性がいいわけではないので、積極的には買いたくない1頭ですが、押さえ程度であれば。

対抗には、ダンスディレクターを。7歳馬だからどうかなと思ったのと、大外は嫌ってもいいんじゃないかなと思ったんです。だけど、逆に自由に動けるし、前走は久々を使われて3着であれば前進は可能だろうし、ならばというところで。

単穴にはセイウンコウセイを。人気しているので、単なる穴狙いというよりも、3番手評価くらいで見ていただければ。もしも超ハイペースに流れた場合、やはり最内から内ラチ沿いを走れるのは前向きなポイントではないかなと思います。となると、気になったのはスノードラゴンなんですけど、どちらかというと、後半めちゃくちゃ時計が掛からないと浮上は難しいのではないかと思いますので消し。レッツゴードンキと迷ってセイウンコウセイを選びました。結局、レッツゴードンキは連下で選択したんですけど、どうですかね。この2頭は相容れないのかなと思っていたんですけど、高松宮記念のワンツー馬なので、押さえておくだけは必要かなぁ。中山やとどうかなー。

連下には、ファインニードルとレッツゴードンキを。レッツゴードンキはまぁ選択していますけど、ファインニードルですね。内田騎手への乗り替わりが、さすがに無いんかなーと感じさせる1頭なんですけど、まぁ面白いんじゃないかなと。前走セントウルステークスの勝ち馬は、1頭も直後のスプリンターズステークスで優勝していないんですけど、複勝圏内率は悪くはないんですよね。決して抜けていいわけでもなく、そもそも1番いいわけでもないんですけど。なんなら、セントウルステークス4着馬がここに進んできた場合は、複勝圏内率42.9%なので、その点ではメラグラーナを選択するべきやないかとも思うんですが…。中山実績がいいから来るのかというと、うーん…とも思うし。

と、蓋を開けてみると、高松宮記念の上位馬をそのまま選択した形になりましたけど、これでなんとか当たらんかなぁと。

ってなところで、スプリンターズステークスの予想を終わりたいと思います。最後までご覧いただきまして、まことにありがとうございました(●´ω`●)

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

コメント

  1. マル より:

      KAUZさん、お久しぶりです。
     夏競馬は少しやりましたが、前半はほぼ全滅。資金ゼロに…。後半、少しだけ盛り返したのですが、昨日のシリウスでまたもや穴に負けました。
     さて秋GⅠスタートですね。スプリンターは難しいですね。ビッグアーサー復帰で少し迷いました。ヘッドラインが、
    「超速を見逃すな、この煌めきに瞬きはゆるされない。」です。相変わらず難しい単語の羅列。で超速が気になります。そのままですが、持時計上位5頭。
    ◎ファインニードル
    〇レエッドファルクス
    ▲セイウンコウセイ
    △ダイアナヘイロー
    ✖ビッグアーサー
    私もペースは普通だと思いますが、上りが大変なことになりそうな気がします。
    それでは買われる方のご幸運を祈ります。

    • KAUZ より:

      マルさん

      おはようございます!コメントありがとうございます。

      夏競馬は、ブログの更新頻度をご覧の通り…という感じですね笑
      私も、ブログ以外のところでちょろっと買ってみても、全くぶっ飛んだ馬券になっていました。

      なるほどー、持ち時計の比較ですか。たしかに超速って言葉がピッタリです。
      そう考えると、ダイアナヘイローって地味な競走馬かなと思っていたんですけど、アリっちゃアリなんですね。

      スプリント戦は、地力以外のところも必要になるし、騎手の一瞬のミスが大きく響くので、まぐれっぽいところもありますよね。
      もちろん、力がある競走馬が上位にいくんですけど。
      だけど、スプリント戦は運の要素も大きいかなと思いますね。
      苦手意識がどこかあるんですけど、秋のGⅠ初戦なので、当てたいですねーーーー。

      また遊びに来てください!

  2. マル より:

      こんにちは。
     5頭も選んで1頭しか来ない現実。意外と付かなかった3連複でしたね。秋になってもやはり当たりませんね(笑)。また来ますね!

    • KAUZ より:

      マルさん

      こんにちは!コメントありがとうございます。

      私はレッドファルクスとレッツゴードンキまでは良かったのですが、ワンスインナムーンを外していたので…って感じです。
      まぁまだGⅠ戦線は始まったばかり。
      これから楽しんでいきましょーーーー!

      また遊びに来てください!