STV賞2017の予想

やっはろー!!@KAUZです(*゚▽゚*)

2017年8月12日に、札幌競馬場で開催されるSTV賞の展開から導く競馬予想のお届けです。STV賞は、距離1500m、出走頭数は14頭、発走時刻は15:25となっています。

さて、あまり重賞以外のレースは更新することが少なくなってきている当ブログ。しかも、昨日の大井競馬場で開催された黒潮盃の予想を諦めていたりと、最近は特に顕著にブログの更新がストップ気味ではあるんですが、Twitterで「予想してみたら面白いですよ」と教えていただいたレースだったため、今回は予想記事を書いてみようかなと思い、今、実際に書かせていただいています。

1000万条件戦ということで、ちっともわからないんじゃないかと思っていたんですが、アットザシーサイドが自己条件で走るということで、楽しみな1戦ですね。メンバーが薄かったとは言え、重賞のターコイズSでは0.3秒差の6着など、重賞でも一定の成績を残してきた1頭だけに、この条件でどうかという部分でしょうか。

記事作成時のオッズを確認すると、そのアットザシーサイドが1番人気に支持されていますが、4.7倍と人気ではあるもののという感じで、8.1倍のカルヴァリオの6番人気までが1桁オッズとなっています。

ただ、売り上げがまだまだ少ない時間帯なので、ちょっとまとまった金額が入っただけでガラリと変わりそうな気配は感じますね。

上位勢は割れた人気になるのではないかというのは推測できるものの、上位7頭くらいまでは近いオッズで進むのではないかと思います。

このレースの特徴としては、前走の上がり時計上位3位以内に入ったメンバーがいないことでしょうか。14頭中逃げ先行勢が9頭と多いのが、予想を難しくさせている気はします。

また、1500mの非根幹距離というのも、どっちつかずの感じがしてしまいますね。コーナー自体は3回訪れるのですが、スタートはポケット部分の引き込みから。ただし、レイアウトがやや特殊で、スタートして間もなく2角が待ち受ける構造のため、外枠は劣勢に立たされることが多いです。

勝率と連対率では、あまり差が著しいわけではないですが、複勝圏内率に目を向けると、1枠34.6%、2枠30.9%と30%越えしているのに対し、3枠27.9%、4枠22.8%、5枠25.0%、6枠21.4%、7枠16.4%、8枠23.8%という数字となっています。

7枠の複勝圏内率が突出して悪いのは悪いのですが、注目すべきは1枠と2枠の数値で、注意を払いたい内枠の競走馬です。

と、前書きが長くなってしまいましたが、印を打っていきたいと思います。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

展開と印はこう組み立てました

ハナを主張していくのは、枠の利も考えてツーエムマイスターではないかと思います。前走は押してハナを奪っていきましたが、いい形で走れていたと思います。

先行勢に目を向けると、ややゴチャゴチャした集団になりそうで、ジェイラーが押して番手を奪いに行くレースをしてきそうですが、比較的前でレースをしたいメンバーもいたりして、2角に入るところまではポジションを伺ったり奪ったりという争いがありそうですね。

ただ、展開的にはそこまでハイペースに傾きそうもないなというのが私の読みで、平均ペースくらいで組み立てていいのではないかと思っています。

STV賞の予想の印はコチラ

STV賞
馬番 競走馬名
本命 ツーエムマイスター
対抗 ドゥーカ
単穴 メローブリーズ
連下 カルヴァリオ
ヒルノマゼラン

印を付け終えて

ということで、本命には逃げるであろうツーエムマイスターを選択しました。軸本命の意味合いが強いのですが、前走の走りを見る限りでは大崩れはないのではないかと見ています。さらに今回は内枠に入れたことで、楽にハナを主張できると思いますし、2枠は好走率も高いですので、楽しみにしている1頭です。

対抗にはドゥーカを。前走の羊ヶ丘特別ではレコード勝ちを収めることできました。レコードを出した次のレースでは狙いにくいというか、お釣りがない可能性が高いというか、レコード勝ちの次のレースで凡走するということを度々見てきた人間からすると、なんか嫌な予感がするなとは感じるんですけど、まぁレコードを出したレースということもあってか、テンから非常に速いペースでレースが進みました。シグルーンが積極的に飛ばしていく展開で、2番手以下に3馬身から4馬身差を付けながらという内容でした。

こういう展開で、最内を走れたというのは大きくて、不安な部分もあるにはあるんですが、私的には2着となったサフランハートが突っ込んできたときに、馬体を並べてからさらに加速したかのような走りは非常に良かったと思うし、最後も追われていましたけど、どこかまだ走れるのではないかと思わせる走りであったのかなと思う部分もあるように感じました。

あとは、妥当かなと思うところを選択してみました。

ってなところで、STV賞の予想を終わりたいと思います。最後までご覧いただきまして、まことにありがとうございました(●´ω`●)

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

コメント

  1. くーちゃん より:

    雨降りでツーエムには正にシメシメの展開でしたね。
    道悪では結果が出ていないアットでしたが最後はきわどい位置まで差し込んで来ました。
    3着は騎手の差か!?

    明日は逃げ、先行馬が揃った関谷記念が楽しみです。
    エルムも関谷も3枠に1番人気馬。どちらか飛びそうな予感

    • KAUZ より:

      くーちゃんさん

      こんばんは、コメントありがとうございます!

      道悪というのもあったのも事実だと思いますが、恐らくツーエムマイスターは札幌1500mのこの距離が合っているような気がします。1400mのような速い流れではなく、1600mのようなタフさでもなく、1500m独特の距離というのが合ってるのかなぁという気がする勝ちっぷりじゃないかなと思います。
      もちろん、完勝と言えるだけの内容ではなかったとも言えますけどね。

      アットザシーサイドは、2着ではあるものの、やっぱりこの距離は忙しい印象は受けますね。1600m以上、1800mくらいに適性があるような気もしないでもないかなと思ったりするんですけどね。
      結果を残しているのが1600m以下なので、あとは決め手がなければ厳しいのかなと感じる部分はあるにはあります。

      今日の2重賞、いずれも一筋縄ではいきそうもないよなぁとは思っています。
      が、ちょっと最近疲れているので、予想を更新する前に寝落ちしているかも…汗

      また遊びに来てください!

  2. くーちゃん より:

    いや~散々ですわ(´;ω;`)
    新潟10R 豊栄特別 オッズ割れの1人気ですがここは横典が決めてくれるでしょう!!
    出・デ・で・・・出遅れ~(怒)
    札幌11R エルムS テイエムに勝たれたらでピオネロから勝負・・・付いて行けず
    小倉11R 博多S ここは1人気が楽逃げは難しいと、2人気豊で勝負・・・競争中止
    関谷記念 最初はダノンリバティ買う予定が①プラチナ⑭ロードに変更・・・どっちも出遅れ(´;ω;`)(´;ω;`)

    • KAUZ より:

      くーちゃんさん

      こんばんは、コメントありがとうございます。

      散々でしたか…私は日曜日は全く競馬をやらなかったのであれですけど、コメントを観る限りでは、散々な結果でしたね汗

      これではマズいと、マイルールみたいなものを変更すると、取り返しの付かないことになるので、来週もへこたれずに頑張りましょう!

      また遊びに来てください!