競馬結果一覧

NO IMAGE

マイルチャンピオンシップ2017の結果と動画、配当。優勝はペルシアンナイト。

2017年11月19日に京都競馬場で開催された第34回マイルチャンピオンシップの着順結果と映像動画、配当払い戻し情報です。優勝は今週もまたまたM.デムーロ騎手騎乗のペルシアンナイトでした。2着に惜しいエアスピネル、もう善戦マンの称号を与えていいと思う。3着にはサングレーザーが入りました。

NO IMAGE

エリザベス女王杯2017の結果と動画、配当

優勝したのはモズカッチャンでした。M.デムーロ騎手が上手く導きましたね。2着には道中には2番手を進んで早めに抜け出したクロコスミア。3着によく追い込んできたミッキークイーンでした。単勝払い戻し770円、馬連8,030円、3連複20,760円、3連単127,540円でした。

NO IMAGE

JBCスプリント2017の結果と動画、配当

2017年11月3日に大井競馬場で開催された第17回JBCスプリントの着順結果と映像動画、配当払い戻し情報です。優勝したのはニシケンモノノフでした。2着にはやや強引な乗り方かなと思ったコパノリッキー、3着にブルドッグボスが入りました。上位人気馬で決まった1戦となりました。

NO IMAGE

秋華賞2017の結果と動画、配当

2017年10月15日に京都競馬場で開催された第22回秋華賞の着順結果と映像動画、配当払い戻し情報です。優勝したのはディアドラでした。C.ルメール騎手の好騎乗に導かれての優勝でした。2着にはリスグラシュー、3着にはモズカッチャンでした。外国人騎手の間を割る武豊騎手ですね。

NO IMAGE

凱旋門賞2017の結果と動画、配当

2017年10月1日にフランスのシャンティイ競馬場で開催された第96回凱旋門賞の全着順結果と映像動画、配当払い戻し情報です。優勝はエネイブルでした。2着にはクロスオブスターズ、3着にユリシーズが入りました。サトノダイヤモンドは15着。サトノノブレスは16着でした。

NO IMAGE

スプリンターズステークス2017の結果と動画、配当

2017年10月1日に中山競馬場で開催された第51回スプリンターズステークスの着順結果と映像動画、配当払い戻し情報です。優勝したのはレッドファルクスでした。昨年に引き続きの優勝で、連覇達成です。2着にはレッツゴードンキで、3着にワンスインナムーンでした。

NO IMAGE

宝塚記念2017の結果と動画、配当

2017年6月25日に阪神競馬場で開催された第58回宝塚記念の着順結果と映像動画、配当払い戻し情報です。優勝したのはサトノクラウンでした。2着にはゴールドアクター、3着にはミッキークイーンが入りました。断然人気のキタサンブラックは9着に沈みました。闘争心を無くしたような走りでした。

NO IMAGE

日本ダービー2017の着順結果と映像動画、配当払い戻し

2017年5月28日に東京競馬場で開催された第84回東京優駿(日本ダービー)の着順結果と映像動画、配当払い戻し情報です。優勝したのはレイデオロでした。C.ルメール騎手が向正面で一気にポジションを上げていく好騎乗を見せての勝利でした。2着には、スワーヴリチャード。3着は1番人気の信頼に応えたアドミラブルでした。

NO IMAGE

ヴィクトリアマイル2017の結果と動画、配当

2017年5月14日に東京競馬場で開催された第12回ヴィクトリアマイルの着順結果と映像動画、配当払い戻し情報です。優勝したのはアドマイヤリードでした。2着には11番人気のデンコウアンジュ、3着にジュールポレールが入り、3連単の払い戻しは918,700円でしたね。今年もまた荒れました。

NO IMAGE

NHKマイルカップ2017の結果と動画、配当

2017年5月7日に東京競馬場で開催された第22回NHKマイルカップの着順結果と映像動画、配当払い戻し情報です。優勝したのはアエロリットでした。2着には人気薄のリエノテソーロ、3着にボンセルヴィーソが入り、3連単配当は296,160円となりました。

NO IMAGE

天皇賞春2017の結果と動画、配当。優勝はキタサンブラック連覇達成!

2017年4月30日に京都競馬場で開催された第155回天皇賞(春)の着順結果と映像動画、配当払い戻し情報です。優勝したのはキタサンブラックでした。しかも、レコード決着というスピード勝負もなんのその。2着にはシュヴァルグラン、3着にサトノダイヤモンドが入りました。

NO IMAGE

皐月賞2017の結果と動画、配当。優勝はアルアイン!

2017年4月16日に中山競馬場で開催された第77回皐月賞の着順結果と映像動画、配当払い戻し情報です。優勝したのはアルアインでした。松山騎手、おめでとうございます。アルアインの勝ち時計は1:57.8でも決着となりましたが、終わってみればコースレコードタイの速い時計での決着でした。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク