関東オークス2023の予想【川崎2100m発走20:10】

やっはろー!!KAUZ(@kauzw0o0w)です(*゚▽゚*)

2023年6月14日に川崎競馬場で開催される第59回関東オークスの展開から導く競馬予想です。関東オークスは、距離2100m、出走頭数は13頭立て、発走時刻は20時10分です。

さて、南関牝馬三冠の最終戦。グランダムジャパンの最終戦でもありますね。ワイズゴールドが24ポイントで1位を走っていますが、マルグリッドが21ポイントで追いかけます。この2頭の先着した方が優勝でしょうかね。マルグリットが6着以下になった瞬間、ワイズゴールドが着順に関わらず優勝が決定するという意味では、マルグリットはガチ仕上げを施してくるという感じなのかなという気もしないでもないけれど、さてはて。

上半期は全く更新できなかったけれど、上半期残りも下半期も、ちまちまと更新していけたらいいなと思っとります。

スポンサードリンク

展開予想とか考察とか

パライバトルマリンが先手必勝体勢を敷いてくるものと思いますが、メイショウオーロラやフェブランシェも番手を追走してくるのではないでしょうかね。サーフズアップやワイズゴールドらがその後ろを追走していくものと思います。

スタート直後はややポジション争いが激しくなり、ややペースが上がりそうですが、1周目のストレートに入ったところでは落ち着いているのではないかと思います。

基本的には先行馬が優勢だとは思うんですけど、ある程度は中団からも狙えるのかなと考えます。

関東オークスはフェブランシェを本命視

馬番競走馬名
本命 13フェブランシェ
対抗 11メイショウオーロラ
単穴 10パライバトルマリン
連下 3クレメダンジュ

ということで、本命はフェブランシェとしました。敗れたのは新馬戦のみ。芝のレースだったことを考えるとノーカン。続くダート戦となった未勝利では後続に1.1秒をつける勝ちっぷりをみせての勝利でした。前走は案外な印象での勝ち方ではあったものの、大型馬ながらも器用に立ち回れているのはここではプラスでは。大外枠からのスタートで、揉まれる心配はなくポジション争いができそうなところもフェブランシェにはプラスだと考えたいところ。

まぁ対抗以下もここかなというところで決めました。ってなところで、関東オークスの予想を終わりたいと思います。最後までご覧いただきまことにありがとうございました(●´ω`●)ゞ

この記事を書いた人
KAUZ

競馬ブログ歴10年越え。予想は直感をモットーに今日も競馬の予想に勤しむ。

このブログをフォローする
川崎競馬
スポンサードリンク
シェアしていただけると嬉しいです!
このブログをフォローする
中央と南関東は任せろ。日本の景気は任せた。
タイトルとURLをコピーしました