安田記念2017の予想

やっはろー!!@KAUZです(*゚▽゚*)

2017年6月3日に東京競馬場で開催される第67回安田記念の展開から導く競馬予想です。安田記念は、距離1600m、出走頭数は18頭、発走時刻は15:40となっています。

さて、安田記念が行われる頃、私は東京競馬場で安田記念を観戦していることだと思います。

土曜日の飛行機に乗り、まずはスケジュールをこなしてという感じですが、日曜日がオールフリーなので、競馬場に行ってみようかなとなりました。まぁ色々とスケジュールがある中で、競馬場に行きたいなぁというところから、このスケジュールが現実的かなということで組んでいるんですが、我ながらギチギチにスケジュールを組み込んだのかなという感じです。

友人達といくので、これと言ってガチンコ勝負をするということはないですね。月曜日まで東京にいます。最後は大井競馬場に立ち寄って羽田から福岡へと帰るスケジュールで、そのときは、数名の競馬ブロガーさんとご一緒させていただく予定です。

さて、Twitterから来られる方は、「おいおい、マジで更新はえーな」と思っているかもしれませんが、なんのことはない。

朝5時10分には家を出ないと、もしかするともしかして、飛行機に乗り遅れる可能性があるというので、11時過ぎに上記のツイートをしているのですが、今、2時ちょっと回ったところです。

昔から、早朝から仕事があるときなどは、なぜか一時究極不眠症に陥ることがあり、今回も起きなくちゃという状況から、眠れずに、それならばと安田記念の記事を更新しているわけです。体が眠たいのに、なんか興奮してる感じですかね。

なぜ鳴尾記念じゃないのかというと、鳴尾記念は、今回のスケジュールを組んだときから、すでに更新する予定に入れてなかったので事前の情報を全く調べてないからですね。

一応、安田記念は追い切りなんかは一通り観ているし、データもある程度調べたんですけどね。

注意して欲しいのが、馬場状況などは前日の夜の情報でもないですし、土曜日が外が伸びる、内が伸びるという状況を全く分かっていないので考慮しません。

「おいおい、そんなんで大丈夫かよ」って思われるかもしれませんが、まぁこのブログの予想のデキですからね。仕方がないね。予想レベルはお察しレベルなので、馬場状況がなんぼのもんじゃい!って感じです(´・ω・`)

ってことで、印を回していきたいと思います。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

展開と印はこう組み立てました

今回の安田記念は、展開がどっちに転ぶかが非常に迷うといいますか、先行勢は多いのは多いんですけど、果たして平均ペース以上の速いペースになるのかなという気がしちゃうんですよね。やっぱり、あの日本ダービーを見ちゃうと、非常に迷うレースですね。

昨年逃げて優勝したロゴタイプが、今年は8枠スタート。昨年は5枠からスタートしていきました。今年も出しては行きたいとは思っているんじゃないかなと思うんですが、2番手3番手でのレース運びになりそうな気もしないでもないですね。

前走のマイラーズカップで最内からスタートしたサンライズメジャーも、前走を観る限りだとここでも出していきそうな気配はありますね。

今年の枠順を見ると、8枠に先行勢が揃ったことが1つ難しく感じます。というのも、仮にも8枠から内へ切り込みながら位置を取りに行くのであれば、後半持たないんじゃないかなと思うからです。

だけど、上でも書いたように、あの日本ダービーを見ちゃうと、なんとも言えないなぁというか、外から内へ切り込んでも、そのあとペースが緩くなれば持つかもしれないなぁと思うからです。

前傾ラップになれば、8枠の3頭には厳しいのかなと思います。しかし、ステファノスは中距離GⅠでも結果を残しているので、持つかもしれないなぁと思うし、その辺は悩みポイントです。

まぁなにが言いたいのかというと、今回のメンバーは難しいなと思うわけです、はい。

簡単に安田記念の過去10年のデータをおさらい

今週半ばにちょっと仕事が忙しかったこともあり、なかなか更新することができませんでした過去の傾向記事ですが、予想記事とあわせて更新したいと思います。

対象のレースは、2007年から2016年までの10年間分です。

【調教師】西高東低は今は昔!?

調教師分類 着別度数 勝率 連対率 複勝率
美浦 6- 2- 3- 41 11.5% 15.4% 21.2%
栗東 4- 7- 7- 82 4.0% 11.0% 18.0%
外国 0- 1- 0- 19 0.0% 5.0% 5.0%

美浦馬と栗東馬を見ると、いずれの率でも美浦馬の成績が栗東馬を上回っています。15年モーリス、16年ロゴタイプと、2年連続で美浦馬が優勝していることからも、今年も流れに乗ってという可能性は十分にあると思います。

【年齢】勝ち馬は6歳馬まで

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
3歳 1- 0- 0- 2 33.3% 33.3% 33.3%
4歳 2- 2- 1- 28 6.1% 12.1% 15.2%
5歳 3- 4- 3- 46 5.4% 12.5% 17.9%
6歳 4- 2- 5- 37 8.3% 12.5% 22.9%
7歳 0- 2- 1- 20 0.0% 8.7% 13.0%
8歳 0- 0- 0- 8 0.0% 0.0% 0.0%

次に年齢を見ると、勝ち馬は6歳馬までになっていて、7歳8歳馬の優勝がありません。

ただし、2006年の11年前には7歳馬が優勝していますので、そこまで気にするようなことはないかもしれません。この10年で勝てていないというだけですので。

6歳馬が複勝圏内率で一歩リードしていますので、現状では6歳馬がいいのかなという気もしますね。

【枠番】内枠がやや優勢!?

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 1- 2- 1-15 5.3% 15.8% 21.1%
2枠 2- 1- 3-13 10.5% 15.8% 31.6%
3枠 2- 2- 0-15 10.5% 21.1% 21.1%
4枠 0- 0- 1-18 0.0% 0.0% 5.3%
5枠 3- 1- 0-16 15.0% 20.0% 20.0%
6枠 0- 2- 2-16 0.0% 10.0% 20.0%
7枠 1- 1- 1-24 3.7% 7.4% 11.1%
8枠 1- 1- 2-25 3.4% 6.9% 13.8%

過去10年のデータで見ていくと、5枠が3勝を挙げていますが、全体的には内枠、特に1枠から3枠までが好成績を残しているといえるのではないでしょうか。

5枠6枠が複勝圏内率20.0%ありますので、そこまで内枠と中枠であれば、さほど差はないのかなと感じます。

4枠がなぜか絶不調ですが、10年くらいのデータであれば偏りも出てきますからそこまで深く観なくてもいいのかなと思います。

まぁ4枠と6枠は、過去20年で見ても、1勝ずつしかしていない、不振な枠ではあるんですけどね。

今年の4枠はグレーターロンドンとエアスピネル。6枠がブラックスピネルとビューティーオンリーですが、この4頭のアタマは考えない方がいいのかな、そんな気もするとかしないとか。

【馬番】大外は3着まで!?

馬番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番 0- 1- 0- 9 0.0% 10.0% 10.0%
2番 1- 1- 1- 7 10.0% 20.0% 30.0%
3番 1- 1- 2- 6 10.0% 20.0% 40.0%
4番 1- 0- 1- 8 10.0% 10.0% 20.0%
5番 1- 1- 0- 8 10.0% 20.0% 20.0%
6番 2- 1- 0- 7 20.0% 30.0% 30.0%
7番 0- 0- 0-10 0.0% 0.0% 0.0%
8番 0- 1- 1- 8 0.0% 10.0% 20.0%
9番 0- 1- 0- 9 0.0% 10.0% 10.0%
10番 2- 0- 1- 7 20.0% 20.0% 30.0%
11番 0- 0- 1- 9 0.0% 0.0% 10.0%
12番 0- 1- 1- 8 0.0% 10.0% 20.0%
13番 0- 1- 0- 8 0.0% 11.1% 11.1%
14番 1- 0- 0- 8 11.1% 11.1% 11.1%
15番 0- 0- 0- 9 0.0% 0.0% 0.0%
16番 0- 1- 1- 7 0.0% 11.1% 22.2%
17番 1- 0- 0- 8 11.1% 11.1% 11.1%
18番 0- 0- 1- 6 0.0% 0.0% 14.3%
偶数 7- 5- 7-66 8.2% 14.1% 22.4%
奇数 3- 5- 3-76 3.4% 9.2% 12.6%
大外 0- 0- 1- 9 0.0% 0.0% 10.0%

