マイルチャンピオンシップ南部杯2021の予想【盛岡1600m発走17:30】

やっはろー!!KAUZ(@kauzw0o0w)です(*゚▽゚*)

2021年10月11日に盛岡競馬場で開催される第34回マイルチャンピオンシップ南部杯の展開から導く競馬予想です。マイルチャンピオンシップ南部杯は、距離1600m、出走頭数は16頭、発走時刻は17:30となっています。

本来――という言葉が適当かどうかはさておき、10月10日はスポーツの日ということで、2020年中に発行されたカレンダーでは祝日になっていました。しかし、幸か不幸か東京五輪に合わせた祝日の移動に伴い、10月10日は単なる日曜日。本来ならば振替休日になるはずの11日は、単なる平日の月曜日となってしまいました。

暦の休みが会社の休みですというサラリーマンもそうだけど、岩手競馬側からしても困ったもんだって感じでしょうか。確実に売り上げは減りますからね。

さて、マイルチャンピオンシップ南部杯は、一応はJpnⅠ競走。ダートのマイル路線のチャンピオンを決めるレースとして、春のフェブラリーステークスとかしわ記念、そして秋の南部杯が存在しています。

まぁ同じレースとしても、やっぱりフェブラリーステークスは国際GⅠ。本物のGⅠですから、JpnⅠと書いて(ジーワン)と読む初見殺しの言葉ではないので別格。次いで南部杯とかしわ記念が続くのかなと思いますが、この南部杯は、Road to JBCということで、1着馬にはJBC競走(今年は11月3日。3競走は金沢、2歳戦は門別)への優先出走権が付与されるトライアルレース競走としての側面も持ち合わせています。

これってどうなん?

JpnⅠを最高峰のマイラーを決めるレースとしてではなく、あくまで、JBCのお膳立てとしての側面があるわけですよ。と考えると、ダートマイルGⅠ並びにGⅠ級と考えると、フェブラリーステークス>かしわ記念>南部杯となると思うんですよ。そうなっちゃいますよね。

と、なかなか鋭い考察を見せて(笑)、さっそくですが予想をば。

スポンサードリンク

南部杯の展開予想とか考察とか

ハナを主張するのは、一応はインティを主軸にして考えたいかなと。年齢を重ねてゲート難が出てきてしまって、スムーズに先手を奪えなくなってきていますが、さすがにこの枠であれば出していきたいところ。

出脚が付くかどうかでいえば、2番手ヒロシゲゴールドを考えていいのかなと。ただ、インティが逃げれない場合は、ヒロシゲゴールドがハナに立っての競馬になるものと思います。

昨日、感動の重賞勝利を納めたマカヒキの同級のエアスピネルが3番手、4番手にワイドファラオ、5番手アルクトスやソリストサンダー、JRA勢の最後にサンライズノヴァかなと考えていますが、松山騎手がノッているので、もしかしたら機転を利かせて前々につけるかもしれんですね。

地方馬は、今回はとりあえずスルーで良さそうかな。カジノフォンテンやミューチャリーがいればまた考察も変わってきたと思いますが、カジノフォンテンはJBC直行だし、ミューチャリーは先日の白山大賞典に出走したばかりなので、マイルのここはスルーでしょうね。大井競馬場所属のワークアンドラブも、さすがにこのメンバーじゃ出番はないでしょう。

さて、このレースはとにかくリピーターが大活躍するレース。過去の優勝馬も、ユートピア(04年05年)、ブルーコンコルド(06年~08年)、エスポワールシチー(09年、12年13年)、ベストウォーリア(14年15年)、コパノリッキー(16年17年)と、とにかく連覇が多く、仮に勝てなくても2着や3着に粘るケースもあります。とにかく前年度覇者は、フォローは必須。無条件でアルクトスは買うべきだし、今回の場合は2年前の覇者サンライズノヴァがいますので、この2頭は白目向きながらでも入れておくべきかなと思います。

予想の印はコチラ

馬番競走馬名
本命13エアスピネル
対抗16アルクトス
単穴1インティ
連下3サンライズノヴァ

印を付け終えて

ということで、今回は4頭に印を打ちました。案外、小粒揃いにしては好メンバーというか、楽しみなメンバーが揃いましたね。

本命はエアスピネル。2日連続で8歳馬に活躍していただきましょう。なかなかスタートがどうかなという部分もありますが、安定して決めていますので、あとは流れに乗って走るだけかなと。鮫島駿騎手のJpnⅠ初勝利がここじゃないかなと思っとります。

対抗はアルクトス。昨年も外枠からのスタートで、最後はモズアスコットをクビ差しのぎ切りレコード勝ちを収めました。昨年とはローテーションが違いますけど、やってくれるはず。

単穴はインティとしました。前日の段階でのオッズをみると7番人気とかになっていますが、恐らく直前の1番人気かなぁと思うんですがどうでしょうかね。なかなかスタートが決められなくなって、とくに今年は引っ掛かって終わるか、出遅れて終わるかの2択しかないのですが、このメンバーならば少々の出遅れても挽回できそう。あまりに遅れて地方馬と戯れてたら素直に諦めましょう。笑

連下には1頭だけ、サンライズノヴァとしました。2年前の覇者やし、昨年も接戦の4着やったからな。盛岡の砂が合うんやろ。知らんけど。

ってなところで、マイルチャンピオンシップ南部杯の予想を終わりたいと思います。最後までごLINEいただきましてまことにありがとうございました(●´ω`●)ゞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました