菊花賞の予想は起きたらやる、たぶん。

東京スプリント2019の予想

やっはろー!!KAUZ(@kauzw0o0w)です(*゚▽゚*)

2019年4月10日にTCK大井競馬場にて開催される第30回東京スプリントの展開から導く競馬予想です。東京スプリントは距離1200m、出走頭数は16頭、発走時刻は20:10となっています。

さて、今回は藤田菜七子騎手がコパノキッキングに騎乗します。前日オッズの時点では2.0倍で1番人気になっていますね。藤田騎手の人気でなっているのか、競走馬の実力が加味されて選ばれているのかすこーし分かりづらいものの、2番人気ホウショウナウが4.4倍、3番人気にヒロシゲゴールドで4.7倍、4番人気にキタサンミカヅキで8.2倍、5番人気にキャンドルグラスで8.6倍ということで、競走馬の実力も加味されてという感じかもしれませんね。笑

10倍以下に地方馬が2頭いますので、差は少ないと考えられているのだろうなと思います。

たしかに、ヒロシゲゴールドとか名前を聞いたことがないので、その点ではそうなんだろうなと思いますね。笑

まぁ長々と前書きを書くのもどうかなと思うので、さっそくではありますが印を打ちこんでいきたいと思います。

スポンサードリンク

2019年の東京スプリントの展開予想など考察

ハナを主張していくのはヒロシゲゴールドだと考えていいでしょう。他にハナを主張できるだけのダッシュ力がある競走馬が見当たらないので、これまで通りでいいんじゃないかなと。

2番手にはアクティブミノルかなぁ…。大外のテーオーヘリオスも先行力はあるので、切り込みながらいくのかもしれません。

キャンドルグラスらも枠的には包まれるよりかは出していきたいはずで、多少はオーバーペースになるかもしれませんけど、行けるなら行きたいと思っているのではないかとみています。

ただ、ヒロシゲゴールドが淡々と逃げていけるだけのペースになるのではないかなと思います。

武豊騎手の逃げは買えるし、あまり大井競馬場のイメージはないところは目を瞑ってから購入していきたいと思います。笑

予想の印

馬番 競走馬名
本命 ヒロシゲゴールド
対抗 ホウショウナウ
単穴 コパノキッキング
連下 キャンドルグラス

印を付け終えて

ということで、本命にはヒロシゲゴールドとします。ハナを主張して残しきれると判断しました。

対抗にはホウショウナウを。よくよく考えるとこの世代でもトップ争いには食い込めていないものの、ルヴァンスレーヴの4着なんかもあるので、レベルは高いものと思います。前走のポジションだけが気になるんですけど、M.デムーロ騎手はそこまで大井競馬場を苦にはしていないので、前向きに見ていいんじゃないかなぁと。

単穴にはコパノキッキングを。競走馬の力はメンバー随一だろうと思うのですが、まぁ不安材料筆頭と言えば騎手が不安。ということで3番手評価までとしておきます。

連下にはキャンドルグラスとしました。前走フジノウェーブ記念なので、地方馬の重賞で2着だと厳しいかなと思ったんですけどね。ただし、キャプテンキングは昨夜のブリリアントカップを優勝しているだけの実力馬。しかも、メンバーが揃った中でのレースでの優勝ですので楽しみですね。

今回は4頭としました。キタサンミカヅキも買おうと思えば買えるんですけどね。東京盃の勝ち馬でもありますので、コース適正は十分。そのときも休み明けなので全然問題ないっぽい雰囲気。

だけど、なぁんかパッとしないということで今回はパスしました。ここはもう直感勝負ですね。

ってなところで、東京スプリントの予想を終わりたいと思います。最後までご覧いただきまして誠にありがとうございました(●´ω`●)ゞ

タイトルとURLをコピーしました