セントライト記念2016の過去のデータと傾向

やっはろー!!@KAUZです(*゚▽゚*)

2016年9月18日に中山競馬場で開催されるセントライト記念の過去9年のデータと傾向です。

台風が立て続けに発生し、16号が九州へ最接近するみたいな進路を通るような予報となっていますね。遠く中山競馬場は問題ないと思うんですが、阪神競馬場の方は雨が降ったりと影響が出てきそうかなぁと思います。どうでしょうかね。

天気予報にも気を使わないといけないのは本当に困りますね。大きく逸れてしまわないかなと思っています。私のスケジュールも、これ以上遅れが出ると、どれかイベントキャンセルしないといけなくなるので困ったものです。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

過去のデータと傾向

それではセントライト記念の過去のデータを見ていきたいと思います。いつものようにダーッと記載しておきますので、必要だと思うデータや使ってみたい傾向がございましたら、各自でご自由にお持ち帰りください。

なお、過去10年の内、中山競馬場で開催された9年分を記載しておりますのでご注意ください。

所属

騎手

騎手分類 着別度数 勝率 連対率 複勝率
美浦 7- 8- 6- 94/115 6.1% 13.0% 18.3%
栗東 1- 1- 3- 28 3.0% 6.1% 15.2%
地方 0- 0- 0- 1 0.0% 0.0% 0.0%
外国 1- 0- 0- 1 50.0% 50.0% 50.0%

関東で行われる重賞のため、栗東所属騎手は連対率では低いですね。逆に言えば、複勝圏内率では盛り返してきているので、3着以内ならばといったところでしょうか。外国人騎手があまり乗ってなかったというが驚きというか、欧州でシーズンインするのでそうなんでしょうか。ちなみに、M.デムーロ騎手とC.ルメール騎手は栗東所属としてみています。

調教師

調教師分類 着別度数 勝率 連対率 複勝率
美浦 7- 6- 5- 79 7.2% 13.4% 18.6%
栗東 2- 3- 4- 42 3.9% 9.8% 17.6%
地方 0- 0- 0- 3 0.0% 0.0% 0.0%

これまた関東で行われる重賞のためか、活躍馬の多くは美浦所属馬。複勝圏内率では差が小さいですので、遠征してきた関西馬は3着以内ではそこまで差はないとも言えるかと思います。

もっとも、関西馬の有力馬は神戸新聞杯に回るはずなんで、それでも10頭に1頭近く連対している計算となる9.8%の連対率ならば頑張っているとも言えますね。

枠と馬番

枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 0- 3- 1-12 0.0% 18.8% 25.0%
2枠 1- 0- 2-15 5.6% 5.6% 16.7%
3枠 1- 2- 0-15 5.6% 16.7% 16.7%
4枠 1- 0- 0-17 5.6% 5.6% 5.6%
5枠 1- 1- 1-15 5.6% 11.1% 16.7%
6枠 2- 1- 1-14 11.1% 16.7% 22.2%
7枠 2- 0- 3-16 9.5% 9.5% 23.8%
8枠 1- 2- 1-20 4.2% 12.5% 16.7%

中山競馬場というコースを考えると内枠先行馬なのかなと思いきや、1枠は唯一未勝利。ただ、連対率では18.8%で一番高く、基本的には奇数枠の方が、偶数枠より成績がいいのかなと感じる部分です。複勝圏内率でも1枠は優勢で、4頭に1頭が馬券に絡んでいる計算となります。

外枠も比較的健闘しているので、広い目で見ていくのが良さそうだと思いますね。

馬番

馬番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番 0- 1- 0- 8 0.0% 11.1% 11.1%
2番 0- 2- 2- 5 0.0% 22.2% 44.4%
3番 1- 0- 0- 8 11.1% 11.1% 11.1%
4番 0- 1- 1- 7 0.0% 11.1% 22.2%
5番 0- 1- 0- 8 0.0% 11.1% 11.1%
6番 1- 0- 0- 8 11.1% 11.1% 11.1%
7番 1- 0- 0- 8 11.1% 11.1% 11.1%
8番 0- 1- 0- 8 0.0% 11.1% 11.1%
9番 1- 0- 1- 7 11.1% 11.1% 22.2%
10番 0- 0- 0- 9 0.0% 0.0% 0.0%
11番 1- 1- 1- 6 11.1% 22.2% 33.3%
12番 1- 0- 0- 8 11.1% 11.1% 11.1%
13番 2- 0- 0- 7 22.2% 22.2% 22.2%
14番 0- 0- 2- 7 0.0% 0.0% 22.2%
15番 0- 1- 2- 6 0.0% 11.1% 33.3%
16番 0- 1- 0- 6 0.0% 14.3% 14.3%
17番 1- 0- 0- 6 14.3% 14.3% 14.3%
18番 0- 0- 0- 2 0.0% 0.0% 0.0%
偶数 2- 5- 5-60 2.8% 9.7% 16.7%
奇数 7- 4- 4-64 8.9% 13.9% 19.0%
大外 0- 0- 0- 8 0.0% 0.0% 0.0%

