過去記事の見直し、また内部リンクの見直しを行っております。記事やカテゴリのURLが変更となる場合がございます。

帝王賞2018の予想【大井2000m発走20:05】

スポンサードリンク

やっはろー!!KAUZです(*゚▽゚*)

2018年6月27日にTCK大井競馬場で開催される第41回帝王賞の予想です。
帝王賞は、距離2000m、出走頭数は15頭、発走時刻は20:05となっています。

さて、私は現在、三重県の伊勢に旅行しています。
昨日は奈良公演周辺、高野山などを周りましたが、今日も和歌山を中心に観光。明日は伊勢神宮にお参りして帰路につきます。

パソコンを持って行かないということは決めていたので、スマホで入力、タブレットで出走表を眺めたり映像を観たりということをしています。
便利な世の中になったと思いますね。
Bluetoothでキーボードとマウスを接続すると、パソコンライクに使うことができますので。
本格的な仕事、例えば、WindowsではないのでExcelなんか使えないですけど、文字を打ったり、資料のチェックから少し書き加える場合なんかは全く苦には感じないレベルで仕事ができます。

マウスパッド付きのキーボードがあれば、もっとパソコンライクに使えるのかもしれませんね。

Windows Pro、誰か買って下さい。笑

さて、帝王賞の予想です。
JRAからはケイティブレイブやゴールドドリーム、テイエムジンソク、アウォーディー、アポロケンタッキー、サウンドトゥルー、オールブラッシュが登場。まぁ代わり映えしないといえばそこまでなんですけど、それでも強豪といえる面々が出走してきました。

一方で、地方馬も揃いましたね。上半期の決算である帝王賞の名に相応しいレースになりました。

前日オッズも拮抗していますので、当てるだけで配当が望めるというところです。
あーー、マジで当てたいです。

そんでは印を打っていきたいと思います。

スポンサードリンク

帝王賞の展開はケイティブレイブが積極的に行くはず

ハナを主張しそうなのは、ケイティブレイブとオールブラッシュの2頭。
ただ、オールブラッシュはそこまで行き脚あるタイプでもないので、ケイティブレイブが行くのではなかろうかと思っています。

ただ、気になるのは先行勢が多い点。

かしわ記念で楽逃げさせたオールブラッシュの二の舞だけは避けたい他陣営のメンバー。どこまで意識してマークするかになるとは思うんですが、ケイティブレイブは比較的逃げることは周りが理解しているので、その点ではマークは厳しくなるんかなぁとは思います。

地方馬のヒガシウィルウィンなんかもJRA馬相手に先行力を発揮できるタイプなので、その点では先行争いは激しくなりそうです。ポジション争いというのかな。

気になるのは天気。
昨日の時点で稍重で、明日の天気は曇り。天気は持つとは思うんですけど、パサパサの良馬場までは期待できないか。

帝王賞の予想の印は勢い勝るゴールドドリームから

第41回 帝王賞(JpnⅠ)
馬番 競走馬名
本命 ゴールドドリーム
対抗 ケイティブレイブ
単穴 テイエムジンソク
連下 アポロケンタッキー
サウンドトゥルー

印を付け終えて

ということで、本命にはゴールドドリームを指名。
このメンバー相手でもしっかりと結果を残してきた実績と大井競馬場は苦手なんかなとは思う部分はあるんだけど、まあ大丈夫でしょ。
ゴールドドリームが来る展開であればということで、連下の2頭を選択しています。

対抗にはケイティブレイブ、単穴にはテイエムジンソクを選択。こちらは先行力を活かした競馬を行って、どこまで粘れるか。
いけるんじゃないかなと思うので、まぁ選択したわけですけどね。笑

ってなところで、帝王賞の予想を終わりたいと思います。最後までご覧いただきまして、まことにありがとうございました(。・ω・。)

コメント