名古屋グランプリ 2013 出走表と簡単な傾向

2013年12月25日名古屋競馬10R第13回名古屋グランプリ

やっはろー!!名古屋グランプリの枠順が確定していましたので、お知らせしておきたいと思います!!後半ではちょっとした考察も書いていますので、是非ご覧いただきたいなと思います!!

名古屋グランプリ出走表

第13回 名古屋グランプリ
馬番馬名性齢斤量騎手厩舎
ナイスミーチュー牡656.0小牧太栗東橋口弘次郎
ハリマノワタリドリ牡756.0下原理兵庫雑賀伸一郎
トウショウフリーク牡656.0武豊栗東今野貞一
リワードアンク牡456.0永森大智高知雑賀正光
キングスリージョン牡756.0大畑雅章愛知今津博之
エイシンフレンチ牡856.0西山裕貴高知松木啓助
エーシンモアオバー牡757.0岡部誠栗東沖芳夫
サトノロマネセ756.0安部幸夫高知雑賀正光
シビルウォー牡857.0内田博幸美浦戸田博文
10ミサキティンバー牡556.0東川公則愛知桜井今朝利
11ランフォルセ牡757.0戸崎圭太美浦萩原清
12サイモンロード牡556.0丸野勝虎愛知角田輝也

簡単な考察

では、簡単に考察を行っていきたいと思います。尚、期間は2012年から2002年。2005年は雪の影響で開催中止。

このレース、過去10年連続でJRA馬が優勝を飾っています。2着以下を見ても2着が2006年に愛知所属だったレッドストーン、3着だと翌年の2007年に兵庫のチャンストウライが入って以降のこの5年間は地方馬の目立った活躍が見られません。

優勝馬に焦点を当ててみていくと、3番人気以内に支持されていて、尚且つ前走がジャパンカップダートを走っていた馬を狙うのがベター。というのも、優勝馬は3番人気いないからしか輩出しておらず、過度な穴馬を探すと危険です。

ただ、2008年に8番人気の馬が2着に、9番人気の馬が2003年に3着、2006年に2着に入っています。

前走がジャパンカップダート以外からの出走馬は、連対以上の成績を残していないとこのレースで勝つのは難しいです

例外的に2010年優勝馬のワンダースピードが前走みやこS10着(最下位)からこのレースで優勝しています。ただ、ワンダースピードは名古屋を得意としており、このレースで言っても2008年に優勝、2009年は2着、そして2010年の優勝。その他名古屋競馬で行われたJBCクラシック3着、名古屋大賞典2着があり、この好走は例外的に見て良さそう。

この5年間を見ると、優勝馬の通過順位は3番手以内。特に4角で先頭もしくは先頭と並走する形の2番手以上で無ければ勝つことが難しいレースです。

地方馬の好走傾向を探っても、あまり傾向としては出てきませんが、前走が名古屋競馬の重賞競走を連対している馬に注目でしょうか。東海菊花賞連対馬が、このレースで穴をあけるケースも見られますが、特に重要視したいのは、JRAのレースに出走していた事があるという点。地方所属でデビューしても、途中中央に転厩、そして地方所属に戻る馬や、逆にデビューがJRAだった馬でも、地方に転厩するなどして、JRAのレースに出走していないと好走は難しいですね。

今回はこの辺で。

次回予告

名古屋グランプリの予想は12月24日、夜21時頃掲載予定!!聖夜に一人寂しい競馬ファンの皆さん!!是非是非また遊びに来てくださいね!!

タイトルとURLをコピーしました