過去記事の見直し、また内部リンクの見直しを行っております。記事やカテゴリのURLが変更となる場合がございます。

ギャンブルや投資で勝つ為に必要な5箇条を書いてみたった

スポンサードリンク

やっはろー!!KAUZです(*゚▽゚*)

このサイトは主に競馬について書いていますが、ギャンブルで勝つ方法とは何ぞと考えてみました。

は!?この万年負け組ブログで勝つ為に必要なこと…。あー、なるほどね。このブログの本命馬をハズして馬券を買ったら勝てるんじゃねってことか?ww

ギャンブルや投資で勝つ方法ビンタ写真

まぁ確かに、このブログの予想印通りに買い続ければ間違いなく負け組、いや破産の2文字も見えてる。それは紛れもない事実。事実なのよーという感じですが、一応は、元スロプー。まだ若い頃、それはそれは毎日のようにパチ屋に赴き、そして年間で100万単位のプラスがあった(年もあった)。

それに反面教師として教えることだって出来るじゃないか精神ですよね。物は考えよう。

ただ、今から書くことをやったからと言って絶対に勝てるようになるのか、と言われるとそれは断じて違うと先に書いておきたいと思います。

また、過去に書いたギャンブル依存症を克服する為に必要だと思う5つのことという記事にも書いたようなことを繰り返し書いていると思うし、いわゆる、ギャンブルで勝つぞ!と謳っているサイトや書籍に近いことをただ繰り返し書いているので、どこかで見たことがあるぞっと思われた方は、そっとブラウザを閉じるか、戻るボタンを押して、前の画面に戻っていただければ幸いです。

前もって書きますが、新鮮なことは何1つ書いていません。

勝つ為にはこうしないさいよ、ああしないさいよって書かれていることをそのまま書き直した、程度に見て頂けると幸いですし、恐らく読み終えた後に「ハッ???」って思う方も多いはずです。

また、偉そうに書いていますが、自分は極々普通の20代後半くらいの一般サラリーマンよりちょっと低いくらいの給与(いや、完全なワープワだわww)で、尚且つブログなどを含めたネットでの収支は、まぁ月1万は余裕で超えているけど、アフィリエイトやブログだけでの生活は難しいかなぁくらいです。ギャンブル、つい最近始めた競艇を含めて、パチスロと競馬はここ2年くらいはプラスで終わった月がないんじゃないかってくらいですね。いや、勿論プラス収支もありますけど、負けてる月の方が断然多いのは、まぁこのブログを読んでいる方にしてみればお察しレベルですよ。完全に遊びの範疇で、それで儲けようとは思わなくなりましたし、パチスロ・パチンコはとりあえず数はかなり少なくなりました。ヱヴァが出たらやるよ、くらいかな。あとは好きなアニメがタイアップして出てきたときは並んででも打ったり、昔好きだった機種の続編が出たら回すかな、くらいです。

スポンサードリンク

ギャンブルや投資で勝つ方法

よぉし、今日からギャンブルで勝ちまくるぞ(´▽`*)

1.お金と知識は人生の邪魔にならない

これは私のモットー、というか座右銘。誰だったか、高橋英樹さんだったか梅宮辰夫さんだったか、大御所と呼ばれる人がテレビで言ってて、まさにそうだなと思いました。

もっとも、上記の言葉”お金と知識は人生で邪魔にならない”とはそのままなのですが、ここで言うところ、お金というのは投資金、そして知識というのは情報という言葉に置き換えることが可能だと思います。

ちなみに、スロプーをしていたころ、主にはスロットのイベント日を狙い打ちしていました。その為には何よりも情報が大事。その為に、アホみたいにメルマガ会員になってましたね。70店くらいは登録していたので、朝7時半くらいからひっきりなしに22時くらいまでメールが入ってきていて、それはそれでちょっと賑やかでした。

そして打つ台の知識も大事でしたね。昔だったから、ということもあるのかもしれませんが、今この台はどの状態にいるのか、この台はそもそも高設定なのか、というポイントになるところ、かなり調べていましたね。また、ここは設定差がありそうだなと思ったところはとりあえず只管メモ。ずっと携帯電話とカウンターを使って、雑誌で情報が出る前に自分なりの解析を入れてました。

今は、解析するまでもなく低設定のオンパレードで、台の知識と言えばゾーンと天井みたいになっていますが、極稀に”この演出って設定3以上が確定だったはず”という台に巡り合ったりします。その時に、そのまま続行できるだけの知識があるのか、それともそれをスルーしてしまって台を捨てるのか、というのは大きな違いになってしまいます。

