名古屋グランプリ 2013 予想

スポンサードリンク

2013年12月25日名古屋競馬10R名古屋グランプリ

やっはろー!!本日は明日行われる名古屋グランプリの予想をお伝えしようと思っとります。本当は更新したくなかったなぁ…。24日の聖なる夜に、たまたまスケジュールがポッカリと空いていて、たまたま一緒に過ごしてくれる人がいなくて、たまたま他にやる事がないので、名古屋グランプリの予想を更新しておきたいと思います(´;ω;`)

簡単な傾向でも

出走表などは前回記事をご覧下さい!!

さて、このレースの10年間を遡ってみたいと思います。尚、2005年は雪の影響で開催が行われませんでしたので、期間は2002年から2012年の分から算出していますよ。

前回の記事でも書きましたが、この10年間の優勝馬はJRA所属馬となっています。一応、2001年の第1回目の名古屋グランプリでは地方馬の馬が勝っていますが、この10年間に絞り込むと地方所属馬の優勝がありませんね。

……思ったけど、前回書いた記事の事以上の傾向という傾向が現れなかったんだよね。

ダートグレード競走最長距離の名古屋グランプリなんですけど、その辺りも鍵になりそうですね。

ということなので、もう早速と予想へ参りたいと思います。(ちょっと掘り下げていくのが面倒になったww)

展開予想・予想はこう組み立てました

トウショウフリークとエーシンモアオバー、サイモンロードがハナを主張するかと思いますが、トウショウフリークがここは逃げていく展開になりそう。2番手にサイモンロードがつけ3番手にエーシンモアオバーじゃなかろうかと踏んでいます。

展開は淀みなく進み、ややハイペースの展開になりそう。というより、他地区所属はこのスピードについていけないとみた。

ややハイペースに進んだとすると、サイモンロードの距離適正に疑問を抱く。

やはりここはJRA馬を中心に見ていくのが無難かなと思います。

その中でも最内枠のナイスミーチューは今回初ダートブレード競争。

予想はこうなりました

名古屋グランプリ(JpnⅡ)
馬番 競走馬名
本命 エーシンモアオバー
対抗 ナイスミーチュー
単穴 トウショウフリーク
連下 ランフォルセ
シビルウォー

予想印を付け終えて

ナイスミーチューのマクリ気味の末脚に期待して本命に回そうかと思ったんですけど、やっぱり直線が短すぎるし、何より初の地方競馬場。小倉競馬での勝利などありますけど、もっと小回りコースになるのでここは様子見の対抗推奨。

本命はエーシンモアオバー。前走浦和記念は3着も、着差が1.7秒と心もとないですが、2走前の休養明け初戦ではハタノヴァンクールやシビルウォーを破って優勝を飾っており、前走は2走ボケと信じたい。

単穴にはトウショウフリークを推奨。前残りには警戒しておきたいかなと思うのですが、どちらかと言えばなる狙いに近い形での指名、推奨。

連下の2頭は実績では対抗馬・単穴馬より優れており、名も知れていますよね。

本命から連下へ2通り馬単でも十分に面白いと思うのですが、少波乱、と言ってもそこまで波乱は起きませんが、一筋縄ではいかない競争としても名古屋グランプリはちと有名かと思います。クリスマスプレゼントを名古屋グランプリから頂くといたしますかな、ということで、ちょっと人気の低そうな馬を対抗・単穴に選んでます。

クッソ、隣の部屋の若造、出前でピザを頼んでる!!なにが「ご苦労さんです~」だよ!!

意外と壁が厚かったのか、ドアを開けた瞬間に聞こえる笑い声たち…。

なんてリア充(´;ω;`)

今年も明石家サンタを見て、聖夜を過ごすのか…orz

ハッ!たまたま今年は1人で過ごすんだった(震え)

タイトルとURLをコピーしました