まぁこんな感じ。一番下の大外ってところは、一番気になるというか、どの出走頭数だったとしても大外は1頭は馬券に絡んでいないというデータ。9年分のデータで8頭しかいないのは、直前で大外に入っていた競走馬が回避しているためなんですけど、今年も大外に配置された競走馬は苦戦を強いられるのかもしれませんね。

脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
逃げ 0- 2- 0- 7 0.0% 22.2% 22.2%
先行 6- 2- 3- 22 18.2% 24.2% 33.3%
差し 3- 4- 5- 62 4.1% 9.5% 16.2%
追い込み 0- 1- 1- 31 0.0% 3.0% 6.1%

連対率ベースだと逃げ先行馬も、逃げ馬は未勝利。差し馬が割り合い的には少ないものの、それでも3勝を挙げています。

上り3Fタイム順位を見るとなかなか顕著で、上り最速を出して上がってきた競走馬は連対率33.3%、上り2位の脚を繰り出した競走馬は連対率21.4%と低いですが、上り3位の競走馬の連対率は45.5%とやや跳ね上がります。また、6位以降の競走馬の成績も【 1- 3- 3- 90】で勝率1.0%、連対率4.1%、複勝圏内率7.2%で、他と比べるとかなり低い数字にはなりますけど、全く来ないということはないデータなので、スローの前残りになり易いとも言えるし、前が止まらない馬場状態になっていることが多いとも読み取れますね。上り最速が出せそうな競走馬を狙うよりかは、立ち回りがうまい競走馬を狙うのが良さそうかなと思います。

単勝オッズ

人気

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 2- 1- 1- 5 22.2% 33.3% 44.4%
2番人気 1- 1- 1- 6 11.1% 22.2% 33.3%
3番人気 1- 2- 0- 6 11.1% 33.3% 33.3%
4番人気 1- 2- 1- 5 11.1% 33.3% 44.4%
5番人気 0- 1- 1- 7 0.0% 11.1% 22.2%
6番人気 2- 0- 1- 6 22.2% 22.2% 33.3%
7番人気 0- 0- 2- 7 0.0% 0.0% 22.2%
8番人気 0- 0- 0- 9 0.0% 0.0% 0.0%
9番人気 1- 1- 0- 7 11.1% 22.2% 22.2%
10番人気 0- 0- 1- 8 0.0% 0.0% 11.1%
11番人気 0- 0- 0- 9 0.0% 0.0% 0.0%
12番人気 1- 0- 0- 8 11.1% 11.1% 11.1%
13番人気 0- 0- 0- 9 0.0% 0.0% 0.0%
14番人気 0- 1- 1- 7 0.0% 11.1% 22.2%
15番人気 0- 0- 0- 9 0.0% 0.0% 0.0%
16番人気 0- 0- 0- 7 0.0% 0.0% 0.0%
17番人気 0- 0- 0- 7 0.0% 0.0% 0.0%
18番人気 0- 0- 0- 2 0.0% 0.0% 0.0%

過去には14番人気のスクリーンヒーローが3着に、またスカイディグニティが2着に入ったことがありますし、12番人気だったトーセンシャナオーが優勝することもありました。基本的には上位人気馬も伏兵馬にも同じようにチャンスがあるレースとも言えるでしょう。ってか、1番人気がもう少し頑張るべき。

オッズ分布

単勝オッズ 着別度数 勝率 連対率 複勝率
2.0~ 2.9 2- 0- 0- 3 40.0% 40.0% 40.0%
3.0~ 3.9 0- 2- 1- 2 0.0% 40.0% 60.0%
4.0~ 4.9 1- 1- 1- 4 14.3% 28.6% 42.9%
5.0~ 6.9 2- 1- 0- 4 28.6% 42.9% 42.9%
7.0~ 9.9 0- 1- 1- 8 0.0% 10.0% 20.0%
10.0~14.9 1- 2- 2- 11 6.3% 18.8% 31.3%
15.0~19.9 1- 0- 0- 11 8.3% 8.3% 8.3%
20.0~29.9 1- 1- 2- 12 6.3% 12.5% 25.0%
30.0~49.9 0- 0- 1- 24 0.0% 0.0% 4.0%
50.0~99.9 1- 1- 1- 26 3.4% 6.9% 10.3%
100.0~ 0- 0- 0- 19 0.0% 0.0% 0.0%

