東京盃2017の予想

やっはろー!!@KAUZです(*゚▽゚*)

2017年10月4日にTCK大井競馬場で開催される第51回東京盃の展開から導く競馬予想です。東京盃は、距離1200m、出走頭数は16頭、発走時刻は20:10となっています。

さて、10月4日はキタサンで有名な北島三郎氏のお誕生日です。まぁキタサンで有名なというか、普通は演歌歌手で有名なって感じでしょうけど、競馬ブログなのでご愛敬。

キタサンミカヅキがどう馬券に絡むのかな、というサイン的な考えをしてしまいますけど、JRAでは全く通用していなかったので、その点ではこのメンバーでも…という印象は受けますけど、前走の勝ちっぷりは良かったかなと思うので迷うところですね。

JARからは、ショコラブランとニシケンモノノフ、コーリンベリー、ドリームバレンチノ、ナックビーナスの5頭が参戦。

他地区からは、トウケイタイガーが面白いのかなと思いますけど、どうでしょうかね。迎え撃つ南関勢ではキタサンミカヅキの他、ブルドッグボスもいますのでメンバー的には面白いのかなと思います。

あんまし体調がよろしくない感じなので、サクッと予想していきたいと思います。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

展開と印はこう組み立てました

ニシケンモノノフが積極的にぶっ飛ばしていくんじゃないかなと思います。前日オッズが1.1倍とは、全く買う気にならない1頭ではありますけど、明日はちょっとオッズが動くんかな。

2番手にはスアデラやトウケイタイガーが行くのかなと思います。トウケイタイガーは、なにがなんでも自分の競馬に持ち込みたいはずだと思いますので、2番手の外を走る形になるのではないかと思います。

ダートは久々のナックビーナスやショコラブランもこのメンバーであれば前々でレースをしてくることになるはずで、まぁなんというか、序盤のペースは上がりそうかなと思います。3角4角で一度は息を入れに行くと思いますが、それでも前を走る競走馬には厳しいペースになるのではないかと思っています。

追い切り動画をチェック!

大井競馬場で実施される重賞では、追い切りの動画が配信されていますので、ご興味あればご覧になってみてもいいのかなと思います。


こうしてみると、ニシケンモノノフは勝負度合いが高そうな動きを披露していますね。

コーリンベリーの追い切りは、どこを映したらああなるんだろう…。ショコラブランは、映像からは分かりませんけど、時計だけを見るとやや地味ですかね。

予想の印はコチラ

第51回 東京盃(JpnⅡ)
馬番 競走馬名
本命 コーリンベリー
対抗 ドリームバレンチノ
単穴 ブルドッグボス
連下 ショコラブラン
ニシケンモノノフ

印を付け終えて

ということで、本命には昨年の2着馬であるコーリンベリーとしました。状態としては明らかに次のJBCスプリントを狙いにいっているんだろうなというスケジュールではあるんですけど、展開的にベストはかなと思います。対抗のドリームバレンチノは、近走の成績がイマイチ過ぎて強くは推せないものの、こちらも展開的には恩恵は受けるはず。

まぁあとは妥当かなというところを選びました。ニシケンモノノフは、追い切りの動きが良かったように思ったんで選択しました。展開的にはどうかなと思うものの、勝負度合いとやらは高そうに思いますね。

ってなところで、東京盃の予想を終わりたいと思います。最後までご覧いただきまして、まことにありがとうございました(●´ω`●)

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