天皇賞春2015の結果と動画

やっはろー!!KAUZです(*゚▽゚*)

2015年5月3日に京都競馬場で開催された第151回天皇賞春の着順結果と映像動画、配当払い戻し情報です。

スポンサードリンク

着順結果

着順 馬番 馬名 騎手 タイム 体重 人気
1 1 ゴールドシップ 横山典弘 3:14.7 510 2 2
2 14 フェイムゲーム 北村宏司 3:14.7 クビ 456 0 7
3 2 カレンミロティック 蛯名正義 3:14.8 3/4 454 0 10
4 4 ラストインパクト 川田将雅 3:14.9 クビ 492 2 5
5 3 ネオブラックダイヤ 秋山真一郎 3:15.0 1/2 518 8 16
6 6 ホッコーブレーヴ 幸英明 3:15.0 ハナ 474 -6 11
7 13 キズナ 武豊 3:15.2 1 1/4 504 -2 1
8 10 ラブリーデイ C.ルメール 3:15.2 クビ 494 -4 8
9 15 サウンズオブアース 内田博幸 3:15.4 496 -4 4
10 12 デニムアンドルビー 浜中俊 3:15.6 1 1/4 448 -4 9
11 11 フーラブライド 酒井学 3:15.6 クビ 480 -4 14
12 16 ウインバリアシオン 福永祐一 3:15.8 3/4 528 2 6
13 7 トーセンアルニカ 池添謙一 3:16.3 456 -6 17
14 5 タマモベストプレイ 津村明秀 3:16.4 1/2 480 4 15
15 17 アドマイヤデウス 岩田康誠 3:17.5 470 -2 3
16 9 クリールカイザー 田辺裕信 3:17.8 486 -8 12
17 8 スズカデヴィアス 藤岡佑介 3:17.9 クビ 500 -4 13

配当払い戻し

組番 金額 人気
単勝 1 460円 2番人気
複勝 1 260円 4番人気
14 630円 9番人気
2 610円 8番人気
枠連 1-7 690円 3番人気
馬連 1-14 6,060円 22番人気
ワイド 1-14 2,300円 29番人気
1-2 2,460円 36番人気
2-14 6,010円 61番人気
馬単 1-14 8,480円 30番人気
3連複 1-2-14 57,160円 165番人気
3連単 1-14-2 236,300円 678番人気

簡単な回顧

私の予想天皇賞春の予想はコチラから、どうぞ。

土下座AA TARITARI

ゴールドシップもフェイムゲームも選んでない(´・ω・)

優勝したのはゴールドシップでした。2着にフェイムゲーム、3着にカレンミロティックが入りました。ゴールドシップはこれでGⅠ6勝目をマーク、現役最強馬と言ってもいい数字ですね。

ゲート入りを嫌がったゴールドシップ、鞭が入ったりと嫌な予感の枠入りでした。結局は目隠しをするとすんなりとゲートに入りましたが、これでゲート調教再審査となってしまいました。

さて、ハナを主張したのはクリールカイザーでした。スタートして最初のコーナーを回るくらいになると縦長となりましたね。最初の1000mが61.4秒ではありましたが、時計ほどゆっくりになったとは見えませんでしたね。あれ、なんか前が流れてるなぁという気がしました。

最初の3F36.1秒 4F48.6秒 5F61.4秒- 後半5F59.0秒 4F47.0秒 3F35.3秒 ということで、前半スローの流れの中でのレースとなりましたね。

ゴールドシップが向正面辺りで追いだして、3角手前で4番手辺りの位置取りから、4角を回って、先に抜け出したカレンミロティックを捕らえてのレースでしたが、しかし、スタミナお化けというか、スタミナがただ1頭違いましたね。結局、あのレースをされたお陰で、全ての馬の動き出した早まったように感じますし、そういう意味で最後は自分のレースに持ち込んだような気がします。横山典弘騎手が騎乗すると、ゴールドシップが違う馬に見えますね。

結局ゴールドシップは買いませんでしたが、キズナですよね。こちらも予想にも組み込まなかったし、1円も買っていないのですが、今回は追い切りの様子も負荷をかけたくない感じでしたし、なんか問題を抱えているのかなぁという気がします。キズナの坂路での最終追い切りは日本ダービー以来だと聞きましたが、CWで最終追い切りを行っていないのも気にはなっていたんですよね。その坂路の追い切りもコースの左側を馬なりで走っていたので。ここ最近は本調子ではない感じだったのでしょうかね。武豊騎手がGⅠを勝つ姿が観たいし、ダービー馬は毎年頑張ってほしいなと思っているので、このコンビニ期待しているんですけどね。次に宝塚記念ではなく、安田記念に出てきたら買おうかなと思っています。恐らく、距離もあってない。

ウインバリアシオンが下馬

ゴールドシップが帰ってくる時に、ウインバリアシオンに騎乗していた福永祐一騎手が歩いて検量室に戻っていく姿が見えましたが、ウインバリアシオンの情報です。

あくまで確定情報ではないものの、左前脚に違和感を覚えたことにより下馬したとのこと。馬運車に脚をついて歩いていたという情報もあるので、最悪の事態は免れたようです。

尚、このまま引退という話が出ています。公式の情報にてご確認ください。

続報:ウインバリアシオンは左前浅屈腱不全断裂のため競走能力喪失との発表。引退となりました。

コメント

  1. 天皇賞春(◎ゴールドシップ1着!単勝的中^^)・青葉賞(◎レーヴミストラル1着!◎○▲で3連複・馬単的中^^)の回顧

    青葉賞 【◎○▲】【111】着候補 (3連複・馬単的中♪) 天皇賞春 【◎−−】【1−−】着候補 (単勝460円的中♪) にほんブログ村トラコミュ レース結果・回顧 …

タイトルとURLをコピーしました