まぁこんな感じです。

注意して見たいのは、大外の傾向です。これまで【 0- 0- 1- 9】と、3着が限界という数字です。

大外で優勝したのは02年のアドマイヤコジーンなので、もう15年前にもなりますね。

今年は有力馬のステファノスが入りましたが、どうなるでしょうか。

【当日の馬体重】優勝馬は480kg以上の競走馬

馬体重 着別度数 勝率 連対率 複勝率
400~419kg 0- 0- 0- 1 0.0% 0.0% 0.0%
420~439kg 0- 0- 0- 5 0.0% 0.0% 0.0%
440~459kg 0- 0- 1- 14 0.0% 0.0% 6.7%
460~479kg 0- 1- 3- 31 0.0% 2.9% 11.4%
480~499kg 5- 2- 3- 38 10.4% 14.6% 20.8%
500~519kg 4- 6- 3- 35 8.3% 20.8% 27.1%
520~539kg 1- 1- 0- 16 5.6% 11.1% 11.1%
540~ 0- 0- 0- 2 0.0% 0.0% 0.0%

この部分は、当日の馬体重が発表にならなければわかりませんが、480kg以上の競走馬しか優勝していません。

479kg以下の競走馬は、連対率も低いですので、ある程度の馬格は必要なのかなと思います。

ちなみに、前走からの増減、もしくは同体重の3つの差はあまりないと言える数値で収まっていますので、そこまでは気を使わなくていいでしょう。

【脚質】先行力が鍵になりそう

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
逃げ 1- 1- 0- 8 10.0% 20.0% 20.0%
先行 4- 2- 2- 25 12.1% 18.2% 24.2%
差し 5- 5- 3- 71 6.0% 11.9% 15.5%
追い込み 0- 2- 5- 38 0.0% 4.4% 15.6%

意外かなと思ったのが、追い込み馬の優勝がない点ですね。開催が進んで、前が止まる傾向になるのかなと思っていたんですが、そんなこともなくという感じです。3着に5頭入っていますので、来ないということではないんですが、追い込み一辺倒の競走馬をアタマで買うと痛い目を見そうかなぁという感じですね。

【単勝人気】1番人気の信頼度はイマイチ

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 4- 1- 0- 5 40.0% 50.0% 50.0%
2番人気 3- 1- 0- 6 30.0% 40.0% 40.0%
3番人気 0- 3- 1- 6 0.0% 30.0% 40.0%
4番人気 0- 0- 0- 10 0.0% 0.0% 0.0%
5番人気 0- 2- 1- 7 0.0% 20.0% 30.0%
6番人気 0- 1- 1- 8 0.0% 10.0% 20.0%
7番人気 0- 0- 0- 10 0.0% 0.0% 0.0%
8番人気 2- 0- 0- 8 20.0% 20.0% 20.0%
9番人気 1- 0- 2- 7 10.0% 10.0% 30.0%
10番人気 0- 0- 2- 8 0.0% 0.0% 20.0%
11番人気 0- 0- 0- 10 0.0% 0.0% 0.0%
12番人気 0- 0- 2- 8 0.0% 0.0% 20.0%
13番人気 0- 1- 0- 8 0.0% 11.1% 11.1%
14番人気 0- 0- 0- 9 0.0% 0.0% 0.0%
15番人気 0- 0- 1- 8 0.0% 0.0% 11.1%
16番人気 0- 1- 0- 8 0.0% 11.1% 11.1%
17番人気 0- 0- 0- 9 0.0% 0.0% 0.0%
18番人気 0- 0- 0- 7 0.0% 0.0% 0.0%

