安田記念 2014 予想

2018年の安田記念の予想はこちらのページに記載しています。最新の予想をご覧になりたい方はお進みください。

/yasuda-2018-forecast/

スポンサードリンク

安田記念 2014

やっはろー!!@KAUZです(*゚▽゚*)

日本ダービーも終わり、ようやく春の連続5週GⅠも安田記念で最後となりました。春のマイル王を決める戦いなわけですが、私は有馬記念や日本ダービーも好きですけど、安田記念は本当に好きなGⅠで、よく観に行っていました。昨年はロードカナロアが優勝したわけですが、バッチリと岩田騎手がウイニングロードで観客席の前を通っているところを写真で撮っているわけであります。

安田記念 2014 ロードカナロア

仕方がないよね、パドック見て馬券買ってたら客席後方からの観戦になって、背伸びをしながら写真撮ったからこんなに遠くに。実際、ゴールの瞬間はスクリーンでしか観れてないからね。自分の競馬関連の写真はいつも決まって臨場感がまるでない写真なの。

ま、安田記念が好きなレースとなったわけは他でもない、スマイルジャックが2年連続3着に好走したから、という理由なんだよね。輝かしいダービー2着の実績を掲げて、尚且つ、輝けたレースといえば安田記念くらいじゃないかなと。それを2年連続、しかも1年目の時は比較的前の方で見ていたんだよね。だから好きなのかな。俺が観に行くと、スマイルジャックが頑張るんだ!!って一人大はしゃぎ(内心)。

ちなみに、初めて東京競馬場でレースを観たのも安田記念。これは本当にたまたまなんだけど、それこそ競馬のけの字もわかんないときで、東京にいるんだし東京でしか出来ないことをやろうということで、比較的近所の東京競馬場に行ったら安田記念をやっていた、という感じかな。それまではテレビでしか競馬を見たことなかったし、馬券を買うのはネットだったし、複勝鬼賭けというやり方しかしていなかったしね。だから当時スズカフェニックスに鬼のように突っ込んだ記憶が微かに残っているからダイワメジャーが勝った年かな。今、それの競走結果を出したら、2着にコンゴウリキシオーが入っていて、自分は真っ先に切っていたから唖然としているのを覚えている。確か名前でズバッと切ったんだよね。なんか名前の響きが嫌い。今でいう剛力彩芽さんみたいかな。ちょっと名前で損しているタイプ。間違いない、このレースだ。朝一、近所のマックで一人新聞を読みながらオレハマッテルゼって面白い名前やなとかグッドババ、そういえば馬場って同級生が居たなとか当時思ったことを次々と思いだしてきた。サクラメガワンダーって語呂がいいなとか、そんなことを思いながら府中本町から東京競馬場へと続く長いスロープを歩いたっけ。芝が凄いきれいだって思った。テレビは当時アナログだし、持ってたテレビは14型の小さいやつしかないし、画面を通して観る競馬は、芝は緑ってことしかわかんなかったけど、芝がこんなにも青々としているんだ、風が吹くと風が見えるように芝が波打つんだって感動したんだ。

実は冗談で書こうと思っていたけど、思い出したら少し懐かしくなってきた。いや、ほんと芝が綺麗なことに感動した。

そして、いつの間にかダービーにも行くようになり、大体2週連続日曜日は東京競馬場に行くっていう毎年恒例のスケジュールになった。いつの日も殆どスクリーン観戦で、臨場感しか味わえなかった。どこぞの歌手の参加席、みたいな感じやね。あれ、声しか聞こえない、みたいな。だけど、みんなで手を叩いて盛り上がるファンファーレは醍醐味。この手拍子は自分から始めたんだ!!って一人勝手に手拍子を始めた時もあった(いや、だけど実際、本当に周りのみんな手拍子してくれたんだけど)。

ちょっと待て、あれ、ダービーはそのあと何度か的中させられたものの、思い出してみれば、安田記念って的中した記憶がない。記憶がないだけなのか、実際に的中していないのか……。ん、的中実績がないにもかかわらず好きなレースって、どれだけマゾやねんって感じだけど、まぁ今年くらいは当たるやろ(テキトー)。

今年も例年通り、頑張る!!

安田記念 2014-過去10年の傾向

まぁちょっと簡単にね、サラッといくよ。

枠は内枠!?

東京競馬場1600mは比較的中枠から外枠にかけて好成績を残せる舞台ではあるんだけど、安田記念の傾向としては狙い目は内枠。特に2枠に関しては【3-1-3-13】と成績が良く、1枠も【1-2-1-16】ならば問題ない数値。連対数で言えば4頭連対している2枠、3頭連対しているのが1枠・3枠・5枠・7枠と奇数番に目がいく。

複勝圏内率も2枠が好成績だが、8枠が【1-1-4-24】で複勝率20.0%は決して悪い数字ではない。2枠には劣るものの、1枠と同率なのは覚えておきたいところ。

今年は先行タイプ!?

