秋華賞2020の予想【京都2000m発走15:40】

やっはろー!!KAUZ(@kauzw0o0w)です(*゚▽゚*)

たいへん長らくお待たせいたしました。いや、本当に待っていただけた方がどのくらいいるかは分かりませんが笑、ぼちぼち復帰していこうかなと思いまして、今、ブログを書いているわけであります。

ブログを小休止しているあいだ、これといってなにかをしたわけじゃなく、ほぼパチンコパチスロを打ちまくってました。相変わらず勝てないですが。笑

まぁ人生の一部で、遊び散らかすことも大事かなということで、そのほかにも、キャンプ道具を揃えてキャンプへ行ってみたり、今はバイクの免許を取得のために教習所へ通ったりしています。もう少しで卒業検定ってところまで来ていますが、先日、クランクのところでエンストさせたタイミングでバーンッ!ってこけてしまって、右手首を負傷してしまいました。内出血している様子も、指が動かないということもないのですが、約1週間強過ぎましたが痛みが残っているので、もしかしたら骨にヒビが入っていた可能性があるかもねって知り合いの看護師の方に言われました。

そのくらいで、ある程度は元気です。笑

最近はめちゃくちゃ蕁麻疹に悩まされているんですが、季節要因とかもありそうですし、お金をあまりに使い過ぎたので、そういう心配というか、これからどうしよって心的ストレスのせいかもしれません。笑 自業自得なんですけどね。笑

最近、ものすごく寒くなりましたね。みなさん、風邪などひいていませんか?

寒くなったというのは、競馬で言えば本格的な秋競馬へ突入。スプリンターズステークスの予想から復帰と考えていましたが、ちょっとバタバタしてしまって叶わず。ということで、秋華賞から。笑

本当は、週半ばにデータ記事をと思っていたんですが、なんだかんだ予想記事が復帰第一歩となってしまいました。笑

これからもマイペースに更新していきたいと思います。笑

さて、秋華賞ですね。牡馬牝馬ともに無敗の3冠馬が誕生するかに注目が集まるわけですが、どうですかね。わたしはもうデアリングタクト本命でいいんじゃないかって思っています。笑

とくにこれと言って悪い部分も見当たらないですし、不安視される部分っていろいろとありますけど、どれもこれまでのデアリングタクトが証明してきちゃったし、とくに気にせずにいいんじゃないかなと。データとか当てはまるようで、こういう競走馬までになると当てはまらないですよね。

今回は相手探しかなと思いますので、その相手探しを行っていきたいなと思います。

スポンサードリンク

秋華賞の展開予想

逃げ馬らしい逃げ馬不在の1戦ですので、どの競走馬が逃げるのかというのが問題です。

4大競馬場のなかでは小回りコースの京都競馬場内回りだけに、展開が鍵を握ると言っても過言ではないですからね。まぁ、差し馬優勢のデータもありますので、あまり気にしなくてもいいのかもしれませんが。

逃げそうというか、逃げることになりそうなのは、3番マルターズディオサと18番アブレイズの2頭。どちらも前々で競馬をするのですが、今回の場合だと、前に行ったらほかに競走馬がいなかったという状況になりそうで、押し出される形で逃げる展開にもなりかねないかなと観ています。

全体的にはスローの流れが予想され、馬場状況も考えれば、一団となってレースが進むものと考えた方がよさそうです。

馬場状況があまりに回復が遅いのであれば、コース内側は伸びにくく外々を回した方が良さそうですが、あまりにゆったりと構えるとすぐにゴールが迫ってしまいますので、早めに動くことが必要になってきます。

