東京スポーツ師走杯2014の予想

やっはろー!!KAUZです(*゚▽゚*)

今週の南関競馬は川崎開催。昨日から川崎競馬場でレースが行われていますが、月曜日の更新を休みにしてしまいやすいこのブログらしく、例外なく更新をお休みとさせていただきました。

驚いたのは、12月は昼間の開催だろうと思っていたら、まさかのナイター開催だった件。さすがに寒すぎると思うんですけど、現地観戦をされる方は体調管理に努めてください。騎手の方も大変ですよね。体を壊さないのかと心配になっちゃいますね。ヒートテックくらいは着込んでいるのかな。

スポンサードリンク

展開と印はこう組み立てました

というところで、いつものように展開を考察しつつ印を組み立てていきたいと思います。

900mのレースということでスピードだけで押し切れそうな気もするんですけど、ウィキマジックが最内からガンガン前へ前へという形でハナに立っていくのでしょう。メイショウフォローやリコーシルエット、サウスヤクモが番手争い。その後にプリンセスバリューらが続くのかな。

上にもチラッと書きましたけど、900m辺りになってくると、スピードだけでも押し切れちゃったりと展開不問という感じに見えるんですよね。自分はスプリントが元々苦手なんだけど、1000mを切る距離となるともはやよーわからんって感じですね。

だけど、一応印は回しておきたいと思います。

予想の印はコチラ

東京スポーツ師走杯
馬番 競走馬名
本命 サウスヤクモ
対抗 ウィキマジック
単穴 リコーシルエット
連下 プリンセスバリュー
ギガワット

印を付け終えて

こんなところとなりました。前でも決着かなと思うので、先行勢を中心に印を回しています。

他の競走馬にもチャンスはあると思うし、一瞬のミスが命取りって感じでしょうから紛れも多いでしょう。とりあえず単穴までの3頭には優勝のチャンスは十分にあると思うし、連下の2頭は2着以下辺りで考えていきたいと思います。