1番人気の連対率は50.0%と、半分が連に絡んでいる程度。

ただし、直近の4年はいずれも連対していますので、トレンド重視であれば1番人気はマスト買い。

しかし、過去20年で見ると、連対率40.0%程度なので、そちらに近づくのであればそろそろ1番人気がハズレる頃合いと見るのもいいかもしれませんね。

【単勝オッズ】1倍台であれば堅いものの…今年は?

単勝オッズ 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1.5~ 1.9 2- 1- 0- 0 66.7% 100.0% 100.0%
2.0~ 2.9 0- 0- 0- 1 0.0% 0.0% 0.0%
3.0~ 3.9 1- 1- 0- 1 33.3% 66.7% 66.7%
4.0~ 4.9 3- 0- 0- 5 37.5% 37.5% 37.5%
5.0~ 6.9 1- 2- 0- 8 9.1% 27.3% 27.3%
7.0~ 9.9 0- 1- 1- 10 0.0% 8.3% 16.7%
10.0~14.9 1- 2- 1- 12 6.3% 18.8% 25.0%
15.0~19.9 0- 1- 0- 11 0.0% 8.3% 8.3%
20.0~29.9 1- 1- 2- 19 4.3% 8.7% 17.4%
30.0~49.9 1- 0- 5- 33 2.6% 2.6% 15.4%
50.0~99.9 0- 0- 1- 26 0.0% 0.0% 3.7%
100.0~ 0- 1- 0- 16 0.0% 5.9% 5.9%

1倍台の競走馬は、2着までには来ています。しかし、オッズ傾向から言えば、それ以外ではココというものがなく、3倍台の競走馬が馬券に絡みやすいと言えば絡みやすい程度かも。それでも分母が小さいのでなんとも言えませんが、10.0倍から14.9倍の部分の4頭に1頭が馬券に絡んでいる計算なので、その辺は結構悩みそうです。

いわゆる伏兵馬の活躍が目立つレースとも言えるでしょう。

【前走クラス】前走重賞組の連対率は高いものの…

前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1600万下 0- 0- 0- 1 0.0% 0.0% 0.0%
オープン 1- 0- 0- 12 7.7% 7.7% 7.7%
GⅢ 2- 0- 0- 8 20.0% 20.0% 20.0%
GⅡ 1- 7- 9- 73 1.1% 8.9% 18.9%
GⅠ 4- 1- 1- 25 12.9% 16.1% 19.4%
地方 0- 0- 0- 1 0.0% 0.0% 0.0%
海外 2- 2- 0- 22 7.7% 15.4% 15.4%

まぁこんな感じですかね。前走国内重賞組は【 7- 8- 10- 106】という結果で、勝率5.3%、連対率11.5%、複勝圏内率19.1%という数字です。

勝率では、前走オープン組と海外組の方が成績が高いですが、連対率では、国内ベースで見れば高い数字になっています。

【前走距離】短縮組を狙え!

前走距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率
同距離 5- 5- 8- 80 5.1% 10.2% 18.4%
今回延長 2- 3- 1- 46 3.8% 9.6% 11.5%
今回短縮 3- 2- 1- 16 13.6% 22.7% 27.3%

前走からの距離の増減をみると、圧倒的に距離短縮組が活躍中です。

ただし、距離短縮組の中でも、勝ち馬となると、前走1800mまで、馬券に絡んでいるのが2000mだった競走馬までで、それ以上となると馬券に絡んでいません。

ちなみに、マイラーズカップ組の成績は【 0- 2- 7- 31】で未勝利であるものの、複勝圏内率は22.5%。マイラーズカップ組の2着馬が馬券に絡んでいないのは気になりますが、マイラーズカップで10着以下に敗れていても、3着には巻き返しているので、マイラーズカップ組はアタマでは買いづらいものの、3着にならば十分に考えられるのかなと思います。