競馬もそうですが、情報が左右することが多いと思います。追い切りで全く動いていない有力馬や、実は中間に怪我をして全く乗り込み量が足りていないだとか、終わってから言うなよって声も聞かれますが、知っている人は知っている情報だったりします。

その為に今できることは、とりあえずはインターネットを駆使する、その一言に尽きるのではないでしょうか。

今、段々と検索分野が終わってきていると言われています。アプリの時代、とでもいえばいいのでしょうか。アプリというと、簡単に言えば受け身、ですよね。自発的に情報を得ようとするのではなく、そのアプリに更新された情報を読む、ということになっていきます。

しかし、鮮度の高い情報や良い情報というのは、ネット上には沢山落ちています。誰かが書いているんです。

ただ、ネット上は怖いもので、人を騙そうとして嘘の情報や、騙すつもりはないものの間違った情報を書いていたりとすることも多々見受けられます。私なりのそう言った情報を回避する方法として、似た言葉で検索し直して、違うブログやウェブサイトにも書いてあればある程度正確なのかなと思っています。また、ブログである場合は、コメントにどんなことを書いてあるのかというところは大事じゃないかなと思います。また、今で言うとTwitterでどれだけ回っているのか、というのも1つの目安です。また検索するとリツイートされたものが出てきたりしますが、そこにコメントが載っていれば尚更良い情報なのかなと思っています。

検索はGoogleとYahoo!は同じ検索システムを用いているものの、リアルタイム検索ではYahoo!検索が便利です。リアルタイムでどれだけ言及があるのか、というのも1つ大事な項目だろうと思っています。

また、株の売買やFX等で勝とうと思っている場合は、まずは初心者さん向けの本を読んだほうが良いのかなと私は思っています。知識を増やして、中級者や上級者向けの本を、そして、本を1冊だけじゃなくて、3冊4冊と読んでいき、共通の事が書かれている部分があるはずです。その共通の事というのが非常に大事で、そこが肝になっているといっても過言ではないと思います。これは競馬でも競艇でも同じことだと思います。そこが基礎の基礎になっている、と言ってしまっていいと思います。

そこをおざなりにして考えていると、間違いなく勝てる可能性は低くなるでしょう。

ギャンブルや投資で勝つには、まずは情報を集めるというところに時間を割いてみてください。

2.負けることは勝つ為の助走

世の中には全勝と言う人もいるかもしれません。しかし、ギャンブルや投資をやっている人は分かっていることですが、必ず負けることもあるということです。

負けることを恐れない、というのは非常に大事なことだと思います。負けることはあるものだから仕方がないと割り切ることでしょうか。

2勝8敗。プロの世界でこんな数字の悪いことはありません。野球でもサッカーにしても、いわゆるスポーツと呼ばれているものは、左記の成績ならボロボロです。

ですが、ギャンブルの世界だと、これでも勝てる方法は残っていると思います。いや、経験上、2勝8敗ならトントン程度かなと思うのですが、しかし、トントンには持っていけます。

負けることはあるものだけど、負ける額を小さくして、勝つときに大きく勝つ

これはまず、どんなギャンブルにでも言えることだと思います。いわゆる”コツコツドカン”タイプはギャンブルの世界では絶対に勝ち残れません。コツコツドカンとはコツコツと儲けて、ドカンと負ける事ですね。

それを回避(リスクの回避)するために、まず大事なことを細かく3つに分けてみたいと思います。

冷静になる

冷静な気持ちを持つことは大事なことです。直ぐに熱くなるタイプの人間は向いていませんと断言できます。スロットで言うところ、低設定だと判断した後に無暗に投資を続けることや、競馬などで身丈に合っていない額のお金をつぎ込むことですね。冷静に今の現状・立場を客観的に分析出来る能力に長けている人こそギャンブルで勝てるってものよ。

ちなみに、「このお金を使っても大丈夫だっけかな」と考えている人が周りにいましたが、大丈夫かなと考えている時点で、それは大丈夫じゃないです。これは投資に使うお金だ、遊ぶお金だと決めている範囲でやらないと、これは使っていいのかな…と考えている時点で無計画か、気持ちが持っていかれて突発的な状況に陥っています。グッと堪えて、計画的に使えるようになるまで待ちましょう。

