浦和記念2017の予想

やっはろー!!@KAUZです(*゚▽゚*)

2017年11月23日に浦和競馬場にて開催される第38回浦和記念の展開から導く競馬予想です。浦和記念は、距離2000m、出走頭数は11頭、発走時刻は15:25となっています。

前日オッズを見ると、南関馬のヒガシウィルウィンが2.7倍の1番人気になっています。2番人気にはオールブラッシュで3.3倍。3番人気にはナムラアラシで4.7倍。4番人気にはクリノスターオーで7.0倍で、ここまでが10倍を切るメンバーです。

ジャパンダートダービーを制したヒガシウィルウィンですけど、大井競馬場の2000mは走りそうだなってことで、ジャパンダートダービーは重い印を打ちましたけど、今回は浦和競馬場なのがなぁという気もします。東京大賞典を見据えているのかなと思うんですけど、どうなるでしょうかねー。

その他、JRAからはマイネルバサラが参戦していますが、南関馬でも太刀打ちできそうな気もしないでもないですね。

チャンピオンズカップの1週前ということ、武蔵野ステークスが行われた直後であることなどを考えると、JRA馬はあまりに手薄感。

今後の南関を背負ってもらいたいヒガシウィルウィンには、なんとか頑張って上位に食い込んで欲しいと思うんですけど…どうでしょうかね。

印を打っていきたいと思います。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

展開と印はこう組み立てました

ハナを主張するのは、大外となりましたけどオールブラッシュでしょう。川崎記念を優勝して以降は、3戦いずれもダートグレード競走に出走して敗れていますが、やや負け過ぎ感は否めません。しかし、ここでいきなり自分の競馬を変えてくることも考えにくく、行くんでしょうね。

2番手のところをクリノスターオー、3番手の内目にタマモホルン辺りが追走していくものと思います。

コーナーを6回通過するので、ペースは落ち付きやすいコース。だと思うんですけど、近5年は前半の方が時計が速いんですよね。昨年は前半5Fと後半5Fだと、4秒近く前半の方が速いです。

だから今回のレースがハイペースになるかというのはちょっと違う見方なんですけど、ハイペースになり易いレースであるということは言えるのではないかなと。それに先行勢が粘って勝っているレースですので、それでも先行勢を狙うのがベターっぽいのかなと思います。

予想の印はコチラ

第38回 浦和記念(JpnⅡ)
馬番 競走馬名
本命 ヒガシウィルウィン
対抗 クリノスターオー
単穴 オールブラッシュ
連下 マイネルバサラ

印を付け終えて

ということで、ヒガシウィルウィンを本命にしました。ここは足りるんじゃないかなと思うメンバー。古馬との初対戦というのは怖いのですが、浦和競馬場自体はニューイヤーカップにて走っています。距離は1600mだったので、その点ではどうかなと思うんですけど、小回りコースでコーナーを4回経験しているのは大きいのかなと。

対抗以下は迷いに迷ってJRA馬を3頭。クリノスターオーとオールブラッシュ、マイネルバサラを選択。今回の浦和記念は、計4頭を選びました。

グランディオーソやバルダッサーレの2頭を始め、気になった南関馬もいますけど、うーんって感じで消しました。まぁこういうことを書くと来るのがこのブログのクオリティなので、気にされる方は気にされてみていいかも。なんか感じる部分はあるのかなと。

ってなところで、浦和記念の予想を終わりたいと思います。最後までご覧いただきまして、まことにありがとうございました(●´ω`●)

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