【乗り替わり】乗り替わりなしの方が好成績も…

前走騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率
同騎手 6- 8- 4- 86 5.8% 13.5% 17.3%
乗替り 4- 2- 6- 56 5.9% 8.8% 17.6%

前走から同騎手が跨る方が連対率は高めですが、勝率は差が無く、複勝圏内率も差がありません。辛うじて乗り替わりの方が成績がいいとも言える数字ではあるので、その辺は考えようです。

【前走着順】前走2着馬が好成績!

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 5- 3- 0- 33 12.2% 19.5% 19.5%
前走2着 2- 4- 0- 22 7.1% 21.4% 21.4%
前走3着 2- 0- 4- 18 8.3% 8.3% 25.0%
前走4着 1- 0- 1- 19 4.8% 4.8% 9.5%
前走5着 0- 0- 3- 11 0.0% 0.0% 21.4%
前走6~9着 0- 3- 1- 17 0.0% 14.3% 19.0%
前走10着~ 0- 0- 1- 22 0.0% 0.0% 4.3%

以上の通りです。ただし、マイラーズカップの2着馬は1頭も馬券になっていないデータがあるのでお気を付けください。

【オカルト】2月生まれは馬券に絡めない

生月 着別度数 勝率 連対率 複勝率
3月生 5- 5- 6-45 8.2% 16.4% 26.2%
4月生 3- 3- 2-33 7.3% 14.6% 19.5%
5月生 2- 1- 1-16 10.0% 15.0% 20.0%
9月生 0- 1- 0- 6 0.0% 14.3% 14.3%
1月生 0- 0- 1- 6 0.0% 0.0% 14.3%
2月生 0- 0- 0-27 0.0% 0.0% 0.0%
10月生 0- 0- 0- 5 0.0% 0.0% 0.0%
11月生 0- 0- 0- 3 0.0% 0.0% 0.0%
6月生 0- 0- 0- 1 0.0% 0.0% 0.0%

なぜか2月生まれが27頭中1頭も馬券に絡めていません。

今年も出走しているサトノアラジンもそうですが、14年当時3番人気だったワールドエースや、13年に比較的人気していたダークシャドウやカレンブラックヒルも掲示板に載ることができませんでした。

今年のメンバーで言えば、アンビシャスとエアスピネル、ロンギングダンサー、ブラックスピネル、ロジチャリス、サトノアラジン、ステファノスといった有力馬だらけ。ここを強く意識して馬券を買うとなると、なかなかの高配当になりそうな、そんな気もしますね。

まぁあくまでオカルトの範囲なので、そこまで強く意識しなくてもいいのかなとは思いますけどね。

予想の印はコチラ

(Ⅲ)
馬番 競走馬名
本命 ブラックスピネル
対抗 ロゴタイプ
単穴 ヤングマンパワー
連下 レッドファルクス
エアスピネル

印を付け終えて

ということで、本命にはタニノギムレット産駒のブラックスピネルを選択しました。2月生まれが馬券に絡めないジンクスは、今年で終わりにしましょう。

前走上がり最速を出している競走馬は、高い確率で馬券に絡んでいるのも特徴的なレースですので、ここはブラックスピネルから入るべきなのかなと思います。

ちょっと時間が押してきた(今午4時30分)ので、あとの考察は省きますが、ここらあたりで決まらないかなと思うところですね。スピネル丼にしようかなと思ったりもしたんですが、エアスピネルが東京で爆走している姿があまり浮かばなかったというので評価を下げています。

まぁだけど、松山弘平騎手が1年で2度もGⅠを勝つイメージも全く無いんですけどね。汗

ってなところで、安田記念の予想を終わりたいと思います。いきなり外しか伸びない馬場になっていたらごめんなさい。

最後までご覧いただきまして、まことにありがとうございました(●´ω`●)