危機管理能力を養う

危機管理能力、という言葉が正しいかどうかはさておき、言葉のニュアンスで捉えてほしいのですが、これは仕事でも何でも一緒だと私は思います。時間にゆとりがあるのか、予算にゆとりがあるのか、何が不備はないだろうか、と色々と想定が出来る人はギャンブルでも勝てると思います。高設定だと判断したスロット台、しかし、全てが全ての部分で設定差がある部分に該当していることなんて稀で、この数値は高設定なんだけど、この部分は低設定だな、とか常に考えていかなくてはいけません。特に投資が続いている状態ですね。全く結果が出ていないのだけど、これは高設定っぽいぞっと思っているとき。撤退のタイミングをどこかで図るのか、それとも高設定だと確信して投資を続けるのか、危機管理の1つだと言えるかと思います。競馬において、例えば天候。雨が降った場合にはこのコースでは一気に内枠が有利に流れる、などなど、情報をしっかりと前もって準備出来ている人、バリエーション豊富に作戦が立てられる人、そういう人は人間としてもカッコいいですよね。

ジンクスはあくまでジンクス

人はジンクスというものを信じたくなるものです。ただ、ジンクスとはあくまでジンクスで、過去に上手くいったときの記憶と言うのはずっと頭の中に残るものです。

ちなみに、これは今もそうなのかはわかりませんが、私の知る限り7年程前はスロットにおいて店が出したいときに使う設定は、設定3と設定5です。偶数は安定して出るので高設定だとバレ易い反面、奇数設定は出玉が荒れる為、なかなか長時間座る人が少ないのが理由の1つです。仮にも設定6だとバレた場合は、その島に人がいなくなることも考えられます。そこを避けたいという店の心理ですね(逆にAタイプ・ノーマルタイプと言われているものはしっかりと設定を使っていることをアピールするため偶数メインで使います。まぁ店によっても違うんだろうけどね。)。その為、短時間に噴くこともあり、たまたま空き台に座った人が運良く噴いて、後日、迷ったときや負けこんだときに、昔その噴いた台を打ちまくる、というのはよく言われていたことでした。良い頃を思い出して打ってしまうんだそうです。

他にもこのパンツを履いていけば勝てる、とか、このルートで店に行った時に勝てた、挙句にはカツサンドを食べなきゃ、お金をキチッと向きを揃えなきゃ、他にも言いだしたらキリがないのですが、そういうジンクスと言われているものを信じて、どこから湧いてくるのかわからない自信や全く根拠のない投資をやっている人は間違いなく負けています。

冷蔵庫に賞味期限が切れたものを入れておくと運気が落ちる、玄関は綺麗にしておかないと、トイレを綺麗にしてトイレの神様に好かれないと、確かに気持ちの持ちようでは大事かもしれませんが、あまり過信しすぎるのも如何なものかなと思っています。

ギャンブルや投資で勝つには、以上の3つのポイントを頭に、そして負けることがあっても、ドカンと負けることを避けるように心がけてください。

3.臨機応変は常にリスクとの戦い

実生活において、仕事において、臨機応変な対応というものを求められる機会が多いです。

ただ、株にしろFXにしろギャンブルにしろ、臨機応変というのは危険を伴います。というか、危険でしかありません。

例えば、イベント毎に角台には絶対に設定を入れてこない店があるとして、抽選が悪く角台しか空いていない状況があるとします。それでも、店長が変わったから角台に入れるのではないか、イベントにしては弱いから、見せ台として角に設定を入れてくるのではないか、そういった考えが過り座ることってあったりするんじゃないかなと思います。

株やFXにおいて、ローソクや平均線を眺めていつも決まったタイミングや機械的に組んだ方法で売買していたものを、いきなり何の脈絡もなく、ニュースになった銘柄を買ってみたりまたは売ってみたり、今までの投資のスタイルと違ったことをすると上手くハマる可能性はあるものの、総合的に見ていくと、マイルールから逸脱した行為やマイスタイルとは言えないようなやり方をしていけば、大きなものを獲れない可能性はありますが、しかしそれは同時にリスクを増やしてしまいます。

勝つ為には今まで培った経験が全てで、その経験が固まっていない状況の中で、前の項目の3つのポイントから逸した行為は、リスクを必ず伴います。

ただ、投資やギャンブルにおいて、臨機応変な柔軟な考えなくしては、今後勝ち続けるのが難しいのも事実だと私は考えています。

例えば、今仮に90%の確率で勝てる方法があるとします。しかし、その方法は常に古くなっていきます。自分しか気づかないと思っていたことでも、あるとき他人に気づかれ、そしていつかはそれは古い手法だと言われれます。

1人だけが知っていればそれは必勝法でも、みんなが知れば、それは必勝法ではなく基礎になってしまいます。基礎の上に、オリジナルなことをやっていかなくては、今後勝ち続けるのは難しくなります。