デアリングタクトは、好枠が引けました。4角で外に持ち出しやすくなりますので、内々で他馬をさばく必要はなくなります。

そのほかも、後方待機組は良枠を引けたものと思います。

逆に内枠には先行勢が集まったので、隊列はすんなりと決まりそうな雰囲気もありますし、やっぱりきっちりと隊列が決まれば淡々と進みそうですね。

比較的前にいるメンバーにチャンスがより多く巡ってくるのかなと考えて予想を組み立てていきたいと思います。

見出しで区切る必要もないくらいなので、とりあえずデータを簡単に。

前走4着以内じゃなければ勝ち馬が現れていませんが、本命馬はデアリングタクトにするのであまり関係ないかな。

ただ、2着馬3着馬に関しても、前走5着以内じゃなければいけないという感じかなと思います。3着馬は前走2桁着順からも現れていますが、複勝率3.3%なのでやはり前走上位5着以内を見ていく必要があるのかなと思います。

データもデータなので、このくらいですかね。笑

ほかのサイト様をご参考に。笑

というところで、予想を行っていきたいと思います!

秋華賞2020の予想の印

馬番 競走馬名
本命 デアリングタクト
対抗 リアアメリア
単穴 ミヤマザクラ
連下 ウインマイティー
ムジカ

印を付け終えて

ということで、なんの捻りもなく本命にはデアリングタクトを。ここは堅い。

対抗にはリアアメリアを。ここも堅い。2着固定で。

単穴にはミヤマザクラを。まず、Twitterとかでも言われていましたが、馬体重を見ても分かる通り、一回り多くなって帰ってきました。太ったという感じもなく、成長分だと考えるべきかなと。ディープインパクト産駒なので、早熟傾向にあるのかなと思いますが、母ミスパスカリの血統がもしかすると普通成長曲線からやや晩成型に動いている可能性はあるのかなと思います。母のミスパスカリはデビューが遅く、3歳未勝利からの出走となっていますし、ミヤマザクラの全兄ポポカテペトルは菊花賞3着の実績がありますので、3歳秋に本格化の兆しがあるのかもしれません。
近親にはクロフネがいる血統でもあるので、ここからの活躍があれば面白いですね。

連下には面白みもなくウインマイティーとムジカの2頭を。

ウインマイティーは内枠を引いてしまいました。和田騎手の手腕に期待したいのですが、オークスでも中枠からうまく捌いていましたので、期待したいと思います。前走の紫苑ステークスは、後方過ぎたのが敗因だと思います。それでも上がり3F最速を出しているように、能力は高いと思います。前走よりかは前々で競馬をしてくれると思いますので、届くかどうか。

もう1頭のムジカは、前走ローズステークス2着の実績。2着ゲッターの素質十分なんですが。笑
何頭か迷ったのですが、前走の走りを見れば面白いのではないかと思います。離されすぎた印象もありますが、最後はよく突っ込んできました。
兄弟はパッとせず、近親に青葉賞勝ち馬のゴーフォザサミットがいるくらい。血統的にはあまり秋華賞の印象がありませんが、ムジカの素質を考えれば重賞での好走でも可能だと思っています。

ってなところで、秋華賞の予想を終わりたいと思います。最後までご覧いただきましてありがとうございました(●´ω`●)ゞ

コメント

  1. くーちゃん より:

    お帰りなさい(*^-^*)

    正直三冠あってほしいが有観客がどうでるか!?
    何にしろ3着内は外さないと思うので配当は期待薄(;´Д`)

    過去10年ならオークス直行は馬券内しか来てないのでミヤマ来たら(@_@;)
    って言うか来週の事があるから無理しない方へベットします(;´Д`)

    しっかり馬体絞ってきたらクラヴァシュ相手です(*^-^*)

  2. 競馬データ情報局 より:

    ご無沙汰しております。
    おかえりなさいませ~と挨拶をしたくコメントをした次第です(^^)/

  3. くーちゃん より:

    デアリングタクトの完勝( `ー´)ノ
    前走より全く危なげない内容でしたね。( `ー´)ノ

    さて私はリアアメリアで勝負しました。
    直線向いても全く反応せず(ノД`)昨日の府中牝馬の勝ちを戻してしまった(´;ω;`)

タイトルとURLをコピーしました