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

コメント

  1. マル より:

     KAUZさん、今晩は。とはいっても東京滞在中?
    本当に予想もかなり散りそうな感じですね。今回はヒントも何も考えず、第六感と第一印象で行きます。
    ◎⑦グレーターロンドン
    〇⑧エアスピネル
    ▲⑮イスラボニーター
    △⑥レッドファルクス
    △⑬ロジチャリス
    ×①トーキングドラム
    多分、そんなに早いペースにはならないと思いますので、ドラムが最短距離で残り。ロジが激差し。プラスほかの先行馬で決まる!?と勝手に想像です。ほかにも遊ぶかもしれません。
    それでは買われる方のご幸運を祈ります。

  2. マル より:

     KAUZさん、お疲れ様です。
    狙いすぎでかすりもしない三連複。枠で少しだけ回収。何とか宝塚まで資金は持ちそうです。宝塚までの2週は資金稼ぎのため、じっくり狙わず買います(笑)。それではまたねー。

    • KAUZ より:

      マルさん

      こんばんは!コメントありがとうございます!

      そうです、東京に滞在していて、安田記念を観てきましたー(*”ω”*)

      すっごく、楽しかったです。
      エグイくらいに負けたんですけどね笑

      狙い過ぎでかすりもしない、は、当日の午前中のレースで自分もやっちゃいました(´・ω・`)
      狙いにいったらダメなんですかねー。

      また遊びに来てください!

  3. くーちゃん より:

    無事に帰って来られたようですね。
    お疲れ様でした。(お土産の東京バナナがまだ届きませんが・・・爆)

    テレビでパドックを観ていて⑱ステファノスが良く見えてこの馬からとも思ったのですが、ここの大外データを信じて例の天皇賞以降で⑥レッドファルクス(馬体重で不安有り)から勝負。
    ・・・3着精一杯。直線で詰まって無かったら突き抜けていたか?詰まったから溜めてマイルが持ったか?不明です。
    ローエングリンは流石G1馬でした。前走人気で消してしまい。不覚(´;ω;`)
    グレーターロンドンがここまでやるとは思っておりませんでした。爪の影響はあったと思います。

    やはりデーター通り馬体重480kg以上ないと勝ちきれませんね!!   

  4. くーちゃん より:

    ↑ローエングリンでは無くロゴタイプでした。

    • KAUZ より:

      くーちゃんさん

      こんばんは、コメントありがとうございます!

      東京バナナですか…。
      そもそも買ってないのでどうしようも…いや、買ってても住所もなんも分からんので…笑

      現地観戦でパドックがよかったのは、、、

      身長が低すぎて見えなかったんですよね…。

      ただ、微かに見えた範囲では、エアスピネルがちょっと悪く見えていました。
      ただ、今回は乗り方が悪かったというか、運が無かったというか、それでも最後は伸びているのでさすがだなぁと思いましたね。

      レースでは、ロゴタイプが完全に勝てる内容でしたけど、サトノアラジンが差し切りましたね。
      現地だと、ロゴタイプかよーって声があちこちで聞こえてましたが、最後の部分で「おぉ!」という声が漏れてました。

      ただ、決まってから騒いでいるのは友人のみでしたね。笑

      グレーターロンドンは、調教を2週間しか行っていないような内容でしたけど、それでも4着ですから、こちらもさすがだなと思いますね。

      まぁゴリゴリで買ったブラックスピネルが最下位に沈んでいるので、もうどうすることもできない感じですね。BOX買いはサトノアラジンを買ってないし、3連単では、1着と3着が入れ替われば当たってたんですけど…って感じでしたね。個人的な、はちゃめちゃ買いでは笑

      そんな感じでした。

      それよりも、羽田から飛び立って揺れて揺れてが怖かったのが、今年の東京旅行の思い出です。

      また遊びに来てください!