100倍以上のオッズが付かなければチャンスはそこそこありそうな雰囲気。

前走

クラス

前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率
未勝利 0- 0- 0- 1 0.0% 0.0% 0.0%
500万下 2- 0- 3- 34 5.1% 5.1% 12.8%
1000万下 1- 4- 1- 36 2.4% 11.9% 14.3%
1600万下 0- 1- 0- 1 0.0% 50.0% 50.0%
オープン 0- 0- 0- 10 0.0% 0.0% 0.0%
GⅢ 2- 0- 3- 20 8.0% 8.0% 20.0%
GⅡ 0- 1- 1- 3 0.0% 20.0% 40.0%
GⅠ 4- 3- 1- 15 17.4% 30.4% 34.8%

前走別のローテを見ると、条件戦を走った競走馬も善戦は見せるものの、安定した成績を残しているという観点から見れば、前走重賞組を有力視しても良さそうなデータかなと思います。

距離

前走距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率
同距離 2- 2- 1- 17 9.1% 18.2% 22.7%
今回延長 3- 4- 5- 83 3.2% 7.4% 12.6%
今回短縮 4- 3- 3- 24 11.8% 20.6% 29.4%

距離延長組が苦戦しているのに対し、距離短縮もしくは同距離組が好走中。距離延長組は7連対と決して来ないと言う訳ではありませんが、割合からみるとどうなのかなという感じもしますね。

乗り替わり

前走騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率
同騎手 5- 6- 4-51 7.6% 16.7% 22.7%
乗替り 4- 3- 5-73 4.7% 8.2% 14.1%

前走と同騎手の方が成績がいいですね。連対率ではダブルスコアの開きがあるので、迷ったら前走との騎手で比較してもいいかもしれません。

間隔

間隔 着別度数 勝率 連対率 複勝率
2週 1- 0- 0- 8 11.1% 11.1% 11.1%
3週 0- 1- 1- 11 0.0% 7.7% 15.4%
4週 2- 2- 1- 9 14.3% 28.6% 35.7%
5~ 9週 0- 3- 1- 34 0.0% 7.9% 10.5%
10~25週 6- 3- 6- 59 8.1% 12.2% 20.3%
半年以上 0- 0- 0- 3 0.0% 0.0% 0.0%

10週以上25週までの競走馬が9連対と好成績を残していますが、意外にも連対率ベースで見ると4週(中3週)の競走馬が好成績。分母が違うものの、ちょっと意識しても良さそうなポイントです。

今回で言えばステイパーシストが4週の間隔での出走。伏兵馬らしい存在と言えばそう見えなくもない…というか、なんだか来てくれないかなぁと思う存在ですね。

脚質

前走脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
逃げ 0- 2- 1- 6 0.0% 22.2% 33.3%
先行 3- 3- 3- 50 5.1% 10.2% 15.3%
差し 4- 2- 4- 45 7.3% 10.9% 18.2%
追い込み 2- 2- 1- 21 7.7% 15.4% 19.2%

前走逃げた競走馬は未勝利となっています。その他では、どの脚質もあまり変わらない成績なので、前走逃げた競走馬には注意が必要かもしれません。その点で言えば、キークラッカーとノーブルマーズ、ピースマインドの3頭は逃げて逃げてのレースでした。また、ケンホファヴァルトは2番手に行ったりハナへ行ったりと逃げと言えば逃げかなという感じでしたね。左記の4頭の勝利は無さそう!?

まとめ的なものを

過度な期待は禁物ですが、少しまとめを行っていきたいと思います。

まず、好走要件を満たしているのはディーマジェスティは断然という感じですかね。前走GⅠ日本ダービー組で、勿論距離短縮。美浦所属馬ですし、先行馬だったら文句なしも、前走は差し競馬を行っていてという形。マイナスポイントは少ないかなと思います。

その他で言えば、面白そうなのは上でも書いたステイパーシスト辺りも面白そうですよね。距離短縮組だし、美浦所属馬。吉田豊騎手がそのまま騎乗するのであればいいなぁとは思います。

この辺りに注目かなぁと思っています。

ってなところで、セントライト記念の過去のデータと傾向について終わりたいと思います。最後までご覧いただきありがとうございました(●´ω`●)

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

コメント

  1. くーちゃん より:

    更新ご苦労様です。m(__)m
    10年以上前までは調べていませんが、ここを勝った馬はのちにG1馬となっている例が結構ありますね。
    ただ・・・すでにG1を勝っていた場合は(イスラボニータ)その後迷走してますが???
    このメンバーならディーマジェが勝たないといけませんね。
    ま~競馬に絶対はありませんが( ;∀;)

    しかしまた台風ですね(;´Д`)