凝り固めてしまって決めたルールや常に同じことをやり続けて他の考えを排除していくと、ある時を境に勝てなくなります。それを回避するためにも、常に新しい必勝法、ルールの見直しや新しい気づきを得るために、臨機応変な考えというのものは持っておかなくてはいけないと思います。これはギャンブルや投資で、というより、今で言うとせどりとか、ブログとかで言えばSEOの分野でもそういったものでも一緒じゃないかなと思います。

常に新しい気づきは必要で、気づくためには考えることが必要になります。その為には、臨機応変な考えというものは、その部分で必要になってくると思います。

4.準備に拘れば、結果はついてくる

所謂ところ、”勝ち組”になれない方々は、いや、私もそうなんですけど、結果ばかりに目が行ってしまい、準備の部分が疎かになってしまっている人が多いのかなと思います。

これは個人的に思ったことですが、まだスロプーだったころ、自分は違うなと感じたのは、よく一緒に遊ぶ人は、よく21時頃から飲み始め、3時くらいまで飲んでいる方とかもいました。勿論、その方もスロットを打っていて、尚且つセミプロみたいな人でした。自分は何故この人が勝てるのだろうかと疑問に思ったことがありますが、やはり1年を立たずしてバイトの量を増やしていました。

閉店間際に店を回ることって次の日の立ち回りにかなり差が出てきます。勿論、住んでいた場所がよかったのかもしれませんが、神奈川は朝9時10分オープンが多く、東京は10時オープンが殆どです。その為、朝一、神奈川で抽選が悪く狙い台が取れなくても、東京の10時開店の店に行って、前の日にハマっていた台などの立ち回りを行った後、イベントを行っていた神奈川の店に昼過ぎに戻るというような行動をすることも出来、収支は安定していました。

勝っている人は、結果も大事ですが、それ以上に準備の部分に余念がないのかなと思います。

株で生活している人が知り合いにいたり、アフィリエイトだけで生活している人などとお話をする機会も多かった私のこれまでの人生ですが、規則正しい生活を行っている人が多かったり、自分の体のメンテナンス作業に時間を割く人も多かったです。

逆に、私みたいに朝3時に記事を更新してみたり、昼過ぎて起きて、とりあえず記事更新するかーというような人は、意外と自己満足で終わっていて、あまり稼げていないという人も多いですね。まぁ私は仕事の都合で、どうしても昼過ぎに起きないとその後が辛くなるような時間帯に起きているだけなんですけどね。

また、共通していることの一つに、午前でも午後でもいいのですが、本を読む人がある程度の勝ち組になっているのかなと思います。勘違いしてほしくないのは、好きな小説家の本を読む時間は別に割いていて、漫画を読む時間は別に割いていて、ゲームする時間も別に作っていて、尚且つ本を読む時間、勉強する時間とでもいうのでしょうか。所謂、ビジネス書や株なら株の、FXならFXの本を読んでいる人が多かったのが印象的でした。

スロットやパチンコ、競馬や競艇など、ギャンブルで言えば、個人ブログを読むことでもいいと思います。どういう考えや手法を使っているのかというプロセスと言えばいいのでしょうか。そこで新しい気づきや新しい手法のヒントが落ちていることが多いのではないかなと思います。

常に新しい気づきを得られる環境にいる人が、私の周りにいる、今現時点で勝ち組だろうなと言える人の共通のポイントじゃないかなと思います。

あと、これはたまたまだろうと思いますが、これはFXや株、ギャンブルでの収益だけに拘らず、私の周りにいる年収1000万越えの方って、無趣味かもしくはアウトドア系の趣味の人、自転車やバイクが主ですが、バーベキュー好きでゴールデンウィークは必ず多摩川でバーベキューをやっている人とかが多かったですね。笑

年齢もあるのでしょうが、ゴルフ好きな人や野球観戦が好きな人っていなかったかも。サッカーの日本代表戦の日に、平気で遊びに誘われたりしていましたね。ただ、アニメ好きの人はいたりしましたね。オタクとかマニアレベルまでではなく、それ観てるよ程度ですけどね。ってことで、自分のアニメ好きを肯定してみたり。

5.当たり前のことをどれだけ当たり前に出来るのか

これはまとめですね。以上のことは当たり前の事、なんですよね。当たり前体操とかって流行ってましたけど、そういう当たり前のことではなく、例えば難関大学に進学を希望している人間が、1日30分の勉強で突破できるのか、というのは難しいと思います。ある程度の閃きの能力も必要になり、そこには個人差があるのだろうと思うのですが、やはり地道に積み重ねた努力というものが必要になってくると思います。その努力なくしては、難関大学を突破するというこは不可能に近いと思います。その努力とは、当たり前のことですが、毎日きちっと復習を行ったり、勉強の基礎を疎かにしないという考えじゃないかなと思います。

