エーデルワイス賞2021の予想【門別1200m発走20:00】

やっはろー!!KAUZ(@kauzw0o0w)です(*゚▽゚*)

2021年10月14日に門別競馬場で開催される第24回エーデルワイス賞の展開から導く競馬予想です。エーデルワイス賞は、距離1200m、出走頭数は14頭、発走時刻は20:00となっています。

ダートグレード競走にしては珍しく、地方馬がゴリゴリに活躍する重賞競走。現在、北海道所属馬が4年連続で勝っていて、直近の10年で、JRA勢が4勝のみとなっています。それだけに、地方馬だから消しとも言えず、なかなか難しい重賞の1つなんかなという感じです。まぁそもそも2歳戦は難しいですけどね。

さてさて、特に書くことも見当たりませんので、予想を進めていきたいと思います。

スポンサードリンク

展開予想とか考察とか

ナックドロップスが果敢に出していくと思われ。前走は芝スタートでしたが、スタート直後に1頭スッと前に出て行けました。未勝利戦を逃げて勝っていますので、逃げる競馬しかもうできないのでは。

ギンガレールウェイやヒノクニ、ヒストリックノヴァなどが2番手を追走していく流れ。このあたりはギュッと固まって、ややごちゃっとしそう。

ペースは2歳1200m戦って形で、スピード勝負になりそうですね。前半からある程度は流れそう。このメンバーでもスローの流れとはならないのでは。平均的なペースで、ややハイペースも視野に考えていいんじゃないでしょうか。

予想の印はコチラ

馬番競走馬名
本命10スピーディキック
対抗11レディーアーサー
単穴2ブッシュガーデン
連下3ギンガレールウェイ
13ヒストリックノヴァ

印を付け終えて

ということで、北海道所属馬を中心視して。どの競走馬が1番人気になるかはあまり想像がつきませんが、ヒストリックノヴァの前走が圧巻だったので、人気するのかなぁという気がしますが、ここは連下まで。

本命は北海道所属スピーディキックとしました。ここまでデビューから2勝2着3回と安定感抜群。センスある走りで、決め手を持っている競走馬。まぁ負けたときは離されていることが多いので、その辺りの安定感がどうなんやろって思うんですけど、この2走は悪くはないかなと思います。このメンバーならば積極的に狙いたい1頭です。ある程度の瞬発力が求められる舞台ならばチャンスは大きいとみた。

対抗はレディーアーサー。ここ3走は流れに乗っての競馬で先行の底、もしくは中団前目での競馬。前走のイノセントカップでは0.3秒差の勝ちでしたので、そのくらいは走れるんだろうなと。持ち時計がやや心配ではありますけど、対抗推奨でいいはず。

単穴はブッシュガーデン。夏は北海道滞在での競馬が続きました。クローバー賞2着という結果からも、芝でも通用しそうな気がしますけどね。自己条件で走っていればもう少し勝ち上がれそう。前走は4着も、勝ち馬とは0.6秒差。スタートは五分に出て、そこから内々を回っていい感じできていたんですけど、ちょっと1400mでも掛かり気味なのかなという感じ。操縦性にはちょいっと疑問。その点では距離短縮の今回は楽しみでは。

連下はいつものように2頭を選択。妥当かなというところを選びましたとさ。

ってなところで、エーデルワイス賞の予想を終わりたいと思います。最後までご覧いただきまして誠にありがとうございました(●´ω`●)ゞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました