東京スプリント2015の予想

※この記事は2015年に行われた東京スプリントの予想記事です。2016年の東京スプリントの予想はコチラをご覧ください。

やっはろー!!KAUZです(*゚▽゚*)

2015年4月8日にTCK大井競馬場で開催される第26回東京スプリントの展開から導く競馬予想のお届けです。このレースはダートグレード競走で、昨年はノーザンリバーが優勝しましたよね。その昨年のレースはブロガーさんと集まってのオフ会みたいな感じでこのレースをスタンドから見ていたのを覚えています。このレースはハズシちゃったんですけど、12Rに逆転サヨナラで当てられたので嬉しかったですね。

そんな東京スプリントですが、今年もなかなかのメンバーが集まったなという感じですね。JRA勢からはシゲルカガとダノンレジェンド、グレープブランデー、ノーザンリバー、ドリームバレンチノの5頭。大井競馬場では強さを発揮するノーザンリバーに、JBCスプリントで優勝したドリームバレンチノ、そして前日オッズで圧倒的な人気に支持されているダノンレジェンドと、役者は揃ったなぁと思います。

迎え撃つ地方勢、特に南関勢はジョーメテオとサトノタイガーが出走してきました。サトノタイガーはカペラステークスでダノンレジェンドに0.9秒離されたものの2着を死守。JBCスプリントではタイム差なしの2着に入る活躍を見せた1頭です。その時に騎乗した吉原騎手が騎乗するという点も頼もしい限りですよね。

それでは予想を書いていきたいと思います。このレースは大井競馬場の1200mで競われるスプリント戦。出走頭数は14頭、発走時刻は20:10となっています。

いつものように展開を意識しつつ、重い印はJRA馬に回していきたいと思います。笑

スポンサードリンク

調教追い切り動画

第26回 東京スプリント(JpnIII)の調教追い切り動画
第26回 東京スプリント(JpnIII)の調教インタビュー動画

TCK大井競馬場で行われる重賞競走では、調教追い切り動画が公開されています。是非、予想の参考にされてみてください。

展開と印はこう組み立てました

ハナを主張するのは2枠に入ったシゲルカガでしょう。絶対に逃げたいと思っているはずですね。番手にはダノンレジェンド、グレープブランデーはその後ろ。続いてサトノタイガーとノーザンリバー、ドリームバレンチノが追走していく形になると思います。その後ろにピエールタイガーやゴーディが続くでしょうか。

スプリント戦ではあるのですが、今年は前半3F34秒台前半、34.3秒辺りで、後半は36秒台後半、昨年と同じような流れになるんじゃないかなとみているんですがどうでしょうかね。

その辺りじゃないかなと想定して組み立てていきたいと思います!

予想の印はコチラ

第26回 東京スプリント(JpnⅢ)
馬番 競走馬名
本命 ダノンレジェンド
対抗 ドリームバレンチノ
単穴 ノーザンリバー
連下 グレープブランデー
サトノタイガー

印を付け終えて

というところで、本命にはダノンレジェンド。有力馬が揃ったかなという感じがするので、自信を持ってという感じじゃないのは事実なんですけど、軸本命という意味で言ったらまぁ2着は外さないだろうという予想です。ここでの大敗は考えにくいなというのが前走黒船賞を観た印象ですね。人気に支持されそうではありますが、ここは逆らわずに。ただ、前日最終オッズは1.2倍は、ちょっと怖いですけどね…どうやろうか。

対抗にはドリームバレンチノ。前走黒船賞で2着に入っていますが、ダートグレード競走の1200mはここまで2戦して1勝2着1回という安定感。ダート1200mのこの舞台ならば好勝負でしょう。

単穴には昨年の優勝馬のノーザンリバー。JBCスプリントでは1番人気に支持されながらも5着に敗れはしましたが、それでも差は1馬身半程度。カペラステークスでは離されてしまいましたが、休みを挟んだ方がこの競走馬は走るタイプ。一発があるならば。

連下にはグレープブランデーサトノタイガーを。こちらはあって2着3着かなという感じで、優勝はないんじゃないかなと見ている2頭です。

というところで、東京スプリントの予想を終わりたいと思います。最後までご覧いただきまして誠にありがとうございました(●´ω`●)

タイトルとURLをコピーしました