脚質別に見ていくと、逃げ馬【0-1-0-9】、先行馬【3-1-3-26】、差し馬【6-4-5-79】、追い込み馬【1-4-3-36】と逃げ馬タイプには厳しいデータ。今年はミッキーアイルが自慢の快足を飛ばしてハナに立つかと思いますが、この数字は買いにくい。

狙い目は先行タイプと差しタイプ。追い込み馬も一応フォローしておくのがベターな買い方だろうと思います。

ただ、今年は明らかに前が有利な東京芝コース。日本ダービーも1着馬から4着馬まで、先行していたか比較的前につけていた馬だったし、同日行われた東京第6競走3歳500万以下では逃げたクラリティシチーが勝った。2着3着にも先行馬が入ったことからも、今の東京競馬場は比較的前につけないと馬券にならないケースが多く目に留まる。

人気に拘らず、オッズを見よ!?

過去10年で1番人気は【2-0-0-8】と全く信頼度が低い。2番人気こそ【3-1-0-6】と頑張っているものの、それでもどこか頼りない。

ただし1着馬は9番人気以内で収まっているものの、その内の6頭は1番人気から3番人気以内に支持されている馬でした。

2着馬は2番人気から6番人気で決まることが多く、2着馬の内7頭は左記の人気から出ています。

気になるのは3着馬。過去10年で3着馬になったのは3番人気以下の馬で、3番人気は1頭のみ。基本5番人気より下の馬で決まることが多く、ヒモ荒れしやすいレースと言っていいでしょう。

ただし、30倍以上のオッズがついている馬の連対実績がなく、連対馬は30倍を切るオッズの馬。複勝圏内に入った馬の最低人気オッズはファリダットの52.0倍のオッズでした。ただ、この年はウオッカとディープスカイ、スーパーホーネットに票が集まった関係上、4番人気で20倍台と少し様子が違う点は考慮しておきたい。

上記を考慮すると、馬券は単勝オッズ50倍以下の馬で考えるのがベターでしょう

それらの馬を組み合わせて馬券につなげていくのが的中への近道かも。

展開予想・予想はこう組み立てました

逃げるのはミッキーアイルでしょう。ここまで逃げて結果を残してきましたから、ここで失うものはないですからね。斤量54.0kgも前向きに考えて良さそうなところでしょう。

ただ、今日は前傾ラップの予感がしますね。ミッキーアイルとやり合う可能性があるのはカレンブラックヒル。前走ダービー卿CTで復活を遂げた馬ですが、その前走は久々に前で前で競馬をした結果ですからね。それに、レッドスパーダ、グランデッツァ、クラレント、ワールドエースらと続くはず。前を走る馬に厳しくなるような気もします。が、しかしながら今年はいつもの東京芝とは違う雰囲気。上記でも書きましたが、前が止まりにくい馬場状態になっているかと思います。

この辺りはなかなか難しいですし、雨とかの関係もありますからね。不良馬場での開催なのかなと思う雨予報が続いているので、この辺りは本当に微妙。今日の土曜日の傾向はしっかりと頭に叩き込んで予想を組み立てていかれたらいいのかなと思います。

予想はこうなりました

それでは予想です。

第64回 安田記念(GⅠ)
馬番 競走馬名
本命 ワールドエース
対抗 クラレント
単穴 ジャスタウェイ
連下 グランデッツァ
レッドスパーダ

予想印を付け終えて

とまぁこんなところじゃないかなと思います。今(6月7日2時30分)オッズを見ると、ジャスタウェイが1番人気、ミッキーアイルが2番人気、3番人気にワールドエースとなっています。ここまでが10倍を切るオッズ。人気がこの3頭に集まりだしたのかなと思いますが、やはり中心はジャスタウェイだろうと思います。

ただ、主戦騎手の福永祐一騎手から柴田善臣騎手に乗り替わり。原因は制裁王との呼び声高い福永祐一騎手だから仕方がないよね。これはプラス材料にはならないかと思います。確かに過去の毎日王冠では乗ってはいますけど、2年連続2位。確かに12番人気だった時に2位まで持ってきたのは凄いけど、だけど勝ったという事実はないんですよね。この辺りは考慮していいかと思います。ただ、大敗はしそうにないかなぁと思うんで、単穴推奨とさせていただきました。

本命にはワールドエースを。一昨年のクラシックを賑わせた馬ですが、故障により長期離脱。ただ、前走マイラーズCでは積極的に先行してレコード圧勝と、ここでも勝ち負けに持っていけるんじゃないかなと思っています。

対抗にクラレントを。昨年の安田記念は賞金が足りずに出走できませんでしたが、東京新聞杯や富士Sを制した逸材でした。安田記念除外となり翌週エプソムカップではジャスタウェイを抑えて優勝するなど、東京競馬場、特に1600mの相性はいい。今年の東京新聞杯は3着も休み明け京王杯SC2着と調子を落としていない点は評価できるかと思います。叩かれた上積みに期待。

連下にはグランデッツァとレッドスパーダを。とにかく前残りに警戒しておきたいなと思ったので、このようにさせていただきました。先週は前が残る馬場状態だったからね。土曜日もこの傾向なら、前の馬に印を回すのがベターだと思います。

安田記念 2014 馬場状態

こちらはTwitterから拝借。

うん、明らかに水が浮いていますね。さすがに追い込み馬には厳しいんじゃないかなと思うんですよ。どれくらい府中周辺は降っているんだろう。明日の馬場状態はどんな感じなのかな。