他にも、仕事で独立しようと考えていたりする。例えばラーメン屋を開こうとしているにもかかわらず、全くラーメンの研究もせず、全く立地調査を行わずに、ただテキトーに闇雲に店を開いても、1年後、3年後に店が持続しているのか、というのは些か疑問です。ラーメン屋で成功しようとしているのであれば、ある程度のラーメンの知識の収得、研究は非常に大事になってくると思いますし、店を開く場所が、今後も変わらずに人が流れているのか、それとも今は人の流れがないものの、3か月後に大きな道路が完成して人の流れが変化するなど、ある程度のラーメン以外の知識・情報を持ち合わせていないとラーメン店を繁盛させるというポイントにおいては難しくなるでしょう。

だけど、よくよく考えてみると当たり前のことだと思いませんか?中には勿論、テキトーにやってみて、なんだか軌道に乗って、なんだかわかんないけど繁盛している店というのもある一定数あっても不思議ではありませんが、これだけラーメン屋などの飲食店が乱立する世の中で、成功するためにはある程度の努力は必要です。

それはギャンブルや投資で結果を残すということにおいても、非常に大事なポイントで、何1つとして疎かに出来ません。情報を集めるのは面倒だけど勝ちたい、直ぐに熱くなって万単位のお金を短時間で吹っ飛ばすけど勝ちたい、前もこの服を着ていって万枚を出したから、今日も同じ服装だから万枚が出るなどと意味不明な根拠での投資、常に臨機応変で、何が基礎となっているのか、何に軸においているのか分からないスタイルの人が勝ちたいと思っている。そう聞いて、まぁ負けるよねってみんながみんな思っているはず。

だけど、負けている人、という人は、必ず上記のどれかに該当していたりしています。

また、これまでは勝てていたのに、ある時を境に勝てなくなってしまった人は、自分のスタイル以外での投資が増えてしまっている、調子の乗って違う方法を取り入れてみたなど、今までの自分とか違う考えに陥っている、または油断してしまっている状況か、今までの手法が使えなくなっているのかのパターンしかないと思います。

勝つ為には必ず根拠が必要です。根拠、というと難しく感じるかもしれませんが、理論的に考えて、客観的に見て誰もが勝てる方法の事だと思ってください。

自分の中で組み立てた必勝法が理論立てて言葉で説明できるのか、出来なければ、何かが破綻していると思っていいと思います。

客観的に見て、自分だけが出来る方法というものは必ずどこかに支障が出てきます。また、自分だけが気づいている状況は歓迎材料ですが、そこには一定のリスクも伴います。誰がやっても勝てる方法を人に教える教えないは別にして、誰がやっても勝てる方法というのは、言葉通り誰がやっても勝てるのですから、それはもう必勝法と言っていいのではないでしょうか。その方法を使い込んで儲けるもよし、上にも書きましたが、絶対に誰かが気づき真似してきます。そうすると使えなくなってきます。そうすると、その情報を知らない人に売ることもできるでしょうし、違う稼ぎ方というのも見えてきますよね。

まぁそこまですると、ギャンブルや投資で勝つということからやや脱線してきますが、ようは稼ぎたいってことでの方法論での問題だと思うので、一応は述べておきますが、大体のパチンコ・スロットブログで有名どころの方々は、既にスロットやパチンコでの収益を減らしつつ、ブログでの収益やイベントや講座等を開いてそこからの収益やその他株やFXなどに稼ぎをシフトしています。株やFXのブログの方々も一緒で、どこかでタイアップを行ってアフィリエイト収益や本を出版したりして、収益確保の分散を行っています。

ちょっと脱線しちゃいましたが、以上がギャンブルや投資で勝つ為に必要な5箇条だと思います。方法論を期待された方は、考え、マインド的なお話で申し訳ございません。

今、結果が出ていない方は、上記の事を意識する、意識し直すことで、結果がついてくる可能性も十分に有ると思います。是非、上記の言葉を胸に秘めて、お互いに頑張っていきましょう(●´ω`●)

いや、俺が頑張るわ(´・ω・)

雑記
スポンサードリンク
シェアしていただけると嬉しいです!
このブログをフォローする
中央と南関東は任せろ。日本の景気は任せた。