東京湾カップ2021の予想【船橋1700m発走16:05】

やっはろー!!KAUZ(@kauzw0o0w)です(*゚▽゚*)

2021年5月4日に船橋競馬場で開催される第35回東京湾カップの展開から導く競馬予想です。東京湾カップは、距離1700m、出走頭数は13頭、発走時刻は16:05となっています。

今年は6月3日に開催される東京ダービーへ続く道。上位2頭には優先出走権が付与されるトライアルレースです。

前日のオッズをみると、オークハンプトンが2.0倍で1番人気になっています。ブルーバードカップを勝って挑んできましたので、その点が評価されているのかなぁと思います。
2番人気がギガキングで3.1倍、3番人気がギャルダルで7.4倍となっていて、上位3頭が10倍を切るオッズとなっています。
地方競馬の前日オッズはあまり参考になりませんので、この辺りが人気するのかなぁ程度にみていきたいとは思います。

この世代で言えば、雲取賞上位組が羽田盃でも好成績を残しましたので、その点でいえば4着だったギガキングにもチャンスがあるというか、地力は上位なのかなと考えることができますね。

まぁこの後兵庫チャンピオンシップの予想も控えているので笑、無駄話はこれくらいにして予想を組み立てていきます。

展開予想とか考察とか

前走逃げたアムールショコラが、ここでも逃げ切り体制を築いてくるはず。そこに最内のオークハンプトンとレスポンデールが追走して行く流れ。プレストカイザーがその後ろ、ギガキングが今回は5番手6番手あたりを追走してくるのではないかと思います。

ペース的にはそこまで上がらず、平均ペースからスローペースを意識したいレース。

先行勢優勢の流れで、最後の直線に入るのかなぁと思います。先行勢に重い印を打っていけば、形になるはず。

ただ、基本的に人気馬上位で決まりそうな気配もあるので、絞るだけ絞って。今回は3連複軸1頭で挑もうかなと。

予想の印はコチラ

馬番競走馬名
本命1オークハンプトン
対抗4ギャルダル
単穴8ギガキング
連下5ジョーロノ
9イトカワ

印を付け終えて

ということで、本命オークハンプトン、対抗ギャンダルということで、前走ブルーバードカップ組を狙うことにしました。ここは特になんの捻りもなくという感じでしょうか。

単穴のギガキングは、本当なら本命にしようかなと思うんですけど、鞍上の和田騎手がちょっと…という感じで、信頼できない感じになっていますよね。ちょっとした不振というかスランプというか、そういう騎乗が多いのかなとみています。それでも競走馬の能力を考えると3番手評価までかなと、下げるにしても。

連下には2頭、ジョーロノとイトカワとしました。イトカワは、当日のオッズも低いなら複穴候補というか、楽しみな1頭だと思うんですけどね。ギャルダルに勝ってるレースもあるし、スタート次第ってところもあるのかもしれませんけどね。ムラ駆けしちゃうんでしょうけど、能力自体は上位だと信じたい。

ってなところで、東京湾カップの予想を終わりたいと思います。最後までご覧いただきましてまことにありがとうございました(●´ω`●)ゞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました