天皇賞春2017の予想

やっはろー!!@KAUZです(*゚▽゚*)

2017年4月30日に京都競馬場で開催される第155回天皇賞(春)の展開から導く競馬予想です。天皇賞(春)は、距離3200m、出走頭数は17頭、発走時刻は15:40となっています。

いよいよこの日が来たいいましょうか、この春最大の注目レースといっても過言ではないかなと思う春天です。なんと言っても昨年の勝ち馬キタサンブラックと、有馬記念で優勝したサトノダイヤモンドの対決ですよ。宝塚記念までは観られないのかなと思っていたんですが、2頭ともに出走してきました。

その他にも、3番人気扱いも不気味な存在を放つシャケトラに、長距離でこそ能力が発揮できているアルバートに、皐月賞馬のディーマジェスティなど、その他のメンバーも本当に分からんですね。

個人的にはサトノダイヤモンドとキタサンブラックと、2強の超絶マッチレースに期待しつつも、3着のヒモの部分がちょい荒れくらいが理想かなと思うんですけど、どうなんですかね。

サトノダイヤモンドには枠順の不安も出てきました。『天皇賞(春)2017の枠順出走表と考察。サトノダイヤモンド8枠15番と外枠』にも書いていますが、今回は8枠15番からのスタート。外枠がダメなのは、もうみなさんもご承知の知のことだと思います。

その反面、キタサンブラックは2枠3番からのスタート。昨年の1枠1番ほどではないですが、好枠に入れたことで勝利が近づいたのではないかなとも思います。

有馬記念ではサトノダイヤモンドが勝ちましたが、その時はまだ4歳馬で斤量が恵まれていました。今回はその斤量差がないレース。

春天の過去の傾向(天皇賞(春)2017の過去10年のデータと傾向)に、過去の傾向を書いていますので、ご興味あればぜひともご覧いただければと思っとります。

ほいなら、印を打っていきたいと思います。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

展開と印はこう組み立てました

大外に入っちゃいましたけど、展開的にはヤマカツライデンが飛び出して積極的な逃げを見せてくるのだろうと思います。どうやら2番手意向を引き離した逃げを見せてくるのでは、大逃げを打ってくる示唆ではないですけど、インタビューではそんなことも仰っていましたね。

本当に大逃げを打ってくるかどうかは判りませんが、大外だからここで控えるレースをしてくるよりも、自分らしい競馬に徹してくる可能性は大いにあるのではないでしょうか。

2番手にはキタサンブラック、3番手にゴールドアクターではないでしょうか。内容的には、昨年の有馬記念と同じようなレース展開になるのではないかなと思うんですよね。マルターズアポジーが逃げてのレース運びでしたが、それがヤマカツライデンに変わる程度ではないかなと思います。大外枠ということで、大逃げの可能性は低くなったと思うし、あっても5馬身とかそのくらい突き放してのレースになるのではないか、くらいに考えておきたいポイントだと思います。

大逃げするとしたらヤマカツライデンのペースはハイペースになると思うんですけど、キタサンブラック以下のメンバーはスローの流れ濃厚ですね。

元々、長距離でのレースなのでハイペースに進むことは稀だとは思いますが、例年以上にスローの流れになるかどうかという点がポイント。

キタサンブラックはマークされる立場なので、その点は意識して見ていいのではないでしょうか。個人的な見解としては、そこまでスローに落とし込める楽な競馬はできないのではないか、と見ています。

それでも、スローの流れは変わらないと思うのだけれど。

予想の印はコチラ

第155回 天皇賞(春)(GⅠ)
馬番 競走馬名
本命 キタサンブラック
対抗 シャケトラ
単穴 サトノダイヤモンド
連下 シュヴァルグラン
ゴールドアクター

印を付け終えて

ってことで、本命にはキタサンブラックを推奨したいと思います。連覇に期待です。

マークは厳しくなると思いますが、ここでは負けられない1戦。サトノダイヤモンドとは斤量差が無くなったことで、徹底的に地力勝負。決定的チャンス、幸せを掴みたいばりの雰囲気。ハイレベルの長距離を走れるのは、昨年のこのレースで証明していますので、距離への不安は一切ありません。いやー、今回は堅いでしょ。

対抗にはシャケトラとしました。

サトノダイヤモンドの方が地力はもちろん高いと思います。だけど、対抗に挙げたサトノダイヤモンドは8枠からのスタート。さすがに、さすがにという印象は受けますね。日経新春杯でミッキーロケットに敗れるものの2着を確保しているように、京都の3角で勢いをつけて最終コーナーを向かうというのは問題ないことを証明していますし、京都競馬場は直線入り口の部分で馬群がばらけるので、前が壁になるということは、他の競馬場よりも考慮しなくてもいい部分だと思います。いやー、イケるっしょ。

単穴にはサトノダイヤモンドですね。今回は外々を回りますので、3200m+αはさすがに厳しいのでは。菊花賞と阪神大賞典と3000m以上のレースで結果を残しているとは言え、菊花賞は同世代のみ、阪神大賞典は相手が相手やったことを考えればってことで。

連下にはシュヴァルグランゴールドアクターとしました。

シュヴァルグランは、前走の仕上がりよりも、今回の仕上がりの方が良かったです。最後までしっかりと伸びていますので、期待が持てるのではないでしょうか。もう1頭ゴールドアクターは、正直、トーセンバジルと迷ったけど、「なんだかんだ有馬記念と全く同じメンバーで決まったな!」って姿がめちゃくちゃ浮かぶので、抑えという扱いではあるものの選んでおきたいと思います。

ってなところで、天皇賞(春)の予想を終わりたいと思います。最後までご覧いただきまして、まことにありがとうございました(●´ω`●)

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

コメント

  1. マル より:

     こちらへ追伸。
    JRAヘッドライン
    「長編の伝統を受け継ぐ勇者が最強を証明する。」です。
    天皇賞・春の勝ち馬の産駒。マンハッタンカフェ、ディープインパクト産駒。
    シャケトラとサトノダイヤモンドどちらかが?T本氏のサイン読みからも1、8枠注意。あまり期待できませんが、30日のNHKのど自慢、川野夏美「オホーツク海岸」白い…=シャケトラ!?騙されてみますか?
     シャケトラとサトノダイヤモンドからの総流しも視野に入れておきます。

    • KAUZ より:

      マルさん

      こんにちは!コメントありがとうございます。

      私もそのヘッドラインはチェックしてみました。

      JRAヘッドライン
      「長編の伝統を受け継ぐ勇者が最強を証明する。」です。
      天皇賞・春の勝ち馬の産駒。マンハッタンカフェ、ディープインパクト産駒。

      これ確かにそうだなと思っていたんですよね。
      マンカフェとディープ産駒は親子制覇になりますからね。
      受け継ぐという意味合いからすれば面白いよなぁと見ていました。

      自分は対抗にシャケトラとしていますが、結構やれると思うんですけどね。
      やってもらわないと困るんですけどね。

      ここでめっちゃ荒れて、穴馬がバンバン走られたらどうしよ(`・ω・´)

      また遊びに来てください!

  2. マル より:

      KAUZさん、おめでとうございます。そしてお疲れさまでした。
     何となくそのまま来ましたね。20点買って、飽き足らずもう11点。結局±0みたいな配当。サトノが4着でなくて良かった、とほっとしています。来週も楽しみましょう。

  3. マル より:

    追伸。
    今思うと、一押しのシャケトラ、出遅れて焦ってたのが見え見えでしたね。普通に出たら…。宝塚に出てきたら、距離的にも再応援したいですね。

    • KAUZ より:

      マルさん

      こんにちは!コメントありがとうございます。

      そうですねー、シャケトラは出遅れたのが運の尽きでしたねー。スタート直後、もう腹を括って後方待機策をとればよかったのかもとは思いましたが、最初の部分で先団にとりついていきましたね。

      シャケトラは、距離的には宝塚記念じゃないかなと思うんですが、だけどやっぱりキタサンブラックの方がいいのかなという気がしています。
      恐らく、ここの連覇よりも宝塚記念の方が目標だったのかなと思っているので、春古馬3冠をキタサンブラックがかっさらっていきそうな、そんな気がしています。
      サトノダイヤモンドも、宝塚記念に出走するとしても、また2着3着になりそうな、そんな気がしないでもないですね。

      また遊びに来てください!