東京ダービー2015の予想

やっはろー!!KAUZです(*゚▽゚*)

2015年6月3日に大井競馬場で開催される第61回東京ダービーの展開から導く競馬予想です。東京ダービーはダービーウィーク4戦目で距離2000m、出走頭数は16頭、発走時刻は20:10となっています。

南関クラシック初戦の羽田盃はオウマタイムが1番人気に支持されるも2着止まり、優勝したのはストゥディウムでした。そして今回は南関牝馬クラシック路線からもティーズアライズとララベルの2頭、いずれも南関牝馬クラシックの初戦と2戦目をそれぞれ制した2頭が挑んできました。関東オークスに行かないのかな。まぁさすがに連闘はないでしょうね。勝つということを意識すると、関東オークスよりもこっちを選んだという感じでしょうか。4年前にクラーベセクレタが優勝しているので、牝馬が全くダメってことはないんですけどね。注目の2頭ですよね。

昨年はハッピースプリント一色だった東京ダービーですが、今年は南関競馬の有力馬達が雌雄を決するレースという風になりましたね。日本ダービーもワクワクしましたけど、東京ダービーもワクワクできるメンバーが顔を揃えたかなと思います。

それでは張り切って予想を組み立てていきたいと思います。

スポンサードリンク

展開と印はこう組み立てました

ハナに立とうとするのはドライヴシャフトでしょうかね、最内だし、前走は出鞭も入って先手を奪おうとする勢いで先行していきますし、中途半端に包まれるくらいなら、というのはあるかもしれません。ただ、如何せん1完歩目が遅いので、先行は出来たけどハナまではいけなかったというのは考えられる部分ですね。

ただ、仮にそうなったとしても、他に積極的にいきそうな競走馬がいないのも事実。ラッキープリンスが先手の可能性もありますが、って感じですかね。

その他先行馬を見ていくと、ヴェスヴィオやオウマタイム、ララベルもこのメンバーならすんばりと先行できるはず。あとはディーズアライズくらいでしょうかね。

隊列決まれば、すんなりとレースが進むのかなと思いますが、どうだろ。ややスローペースを意識して馬券を組み立てていいのかな、そんな気がしています。

気になるお天気、明日は降水確率80%となっています。午前4時頃から19時くらいまで、時より強い雨が降りそうな降水量になっていますね。稍重ってことはないと思うので、重馬場か不良馬場で組み立てていいのではないでしょうか。

調教追い切り動画

大井競馬場で行われる重賞競走では追い切り動画がアップされています。掲載するのをすっかりと忘れていました。

第61回 東京ダービー(SⅠ) の調教追い切り動画
第61回 東京ダービー(SⅠ) の調教インタビュー動画

予想の印はコチラ

第61回 東京ダービー(SⅠ)
馬番 競走馬名
本命 オウマタイム
対抗 ストゥディウム
単穴 パーティメーカー
連下 ヴェスヴィオ
ララベル

印を付け終えて

ということで、ちょっとチグハグ感ある予想となってしまいましたが、本命にはオウマタイムを。距離延長がどうなるんだろうと思ったんですけどね。その点は不安ではあったものの、前走は見せ場は十分に作れた競走馬ですし、最後は目標にされる可能性は十分にあるのですが、それでもこっちの方を軸に選んだ方が良さそうかなという思いで本命にしました。

対抗にはストゥディウムを。上にも書いたチグハグ感がある部分なんですけど、前が有利だと思うので、後ろからレースを進めるストゥディウムを対抗2番手評価というのも変なのかなと思いますが、上位2頭はなんだかんだ力があると思うので、押えというよりアタマまで意識して。

単穴にはパーティメーカーを。的場文男騎手がダービー制覇するならを考えると、ちょっと難しいかもしれませんが、思い切った騎乗はしてくるはずなので、3着、あって2着辺りは意識できるかなと。ただ、こちらも突っ込んでくるタイプで、展開的にはどこまでという感じも。まぁだけど、的場文男騎手だし、ダービー制覇の期待も込めて。

連下にはヴェスヴィオララベルを選びました。先行して残れて、尚且つ前進可能とあらば、この2頭が有力じゃないかなと思っています。

というところで、東京ダービーの予想を終わりたいと思います。最後までご覧いただきまして誠に誠にありがとうございました(●´ω`●)