高松宮記念2014 攻略予想―展開考察や過去の傾向から導く馬券考察―

高松宮記念2014-©JRA

©JRA

スポンサードリンク

高松宮記念2014-3月20日中京競馬場11R第44回高松宮記念

やっはろー!!@KAUZです(*゚▽゚*)

今日、土曜日の予想はお休みさせていただきました。春といえば出会いの季節でもありますが、その前には別れの季節でもありますよね。ということで、簡単な送別会…のはずが、何故か午前6時まで飲み明かすということで、飲めない酒を一生懸命に飲んだ結果、飲み倒れ。今朝、帰宅して毎日杯の予想をとパソコンをつけたところでゲームオーバー、そのまま爆睡してしまいましたww

さて、桜の便りも届き始めていますが、春といえば、そう、春のGⅠシーズン。再来週には桜花賞が行われるわけですが、シーズン開幕を告げるのは高松宮記念。その高松宮記念の予想をお届けしたいと思います。

今年は本命馬不在という感じですね。シルクロードSを快勝したストレイトガール、前走オーシャンS大敗から巻き返しを狙うハクサンムーン、阪急杯を逃げ切ったコパノリチャード、デビューから全て3着以内を確保しているレディオブオペラ、主役級は一杯いても、主役が俺(私)だ!!という馬が見当たりません。

まぁでも過去の傾向的に人気決着も珍しくないレースだけに、上記面々が活躍するのかなと思っていたりいなかったり…。

高松宮記念2014-過去10年の簡単な傾向のおさらい

ということで、簡単な傾向のおさらいをサラサラっと行っていきたいと思います。

まずは人気別。このレース、1番人気は連対率50%、複勝圏内率80%と、1番人気の信頼度が高いことが分かります。優勝馬は全て4番人気以内からしか出ておらず、連対馬を見ても2007年以外は6番人気以内と堅い決着が続く傾向が見えてきます。

年齢別でいえば、中心は5歳馬と6歳馬。逆に4歳馬は勝ち馬を出せていない年齢ですね。割引材料と思ってもいいかも。

こんな感じかなww

あとは外枠が好成績を収めていたりといろいろあるけれど、顕著にはこのあたりかな。今年も外枠優勢だとちょっと荒れそうな気配も。

高松宮記念2014-展開予想・予想はこう組み立てました

逃げるのはハクサンムーンでしょうね。前走は意味不明な大敗ではありましたが、ここでも逃げてくるでしょうね。ただ、レディオブオペラ、前走阪急杯を逃げ切ったコパノリチャードも虎視眈々と出を伺いそうで、逃げ馬だけでも三つ巴の様相を呈しています。

元々、このレースは差し馬が好成績を残しやすいレースではあるんですけど、今回は展開的にモロ差し馬有利とみて良さそう。前を走る馬には厳しいレースとなりそうで、そのあたりと過去の傾向を加味して予想を組み立てていきたいと思います。

そして気になる天気。明日はずっと雨模様。太平洋側は大荒れの天気、というところで、こちらも雨になっています。重馬場だと仮定して予想を組み立てていきたいと思います。

高松宮記念2014-予想はこうなりました

第44回 高松宮記念(GⅠ)
馬番 競走馬名
本命 ストレイトガール
対抗 スノードラゴン
単穴 リアルインパクト
連下 インプレスウィナー
ハクサンムーン

高松宮記念2014-予想印を付け終えて

ということで、4歳馬消し、差し馬プラス外枠から順当に選んだ形。ハイペースになりそうな気もしないですが、ハクサンムーンの巻き返しにも期待したいと思います。

春のGⅠシーズンを占う大事な1戦目。とりあえず当てたい(*゚▽゚*)