帝王賞2021の予想【大井2000m発走20:05】

やっはろー!!KAUZ(@kauzw0o0w)です(*゚▽゚*)

2021年6月30日にTCK大井競馬場で開催される第44回帝王賞の展開から導く競馬予想です。帝王賞は、距離2000m、出走頭数は13頭、発走時刻は20:05となっています。

さて、宝塚記念はクロノジェネシスのグランプリ連勝で幕を閉じましたが、ダート路線の上半期の決算レース帝王賞が行われますね。

前日のオッズをみると、3.5倍で1番人気に支持されているのはカジノフォンテン。今年は川崎記念とかしわ記念と、2つのJpnⅠレースを制していますので、この人気も納得。

2番人気は4.3倍でオメガパフューム。東京大賞典の勝ち馬ですが、川崎記念ではカジノフォンテンとの直接対決に敗れています。東京大賞典では着差僅かで勝ったのですが、今回は川崎記念の印象が悪いということになるのかもいしれませんね。

3番人気は5.1倍でチュウワウィザード。ドバイワールドカップで2着の好成績を残しての参戦。海外レースを転戦しての国内レースだけに、どこまで反動があったのか、どこまで馬体が回復しているのか、というのは気になるところ。

4番人気は7.5倍でオーヴェルニュ。フェブラリーステークスでは13着と大敗も、東海ステークスや平安ステークスなど、JRA重賞で勝利を納めた実績馬です。

5番人気は8.0倍でクリンチャー。チャンピオンズカップでは11着と大敗も、今年に入って佐賀記念と名古屋大賞典の地方ダートグレード競走を転戦して2連勝を収めています。着差を広げて勝っていることからも、ここは楽しみな存在と言えるでしょう。

そして、6番人気のここまでが単勝オッズ10倍を切るメンバー。9.3倍のテーオーケインズ。昨年末の東京大賞典では6着も、着差は0.2秒差。今年からオープン競走となった名古屋城ステークスで勝利を納めると、続く重賞アンタレスステークスを連勝し、重賞勝ち馬となりました。着実に力をつけてきているので、今後が楽しみな存在です。

個性あふれるメンバーが揃い、好メンバーとなった今年の帝王賞という感じですね。

個人的には、帝王賞はハイレベルメンバーの同窓会って感じがして、リピーター御用達って感じ。
佐賀競馬場で行われる重賞に、GⅠでは全く歯が立たなかったスーニやダイショウジェットがずっと出てたなって思い出すんですけど、だけど、帝王賞の場合は、早慶大学レベルの同窓会って感じです。今年も参戦してきて、しかも、近走惜敗続きだったけれど、勝ち負けにしっかりと絡んでくる、そんな感じじゃないかなと。

となると、オメガパフュームとチュウワウィザードの2頭は選ぶべきなのかなと思うんですけどね。ってか、この2頭のノーマークは考えられんでしょうから、カジノフォンテンとの3連複1本勝負でもと思ってしまいますね。笑

本線でいえば、オメガパフュームとチュウワウィザード、カジノフォンテンの3連複を厚めにって感じでしょうかねー。

前日オッズですけど、5-7-8の3連複は4.2倍となっていますので、その点では多点買いは致命傷となるやもしれん…。軸を決めて絞っていかなくちゃという感じでしょうね。それか思い切って上位のどれかを無理やり消して穴を狙いに行くか。そうなると、チュウワウィザードが消し材料は多い気がしますね。海外帰りって、走らないイメージですので。

とまぁ、前書きがえらく長くなってしまったので、すったかすったかと予想を行っていきたいと思います。

展開予想とか考察とか

ハナを主張していくのはカジノフォンテンでしょうか。前走1600mのかしわ記念で3番手追走でしたが、2000mならばもっと楽にスタートで出していけるはず。

2番手にダノンファラオ、その後ろにオメガパフュームとオーヴェルニュが追走して行く流れか。

展開を考える上で難しいのが、チュウワウィザードの存在。昨年の番手を追走したと思えば、次走は控えたりと、掴みどころがないイメージです。意識的に下げたという感じではなく、スタートが決まらずに下げて競馬をやるしかないという状況の方が多いのかもしれませんが。

ただ、前走のドバイワールドカップでは4番手を追走してのレースですから、同じように乗るならば、ここならば3番手か同じく4番手には付けられそう。

出たとこ勝負となるので、どうしても先行しなくてはいけないということもないと思いますし、展開のカギを握るような競走馬ではないので、とりあえずは置いておきましょうかね。

ややスローの流れからミドルペースという感じでみていいでしょう。ハイペースになる要素は感じませんね。

馬場状況はどうですかね。前日の段階では不良馬場発表でしたが、重馬場に近い不良馬場なのかなという感じでしたね。足抜きがよくて、時計は速くなりそうかなという感じでしょうか。

一通りパッと観た感じでは、前が極端に優勢ってわけでもなく、だからと言って、後方勢が優勢だったということもなく、フラットな印象は受けました。前日よりかは馬場状況は回復するでしょうが、前日のようなレースが続くのであれば、展開次第で前にも後にもチャンスありと考えていいかなと。

帝王賞の予想の印はコチラ

馬番競走馬名
本命8オメガパフューム
対抗5カジノフォンテン
連下7チュウワウィザード
4テーオーケインズ

印を付け終えて

今回は3連複1本勝負と考えず、本命軸1頭流しで。

本命はオメガパフュームとしました。不確定要素の多いチュウワウィザードと迷いに迷ったんですが、海外帰りというのが気になってチュウワウィザードの評価を下げました。昨年の帝王賞の2着馬で、その後のJBCクラシックと東京大賞典で連対の実績。大井競馬場は【 4- 3- 0- 0】とはちゃめちゃに得意としている1頭ですので、ここは期待して。

対抗は、最後は差されるかも?のカジノフォンテンを。2頭軸にするか迷ったけれど、逃げるならば4着以下ということも想定しなくちゃなと。

連下に2頭、チュウワウィザードテーオーケインズを。テーオーケインズは連勝の勢いを感じるだけに、ここは期待。個人的な追い切り評価では、テーオーケインズが上がり目かなと感じた点もありますので、選んでおいていいのではないでしょうか。

昨年のジャパンダートダービーを制したダノンファラオにも期待したいところだけど、ダノンファラオ自身に連勝がないのが気になるポイント。ムラがどうしてもあるタイプで、3戦連続で馬券内もないので、思い切って消し、勝負の消しや!

オーヴェルニュもは、ここまでのメンバーと比較するとどうなのかなと。4戦前のベテルギウスステークスで、テーオーケインズに勝ったところは評価できるけれど、その後のレースっぷりが微妙と感じたり。積極的に買いたいと感じないので、これも勝負の消し。

ってなところで、帝王賞の予想を終わりたいと思います。最後までご覧いただきまして、まことにありがとうございました(●´ω`●)ゞ

タイトルとURLをコピーしました