東京盃2019の予想【大井1200m発走20:10】

やっはろー!!KAUZ(@kauzw0o0w)です(*゚▽゚*)

2019年10月2日にTCK大井競馬場で開催される第53回東京盃の展開から導く競馬予想です。東京盃は、距離1200m、出走頭数は15頭、発走時刻は20:10となっています。

さて、10月に入りました。今年残りももうあと3か月しかありません。あっという間に2020年の某大きなスポーツイベントも終わってそうな気がします。

スポーツイベントで思い出したのですが、ラグビーのワールドカップ。日本は大躍進ですね。大会が始まってもあんまし話題になってないような雰囲気でしたが、いざ日本が勝つと盛り上がり、そして2戦目の大金星で一気に盛り上がったという感じですかね。未だにルールとかあんましわかんないし、蹴って得点が認められるのかとか、その辺全くチンプンカンプンではありますけど、勝ってるかどうかというのは分かりますので、それだけで満足です。

なんかで見たので、それが実際のところ全てなのかというと分かりませんが、これまでの日本のラグビー界は、和を中心になんとかしようとしていたらしいのですが、いや、とにかくフィジカルやろ!ってことで、フィジカルトレーニングをしっかりと行うようになって、前回大会の奇跡の勝利や今回の躍進に繋がっているそうですよ。

そういえば、日本のサッカーも、ある時に物凄く体脂肪率などに厳しいときがありましたけど、やっぱりフィジカルというか、日本人って和を大事にするのが常なんですけど、理に適ったトレーニングをすれば、ある程度はちゃんとできるということなんでしょうね。

ちゃんとこの躍進を他のスポーツにも落とし込んでいただいて、日本のスポーツをもっとハイレベルなところへ持って行って欲しいなと思います。

話は大きく脱線しちゃいましたので戻します。笑

さて、東京盃です。JBCスプリントを目指す競走馬たちが登場という感じでしょうか。

JRAからは、ニホンピロタイドとコパノキッキング、ヒザクリゲ、サクセスエナジー、グランドボヌールの5頭が登場。前日オッズでは、1番人気には藤田菜七子騎手が騎乗するコパノキッキングが1.5倍で人気を集めています。2番人気にキャンドルグラス、3番人気にヒザクリゲが入って、ここまでが10倍を切るメンバーとなっています。

さすがにキャンドルグラスが2番人気を維持するなんてことはないと思うし、人気筆頭はグランドボヌールじゃねって思うので、その点ではまぁコパノキッキングも実績では上位だし、この2頭が分け合う形になるのかなと思います。ヒザクリゲもこのまま人気するのかな。よーわからん部分はあるっちゃあるけど、前日オッズからは結構変わると思うんだけどな。

地方所属馬だとどうだろう。ショコラブランは楽しみだと思ったんですけど、惜しい止まりだし。キャンドルグラスは、南関重賞だと通用するんだけど、ダートグレード競走となると今一つという感じ。ブルドッグボスは、通用してもおかしくはないとは思うんだけど、一時の輝きはもう見られません。

ダート短距離だけは、JRA馬に対抗できる存在の競走馬も多数いるのはいるんですが、今回のメンバーだと厳しいのかなと思ってしまいます。もう最初からJRA馬のみと決めつけて馬券を買うのもありなのかなと思って進めていきます。

スポンサードリンク

展開予想とか考察とか

ハナを主張していくのは……どの競走馬なん?

比較的前々に位置取りをしていくるのはグランドボヌールかなと思うんですが、けど、そこまで積極的でもないしなぁ……。

けど、ほかのメンバーをみてもパッとしないので、グランドボヌールが行くんやろって考えて組み立てた方が良さそうですね。

その後ろをサクセスエナジーとヒザクリゲが追いかけて、差のないところでコパノキッキングが追走していく流れ。

ただ、グランドボヌール陣営はそこまで逃げにこだわっているわけではないと思うので、その点ではハイペースでスピードで押し切るというよりも、結果的には引き付けて逃げる形にはなるだろうから、スロー濃厚で、先行勢がそのままなだれ込む内容と考えても良さそうかなと思います。

そう思ったら、もうそんな気がしてしまった……。

予想の印はコチラ

馬番 競走馬名
本命 コパノキッキング
対抗 ヒザクリゲ
単穴 グランドボヌール

印を付け終えて

ということで、本命にはコパノキッキングとしました。さすがに、さすがにこのメンバーなら連対以上、もう重賞初勝利というところまではいくはずです。勝ち負け以上の勝ち負けというべきか。ここで負けたらさすがに競走馬が可哀相なんじゃないかという声すら出てくると思う。別に藤田騎手の大ファンというわけじゃないけど、今後の競馬会のことも考えて、ここをちゃんと勝ちきってほしい。という願いも込めて。

対抗にはヒザクリゲを、単穴にはグランドボヌールを推奨します。残りの2頭のJRA馬もチャンスはありそうだけど、今回はこの3頭の3連複1本勝負で挑みたいと思います!

ってなところで、東京盃の予想を終わりたいと思います。最後までご覧いただきまして誠にありがとうございました(●´ω`●)ゞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました